身の回りのものはスタイリッシュでなくちゃいや。

オフィスのデスク周りはもちろん。変なイラスト付きの付箋なんか、使わない。

家の中だって徹底する。人様の目にはほぼ洗剤でさえも、できればおしゃれなパッケージがいい。

結局、恋愛だってそうでしょ? 見た目で選ぶじゃないですか。大人になって、いい子ちゃんしたことは言いませんよ。見た目で選びます

そんなわたしの目にとまったのが、『&SOAP』の洗剤や石鹸たち。

20161018_soap_02.jpgまるでメンズの化粧品みたい。ブラック&ホワイトで統一した我が家のインテリアにぴたりとはまりそう。しかもこれ、ただの洒落たやつじゃなかった。

掃除とは、汚れたら行うものです。でもそういった「当たり前のようなこと」は果敢に打ち破ってやるんだぜ、という精神を持った洗剤だったのです。

いっそカビの生えにくいバスルームにしてしまう

20161018_soap_03.jpg
【BATH02】バスアフターケア - コーティングリキッド(お風呂用コーティング剤) 1,600円

>>購入はこちらから

たとえばこれ。まず、バスルームを掃除しますよね。でも湿気は残るから、結局カビとか生えやすい状況......。

そこでまずカビ、ヌメリを拭き取って掃除したら、このコーティングリキッドをスプレーして塗布。月にたった2回。すると「カビの生えにくいバスルームになる=掃除回数が減る」というソリューション!


水回りに強いクールなやつだから、ヌメリの残るあの場所にも......。

20161018_soap_04.jpg
【KITCHEN02】キッチン アフター ケア - コーティング リキッド(シンク用コーティング剤) 1,450円

>>購入はこちらから

そう、シンクだってコーティング。水アカが目立つ部分にスプレーしておけばいい。

この「未然に防ぐ」発想、なんでいままで自分の中になかったんだろう? 真面目すぎる性格が災いしていたのかも。「きちんと掃除できてこそ女」と思い込んでいたのかも。


&SOAP』は、バス、トイレ、キッチンといった水回りに使う洗剤とコーティング剤、さらにファブリックや食器のつけ置き粉洗剤まであって、多種多様。

まあ、男も洗剤も見た目で選ぶとはいえ、実も取りたいのが本音。ただでさえ仕事で忙しいわたしたちのライフスタイルに出迎えない手はないですね。

machi-ya/&SOAP

文/カフェグローブ編集部