洗濯機が回る様子を見るのが好きでした。いや、いまも好きです。

回る。この単一の動きをぼうっと眺めているだけで、なぜだか妙にホッとする。「洗濯機回ってるの見ると落ち着くよね」なんて話を人としたことがなかったので自分だけかと思っていたのですが、このたび、「回るものから癒やしが得られる」ことが心理学的に検証、証明されたとのこと。

20161125_cocoa_1.jpg

ココアをかき混ぜる様子や円を描く絵筆、星の軌道など、回る様子を収めた動画を、子育て中の30〜40代女性8名に視聴してもらい、視聴前後の唾液に含まれるアミラーゼ量、視聴中の脳の前頭前野の一部の血流量の動きを測定し、ストレス度と脳の緊張度&活性度を検証。

20161125_cocoa_2.jpg

20161125_cocoa_3.jpg

その結果、視聴前に高ストレス値だった4名は視聴後にほぼノーストレス状態に、低ストレス値の4名は脳が活性化した兆候が見られたそうです。

検証を行った神奈川大学人間科学部・杉山崇教授によれば、

「回転という動きは"円"というもっとも調和のとれた形を描くので、我々に安定感を与えます。そして規則性のなかにわずかな不規則さのある動きは人の注意を惹きつけつつも飽きさせません。この2点こそ、リラックスの鍵。我々は"注意"という心のスポットライトが照らし出したものしか意識できません。日常では日々のミッションにスポットライトが固定化されてしまうため緊張状態に陥りやすいのですが、回る動画を見ることによってスポットライトが瞬間的に解放され、リラックスがもたらされていると考えられます」

言われてみれば、洗濯機も、ただ同じ動作を繰り返しているわけではなく、右回りから左回りになったり、奥から別の衣服が出てきて色が変わって見えたり、不規則性があるから、ぼんやり見続けられるのかも。

とはいえ忙しい我々、毎日洗濯機を眺め続けるわけにもまいりません。となれば、その検証に使われた回る動画が見たい!

この動画を制作したのはココアメーカーの『バンホーテン』。「回るリラックス60秒動画」「同100秒動画」と2種類が公開されているので、ふとしたとき、試しにチラ見してみてください。コンパクトにまとまってて、なかなか便利です。

もちろんバンホーテン ココアを実際に作って飲むことからも癒やしは得られます(というかむしろそのほうが口福も訪れて一石二鳥......?)

ので、ココア好きの方は、そちらを召しあがれ。

20161125_cocoa_4.jpg

バンホーテン ココア

by Ayako.T