年齢を重ねるにつれ、女たちの話題は変化する。20代は恋のこと。30代は仕事のこと。40代になると親の世話や人生そのもの、自分自身の健康、そしていよいよ深まる美容の悩みについて。

でも、「最近、肌が元気なくて」なんて同僚や後輩に打ち明けようものなら、「そんなことないですよ、変わらずキレイじゃないですか」と乾いたトーンのお決まりの答えが返ってくるもはやテンプレ

もしかして私、気を使われている? こうしていつの間にかオフィスで"面倒臭い大人"枠に押し上げられていくのね。

私の肌、「なんとかなる」は間違いだった

20161202_guerlain_2.jpg

ビューティ関連の仕事をしている美人の親友と話していたら「もしかして『なんとかなる』と思ってない? アラフォーの肌は、本気で向き合わないと『どうにもならない』ものよ」とグサリ。本音で言ってくれる女友だちの存在は、やはりありがたい。少し......ううん、かなりショックだけど。

たしかに、忙しさにかまけて肌のお手入れをおろそかにしていたかもしれない。目もとや口もとのたるみは「疲れ......?」と見て見ぬふり。じゃあ最近、むくみも荒れもないすっきりとした自分の顔、鏡で見た日があったかというと、あれ? 記憶にない

取引先と名刺交換することが多いからネイルはパーフェクト。目もとの若々しさキープのために、まつげもケア。白髪を発見して以来、こまめにヘアサロンへも通っている。仕事でそれなりの地位にある働く女の武装として、一応、外見には気を配っているつもり。

ではスキンケアアイテムはというと、もうずいぶんと長く同じものを使い続けている。肌の状態は変わっているのにそれで良いのかと思うこともある。もう40代。このステージでの"正しいケア"はできているのか......

大人には、大人にふさわしい場所がある

20161202_guerlain_3_1.jpg

街の手軽なエステに何度か通った時期もあった。でも、トリートメント後、束の間の癒しの空間から雑居ビルのエレベーターに乗ると、たちまち現実に引き戻されるギャップが好きではなくて。せっかくの良い気分の余韻に浸れないのも......ね。

でも、40代になった大人の女が満足できるエステがあるなら、行ってみたい。

服を選ぶ店も変わった。ハイエンドのレストランにはそこそこ通い慣れ、お気に入りのバーもいくつかある。こだわりの器を求めて京都まで足を運ぶし、高級旅館でくつろぐ術も知った。大人には大人にふさわしい場所があるのだ。エステも然り。

......とあれこれ逡巡していたら、"美の賢者"の親友がこちらを見てほくそ笑んでいる。
「良いエステ、教えてあげようか」

あの「ゲラン」にエステがあったなんて

20161202_guerlain_4.jpg

『ゲラン』のエステに通っていると誇らしげに語る彼女。あのゲランにエステがあるなんて! 香水を愛用している私としたことが、不覚にも知らなかった! しかも、初めての人には「マイ ファースト ゲラン」なるお得なプランが用意されている......。

さっそくネットで予約をすることに。「保湿」「美白」「引き締め」という3つのフェイシャルコースと、「スリミング」のボディコース、全4種類から好きなプログラムを選べて、価格もかなりリーズナブル。私は乾燥が気になるので「保湿」をチョイス。

次にサロン選び。北は仙台、南は福岡まで多数あるゲランのエステサロンは、ほとんどが一流ホテル内という好立地。便利であることは言うに及ばず、行き帰りまでラグジュアリーな気分を味わえそう。

78年もの歴史がかなえる、確かな信頼と技術

20161202_guerlain_5_1.jpg

いよいよ当日。所作も笑顔も美しいスタッフに迎えられ個室に行くと、タオルもガウンもゲランオリジナル。着替えてベッドに横たわった時点で、すでにトリートメント効果が得られている気がするほどリッチな気持ちに。

マイ ファースト ゲラン」のコースは80分。そのなかで行われる「19分間メソッド」に基づいたゲラン独自のトリートメントは、"顔や顔まわりの筋肉一つ一つにアプローチ"するもの。ゲランでは78年も前からトリートメントに取り入れているそう

もちろんトリートメントに使用されるのはゲランのスキンケア製品。しっかりとトレーニングを重ねたエステティシャンの技術、そして確かな理念と伝統。この信頼感が、大人の満足を叶えるには重要だったんだわ、と全身で感動する私。

フェイシャルマッサージのあと、パックをしながら受けるのは、ひじ下のマッサージ。日々PCのキーボードを鬼のごとく連打して疲れている手や腕までほぐされて、リラックス。あぁ、良い香り。こんな至福をもたらしてくれるのは、やはりゲランならではよねと思いつつ、ついつい夢の中へ。

そしてマスクをオフした肌は、自分でも驚くほどしっとりとうるおっていた。

もっと身近な存在として頼りたい

20161202_guerlain_6.jpg

ベースづくりとファンデーションを塗ってもらい、お仕上げ終了。プロの手できれいにしてもらうのは本当にうれしい。そのあと通されるメイクルームではゲランの最新のメイク製品が揃う。いつもと違うメイクにチャレンジできるのも楽しいもの。

トリートメント前にカウンセリングを受け、エステ中に肌に触れていまの状態と正しいスキンケア方法、生活習慣の見直しについても教えてくれる。

同僚の差しさわりない言葉とは違う確かなアドバイスと、親身に寄り添って"一緒にケアしましょう"というプロフェッショナルな姿勢は、心強く、頼もしい。

そう私は、大人だからこそ「わかってくれる」人のところに行きたかったの。かっこよく自立した女であるための、知恵と勇気をひそかに得られる場所に。

たった数ミリの差で顔の印象は変わるんです
帰り道、エステティシャンの方の言葉が脳内でこだまする。

エステは自分へのごほうびにしたい最高のものだけど、特別扱いするほうがもったいないかも。健康美のためにジムやヨガに、ネイルサロンや美容院へ行くように、自分をケアする身近な存在として頼りたい。リラックスできてリッチな気分になれて、肌ばかりか内面も磨かれ、自分に自信がつく。これこそ成熟した女性のたしなみ。

ゲランのエステ」は、大人を満足させる大人のためのエステ。「エステとか行ってるの?」と聞く友だちに堂々と言いたい、そしてすすめたい。「エステだったら? うんそうね。ゲランがいいわよ」

マイ ファースト ゲラン

images via Shutterstock