日の短いヨーロッパの冬。日中でも灯りが必要な暗い日々が続きます。そういう季節の楽しみは、イエズス生誕を祝うクリスマスのイルミネーション。

クリスマスの4週前に始まる待降節を前にして、今年も各地で飾りつけの準備が進んでいます。

昨年も紹介しましたが、パリっ子が、最初にクリスマス気分を味わうのは、高級デパートのショーウィンドウです。なかでも人気は、オペラ・ガルニエのある9区のデパート、プランタン・オスマンとギャラリー・ラファイエット。

子どものころのぬくもりを思い出す「プランタンの夢」

20161125_ph_1.jpg
Printemps Haussmannショーウィンドウ©Francis Peyrat

今年のプランタンは、2人の子どもがクリスマスの夜にデパートで夢の旅をするという物語を演出しています。

20161125_ph_3.jpg
Printemps Haussmannのアトリウム©massimo pessina

大人でもわくわくするようなおとぎ話の世界を体現するショーウィンドウと、店内デコレーションはまばゆいばかり。

20161125_ph_2.jpg
Printemps Haussmannショーウィンドウ©Francis Peyrat
20161125_ph_4.jpg
オープニングセレモニーに登場したUma ThurmanとPaolo de Cesare ©Printemps

オープニングには『ジミーチュウ』のミューズとも言えるユマ・サーマン(Uma Thurman)が登場し、会場を沸かせました。

プランタンの描いた「クリスマスの夢」には、子ども時代のぬくもりを思い出させる何かがあります。誰もがそこにどっぷり浸かりたくなりそうです。

最果てのクリスマスを紙細工で表現したギャラリー・ラファイエット

20161125_gl_3.jpg
Galeries Lafayetteショーウィンドウ

一方ギャラリー・ラファイエットのクリスマスは、ほぼ白一色。それもそのはず、主人公は北極熊なのです。タイトルは「Noël Extra Polaire(ノエル・エクストラ・ポレール)」。しいて訳すとすれば、「極めて最果てのクリスマス」でしょうか。

20161125_gl_1.jpg
Galeries Lafayetteクーポールに立つペーパーツリー

クーポールに立つ今年のツリーも当然真っ白。でも注目したいのは色だけではありません。じつは、すべて紙細工なのです。

20161125_gl_2.jpg
Galeries Lafayetteペーパーツリー細部

手掛けたのはフランス人アーティスト、ロレンツォ・パパス。精緻な紙細工も素晴らしいものですが、映像制作や作曲も手掛けるマルチぶりで、目の離せないアーティストのひとりです。

20161125_gl_7.jpg
オープニングセレモニーに立ち会うAudrey TautouとGuillaume Houzé, Nicolas Houzé

オープニングには、仏女優オドレイ・トトゥ(Audrey Tautou)が登場しました。

20161125_gl_4.jpg
Galeries Lafayetteショーウィンドウ

眺めるだけで日常を忘れ、夢見心地になれる、パリのショーウィンドウ。冬の寒さも忘れ、立ち止まらずにはいられない魅力にあふれています。この時期パリを通ることがあれば、ぜひチェックしたいポイントのひとつです。

Printemps Paris Haussmann, Galerie Lafayette Paris Haussmann, Lorenzo Papace