新しい年の幕開けです。

現在の暦では誕生日を境に歳を重ねますが、昔の数え年でいえば、新年が節目。

私たちは、時の流れにだけは逆らえません。しかしあなた自身の肉体は、逆行こそできませんが、加齢をゆるやかにすることは可能です。

なぜそんな話をするのかというと、これまでお伝えしてきた「大人の恋愛」というものに対し、アラフォーのあなたは誤解しているかもしれないと思ったからです。

若い時分の恋愛がいまと大きく異なるように、40代にもその年代特有の恋愛ステージというものがあります

たとえば10代の思春期は、まだまだ初恋クラス。遠くから見ているだけの純情な子もいれば、大人の階段を上る子もいたでしょう。何もかもが初体験、見える世界も狭いので、失恋しようものなら「この世の終わり」くらい落ち込んだのも酸っぱい思い出。

成人を迎える20代は、社会に出ていろんな世代の男性と知り合い、恋愛に遊びと本気といったジャンルわけが存在することを知るころでもあります。結婚して次のステージへと進む女性もいれば、まだバージンの子もいて、年齢と経験値が必ずしも比例するとは限らない事実に、早くも焦りを抱いたかもしれません。

30代からは、さらに一段大人の扉を開ける時期。結婚というものがリアルに迫ってきたように感じたり、出産のタイムリミットを前に仕事との板挟みに悩んだり。肉体面でもホルモンのピークを迎え、セックス面が開花される時期でもあります。

そして40代のいま。本来なら結婚や出産といったしがらみからも解放され、50代より体力もあるという意味では、もっとも自由に恋愛を謳歌できる年ごろです。

だけど悲しいかな、多くのアラフォー独身女性は、むしろ30代をピークと思い込み「40代のオバサンに出会いはないかも」「もう恋に振り回されるのは面倒」などと自身をセーブする方向へ。

ハッキリ言います。出会いがないのは、恋のエンジンをかけていないから。いつでも走れるアイドリング状態でいれば、いくらでも出会いはあるはずです。

いい人に出会っても進展させようとしないのは、エネルギー配分を仕事に注ぎすぎているから。あなたにとって恋愛のプライオリティが低くなってしまったら、恋は面倒なものでしかなくなってしまいます。

発情期ともいえる20代とは違い、40代は意識的に「恋したい」エネルギーを充填させることが必要です。若いころより自分ひとりの力でやれることが増えた大人の女性は、恋をしなくても毎日を充足できてしまいます。

生活が充実するほど、恋を渇望する気持ちは薄れてしまうもの。
だけど考えてみてください。いくつになっても恋はできますが、プラトニックなものから肉欲に溺れる恍惚まで、豊富なバリエーションのすべてから自由に選ぶことができるのは、いまがピークなのです。

今後、50代60代と歳を重ねていったら、いくら望んでも体力的に難しくなることが増えていきます。男女の交わりも、いまとは違った形に変化するでしょう。

望む未来はたくさんあると思いますが、今年は「恋」をその真ん中においてみて。理性で賢くコントロールせず、溺れるほどの恋でもダイブするつもりで、女盛りを満喫してみましょう。


image via Shutterstock