「最後の恋だと思ってたのに」

深夜、親友からLINEが。どうやら彼氏と別れて落ち込んでいる様子。でも酸いも甘いも噛みわけた大人の女性に、いまさら励ましの言葉なんていらない。必要なのは、ショック療法だ。

彼氏と別れて週末の予定がなくなった彼女。ならば、どこかへ出かけよう。

今日はとりあえずもう寝て、明日13時に東京駅に集合。一泊する準備してきてね

行先は名古屋。高さ50cmのすごいパフェ

新幹線で約1時間40分。いつも大阪出張や京都旅行で通り過ぎるだけで、名古屋には降りたことがない。彼女の話もまだ序章なのに、あっという間に着いてしまった。

とにかく甘いものに目がない彼女を驚かせたくて、まず向かったのは、住宅地にたたずむ『カフェ ド リオン』。喫茶店文化が根づく名古屋にありながら、一風変わった「カフェ」ではあるが、行列の絶えない名店として全国各地から女性客が訪れる。名物は、高さ50cmにもなるであろう季節のフルーツを使ったパフェ

20170216_mitsui_2.jpg
左:紅ほっぺ、いちご果汁ソフト、いちごジュレなどを盛り込んだ「特選いちごづくしパフェ」1,480円(税込)。右:リンゴを使ったフランス菓子のタルトタタンをパフェに。ほろ苦い自家製カラメルと、ふわっと香るラム酒が大人の味を醸す「タルトタタン・ラムレーズン」1,350円(税込)。

オーナーシェフの岸本由美子さんが作るパフェは、常時8~10種類、年間で45種類ものバリエーションを誇る。オーダーしたのは、ひとパックものいちごを使用する、その名も「特選いちごづくしパフェ」と、他では滅多にお目にかかれないであろう「タルトタタン・ラムレーズン」。

味と食感のアクセントがきいていて、食べ飽きない。夢中で食べ尽くし、口もとを拭いながら、親友は今日初めての笑顔を見せてくれた。

Cafe de Lyon(カフェ ド リオン)
住所:愛知県名古屋市西区那古野1-23-8
電話:052-571-9571(予約可)
営業時間:平日11:00~19:00、土日祝9:00~18:00
定休日:水曜日、第2・4火曜日

熱田神宮で恋愛成就と美肌を祈願

20170117_mitsui_3.jpg
足を踏み入れるだけで厳かな気持ちになる境内。澄んだ空気に、心も洗われていくよう。

気持ちが落ち着いたのか、恋愛成就の神社ともいわれる熱田神宮に行きたいと言う彼女。これは何としてもお参りして、次の恋へ目を向けるきっかけにしてもらわなければ。

小石を踏みしめる音を聞きながら、ゆっくり散歩。お参りついでに、本殿の東側にある「美肌の神社」にもごあいさつ。石塔に3回水をかけると美しくなれるとか。

熱田神宮
住所:愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1
電話:052-671-4151

こんな大人になって初体験、本場の「ひつまぶし」

20170117_mitsui_4.jpg
明治6年、熱田神社の門前町である熱田の地に創業。しっとりとした日本家屋のしつらえとあたたかな灯りがやさしく迎え入れてくれる。

日も暮れて、そろそろおなかも減ってきた。向かったのは140年も続く、名古屋名物ひつまぶしの老舗『あつた蓬莱軒』本店。本場の「ひつまぶし」を食べるのは彼女も初めて。

20170117_mitsui_5.jpg
大きなおひつで鰻とごはんをまぜる(まぶす)、これがひつまぶしの名の由来。創業から140年継ぎ足されている秘伝のタレをたっぷりと。「ひつまぶし」3,600円(税込)。

うまきや天ぷら、彼女の失恋話をつまみに愛知の地酒をいただき、いよいよ真打ちのひつまぶしが登場。まずは、おひつからうなぎとごはんを移してそのままいただき、2膳目は薬味を添えて、3膳目はお茶漬けにして、最後は好みの食べ方で。仲居さんに指南いただきながら、幸せの味を噛みしめた。

あつた蓬莱軒本店
住所:愛知県名古屋市熱田区神戸町503
電話:052-671-8686
営業時間:11:30~14:00(L.O.)、16:30~20:30(L.O.)
定休日:水曜日、第2・4木曜日(祝日は営業)

駅から徒歩5分。名古屋を一望できるホテル

お酒も入ったせいか、店を出てまた涙ぐむ彼女。それでいいよ、だってここは名古屋だもん。まだまだ語って泣いて、笑おうじゃないか。

20170216_mitsui_6.jpg
広がるのは和モダンシックな広いロビー。夕焼け空に染まる「黄金雲」をイメージしたアートオブジェが、このホテルのコンセプトである"天空のプレミア"を象徴している。

今回のホテルは、9月にオープンしたばかりの『三井ガーデンホテル名古屋プレミア。JR名古屋駅から徒歩5分で、どこへ行くにも便利。18階のロビーから見渡す景色は美しく、昼は名古屋市内と広がる山並みが、夜は夜景が楽しめる。

20170216_mitsui_7.jpg
25階のビューバスツインルームは、シックで落ちついた色調。一泊28,100円〜。

彼女のために用意したのは、ビューバスのツインルーム。バスルームはもちろん、足元から天井まで一面が窓ガラスなので、部屋からも美しい名古屋の夜景が見渡せる。バスジェルやシャンプーは『ジョンマスターオーガニック』のもの。

20170216_mitsui_8.jpg
15:00~25:00、6:00~9:00まで入浴することができる。夜と朝の大浴場で、くつろぎながらオブジェを眺め、それぞれで異なる表情を満喫したい。

ロビー階にある宿泊客専用ドアを抜け、雲をイメージした幻想的な明かりに導かれると大浴場(スパ)が。女性用大浴場はロッカールームがゆったりとしているので、湯から上がってからも贅沢な気持ちに。

20170216_mitsui_9.jpg
館内に3つあるアートのひとつ。雲海をモチーフにしたオブジェが坪庭にあり、夜は幻想的にライトアップされる。宿泊客だけに許されたリラックスできる至福の空間。

ゆっくりお風呂に入ってもらって、買ったワインでも飲みながら、おしゃべりしよう。......そう思って、私がお風呂から上がったら、彼女は口もとに笑みを浮かべてすやすやと眠っていた。

朝食ビュッフェ目当てに訪れたい

20170216_mitsui_10.jpg
18F「The Living Room with SKY BAR」は6:30から営業。名古屋の朝の風景を見ながらいただく朝食は、また格別だ。

よく眠っただけあって、朝から元気な彼女。「ここって朝食が有名なんだね」とすでに身支度を終えている。

そう、三井ガーデンホテルは朝食にこだわっていて、グループの各ホテルが「楽しみになる朝食」をテーマに趣向を凝らし、料理コンテストまでおこなう熱の入れよう。

20170216_mitsui_11.jpg
名古屋の名物が一堂に会する朝食ビュッフェ。女性グループも海外のゲストもカップルもビジネスマンも、おかわりをしに何度も席を立っていた。

三井ガーデンホテル名古屋プレミアの朝食は、いかにも名古屋らしいご当地メニューが自慢。たとえば、きしめん、どて煮、ういろう、小倉トーストといった名物にはじまり、愛知や近県でとれる新鮮な旬の野菜や米、フルーツ、スムージーなどがいただける。

料理長のイチオシは、ホテルの取り組みである「楽しみになる朝食」料理コンテストに出品した「名古屋コーチンのスパニッシュオムレツ」。愛知で育った彩り豊かな野菜と、愛知が誇る名古屋コーチンを贅沢に使った逸品だ。

私たち、持ってる? やっぱり運はいいのかも

朝食をしっかりいただき、ゆっくり荷造りをして、チェックアウト。ロビーから遠くに見える名古屋城を写真におさめながら、「ありがとね。なんか元気出た」と彼女がポツリ。「じゃあ、最後に運試しして帰らない?」

新幹線までの時間があるので、もう一軒。日本国内はもちろん、香港などアジア各地、そしてアメリカやヨーロッパからわざわざ客が訪れるという噂の喫茶店、戦後まもない1946年から続く老舗『喫茶ツヅキ』

店長がいれば、ある驚きのパフォーマンスが見られるらしい。さらに運がよければ、オーナーと店長によるパフォーマンスも。それがさっき「運試し」と言った理由。

20170216_mitsui_12.jpg
「大切なのは集中力」と、オーナーの憲幸さん。的を外すことなく、ミルクとコーヒーがカップに吸い込まれるように落ちていく。

幸いにも、お店にはオーナーの都築憲幸さんとご子息で店長の秀紀さんがいてくれた。パフォーマンスとは、なんと脚立にのって高い位置からカフェオレを注ぐ「カフェオレ天井落とし」というもの。しかもふたりなので「ツインタワー」となる。5年ほど前から脚立を使うようになり、現在では15分ほどのショーに。SNSなどで海外に広まった。

20170216_mitsui_13.jpg
注がれたカフェオレにはふわふわの泡がたち、30分たってもくたばらない。「カフェオレ」540円(税込)。

カフェオレを淹れる前の掛け声に、また驚いた。「コーヒーが男性、ミルクが女性。カップの中であわさって、お幸せに~!

そんな言葉が今の彼女にとってタイムリーだったかは別として、パフォーマンスとふたりの笑顔に励まされたのか、彼女は口をあんぐり。ショック療法は成功した......と思おう!

喫茶ツヅキ
住所:愛知県名古屋市中村区太閤通6-1
電話:052-482-0001
営業時間:7:30~19:00
定休日:年中無休

見知らぬ土地で、あたたかな「家」になってくれるホテル

20170117_mitsui_14.jpg
旅の終わりに残ったのは、ちょっとのさみしさとたっぷりの充実感。

彼女を励ましたくて選んだ名古屋だったけど、びっくりするようなすごい体験の数々と、歴史や文化にもふれることができ、人のあたたかさが身にしみた旅になった。

旅では、見知らぬ土地で私たちの「家」となってくれるホテルの存在が大きい。もてなしの心をもってやさしく迎えてくれ、この土地のすばらしさを朝食に凝縮して教えてくれて、また来たいという気分にさせて送り出してくれる。三井ガーデンホテル名古屋プレミアを選んで本当によかった。

彼女の泣きはらした目も、もう元通り。明日からまたいつもの生活に戻るけど、何かあったらまた名古屋に来よう。私たちにとって、また大切な場所ができたね。

Facebook公式アカウントにて最新情報発信中!

ぜひチェックしてみてください。

三井ガーデンホテル名古屋プレミア

撮影/中山実華(1, 2, 6, 7, 8, 9, 11, 12, 13枚目), PIXTA 取材協力/カフェ ド リオンあつた蓬莱軒本店喫茶ツヅキ

あわせて読みたい

駆けつけ5分でストレス吹き飛ぶ。本当は秘密にしたい京都旅 #sponsored

冬の広島に出かけたら。母との距離が縮まった、気がする #sponsored

恥ずかしいけど、泣けてくる。銀座だから叶えてくれた親孝行プラン #sponsored

その土地の本当においしいもの。アンテナショップが知っている #sponsored