『ラルフ・ローレン』の<チャンキー チェーン ファインジュエリー コレクション>から新作が登場しました。

20170129_ralphlauren_1.jpg

シリーズに新たに加わったのは、カフスタイプのブレスレット。18Kローズゴールドの太めカフスのセンター部分に、チェーンがはめ込まれています。

さらに今回からはシングルチェーンのバングルも登場。コーディネートしやすいローズゴールドのみのタイプや、ダイヤモンドをはめ込んだ華やかなタイプなど、その表情はさまざま。グルグルと巻きつけて飾るIDブレスレットと合わせて身につけると、グラマラスな手元の完成です。

20170129_ralphlauren_2.jpg

そのほかにも、三連のチェーンネックレスや、存在感のあるリング、フープをかたどった大型のイヤリングなど、全18点が仲間入り。どれもシンプルな装いに合わせて、ジュエリーを主張したくなるデザインばかり。

20170129_ralphlauren_3.jpg20170129_ralphlauren_4.jpg20170129_ralphlauren_5.jpg

「ジュエリーはそれを身につける女性のパーソナリティを輝かせるもの」とラルフ・ローレン氏は語ります。

チャンキー チェーン コレクションは、"しなやかさと強さ"を表現できるジュエリーだと感じたのですが、ローレン氏がジュエリーに込めた思いを聞いて、納得しました。

というのも、彼が作るドレスも、芯のある女性にこそフィットするものが多いのです。セレブリティたちが大切な日にラルフ・ローレンを選ぶのは、その大きな一歩を踏み出す瞬間にふさわしいと思うからではないでしょうか。

ちなみにモチーフとなっているチェーン。歴史は古く、紀元前から用いられていました。地中海の港で、防護壁の入り口に鎖を張って外敵の侵入を防いでいたそう。船舶の係留を目的として生み出されたのかと思いきや、防護用だったわけです。そう聞くと、なんとなく、チェーンモチーフを身につける行為はお守り的な気持ちになりますね。もちろん、そのビジュアルだけでただただ美しいのですが。

20170129_ralphlauren_6.jpeg

上段左から、チャンキー チェーン カフ ローズゴールド 5,724,000円、チャンキー チェーン スモール バングル ローズゴールド 561,600円、チャンキー チェーン スモール バングル ローズゴールド・ダイヤモンド 1,836,000円。下段左から、チャンキー チェーン ダブルラップ IDブレスレット ローズゴールド 1,377,000円(プレート部分にダイヤモンドの刻印が可能。プライスは店舗へ要問)、チャンキー チェーン ネックレス ローズゴールド 3,402,000円、チャンキー チェーン ソロ リング ローズゴールド・ダイヤモンド 864,000円、チャンキー チェーン ソロ リング ローズゴールド 318,600円。

RALPH LAUREN OMOTESANDO

住所:東京都渋谷区神宮前4-25-15

※<チャンキー チェーン イヤリング>のみ価格未定。

RALPH LAUREN,ラルフローレン店舗情報

by Ayako.T