早いもので、気がつけば2017年も1ヶ月以上が経過しました。みなさん新年の目標の進捗はどうですか? 「努力はしているけど、まだこれといって成果は......」という人も多いかもしれませんね。

ところが、『なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?』の著者、ティモシー・フェリス氏によると、なんと大きな目標は持つだけ無駄!(こんな言い方はしていませんが、つまるところそういうこと)。

このまま、目標を追い続けても時間が無為に過ぎていくだけかもしれません......。

結局は日々の積み重ねがものをいう

もちろん、厳密に言えば目標を持つことが無駄なわけではありません。「出世する」「企業する」「マンションを買う」......など、ただ目標だけをかかげることに意味がないのです。

「我々は自分が望むレベルまで行けるわけではない。結局、訓練したレベルにしか行けない」

つまり、人それぞれ違う才能を持っているかもしれないが、世界でもっとも成功した人々は、常に数え切れないほどの時間を練習に費やし、技能や直感を磨いてきた人たちだ。

BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用

だからもっと目標を下げるべき、というわけでもありません。目標の大小にかかわらず、達成したいのなら、具体的かつ測定可能なスケジュールをしっかり立て、それを着実にこなすことが大切。

願えば叶う目標なんてありません。でもついつい人は、日々の積み重ねが結果につながることを忘れがち。そのため、ティモシー・フェリス氏は毎日、自分が感謝していること、瞑想で感じたこと、優先順位を付けたToDoリストを書くことを習慣としているそう。

ただ漠然と目標を追ってしまっていた人は、ぜひこの機会に達成するまでのプロセスを考えなおしてみて。驚くスピード感で時間が過ぎているとはいえ、まだ2017年は10ヶ月以上残っています。いまならまだまだ挽回は可能ですよ!

BUSINESS INSIDER JAPAN

>>BUSINESS INSIDRE JAPANをもっと読む

文/カフェグローブ編集部

image via Shutterstock