1. Home
  2. ライフスタイル
  3. フランス人気女優の「年をとることが好き」と言える生き方

フランス人気女優の「年をとることが好き」と言える生き方

フランス人気女優の「年をとることが好き」と言える生き方

フランスで長きにわたり、絶大な人気を誇り続けているパリ出身の女優、ソフィー・マルソー。現在47歳の彼女の魅力は、「若い頃の可愛らしいルックス」が、今の大人の女性の風格に馴染み共存しているところにあります。大人なのに凛とした可愛らしさがあり、「楽しく人生を生きていそう」という印象を与える女優です。

年齢を重ねて輝く女優、ソフィー・マルソー

ソフィー・マルソーは、14歳のときにフランス映画『ラ・ブーム』でスクリーンデビューを果たし、その後「セザール賞」最優秀新人女優賞を獲得。1999年にはボンドガールを演じ、ハリウッドでも脚光を浴びました。また、40代で出会った俳優のクリストファー・ランバートが、現在のパートナーとなっており、私生活も充実しているようです。

そんな彼女は、12年前から「Arc-en-ciel」という、難病の子どもたちに夢を与えるための団体に貢献したり、動物愛護活動にいそしんだりする一面も持っています。

「年をとることが好き」と言える生き方

このように、快活で明るく健康的なイメージで知られている彼女が、女性誌『Marie Claire』のインタビューで「私は年をとることが好きだ」と語っていました。

「私は年をとることが好きです。(中略)自分の年齢という『現実』を隠したいとは思わない。私は夢想家ではないし、現実と向き合う必要を感じているだけです」

40代を迎えると、年齢を重ねることに恐怖感を抱く人すらいます。でも年齢に逆らおうと、もがいても疲れてしまうだけ。彼女の言う通り、現実を隠そうとしても何も変わりません。自分と真っ向から向き合い、肩の力を抜いてやるべきことに励んだり、愛する対象のためにアクションを起こしていくことが、結果的に美しい年の重ね方になる秘訣なのかもしれません。

Marie Claire

photo by Getty Images

(文/下野真緒)

下野真緒

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    フランス人気女優の「年をとることが好き」と言える生き方

    FBからも最新情報をお届けします。