1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 何度も失敗し、惜しみなく与える。現代の成功者に共通するマインド

何度も失敗し、惜しみなく与える。現代の成功者に共通するマインド

何度も失敗し、惜しみなく与える。現代の成功者に共通するマインド

140529_successful_entrepreneurs_01.jpg仕事を成功に導くためには、根気や責任感だけでなく、ほかにも必要な要素があるはずです。

共通点は「何度も失敗すること」

起業家のためのサイト「entrepreneur.com」によると、「何度も失敗すること」こそが成功した起業家の共通点とのこと。アイルランド出身のフランスの劇作家、サミュエル・ベケット氏はこう語っています。

Ever tried. Ever failed. No matter. Try again. Fail again. Fail better.何度も挑戦し、何度も失敗する。それでも問題ない。また挑戦し、また失敗すればいい。ただ次は、より良く失敗すればいい。

(「entrepreneur.com」より引用、訳語諸説あり)

失敗を重ねることで、どんどん「上質な失敗」ができるようになる――。現実には完璧な人間なんて存在しないだけに、ベケット氏の言葉には勇気づけられます。

「より良い失敗」には、静かに思考する時間が不可欠

ただし、うまく失敗できるようになるためには、「失敗した理由について思考する時間をとること」が不可欠です。ニューヨーク大学の教授だったEster Schaler Buchholz氏は、著書『The Call of Solitudeでこう述べています。

Others inspire us, information feeds us, practice improves our performance, but we need quiet time to figure things out.他者は我々をインスパイアし、情報は我々を豊かにし、練習することは我々のパフォーマンスを向上させる。しかし、我々に必要なのは静かに問題を解決する時間である。

(「entrepreneur.com」より引用)

当たり前のようですが、何人もの成功者が語るのは、「失敗をしたら、その問題を考える静かな時間を持つ」ことの大切さ。成功への道は、その失敗から何を学ぶかで決まるといえそうです。

惜しみなく「与える人」になる

一方、「他者に与える」ことも、現代における成功には欠かせなくなってきたといいます。これについては、『Give and Take』(日本語版タイトル『「与える人」こそ成功する時代』)の中で、著者アダム・グラント氏がこう語ったと紹介されています。

何世紀にもわたって、人びとは情熱やハードワークによって成功するものだと考えられてきた。しかし、現代の成功は、他者とよく対話し、どれだけ相手に与えることができるか、つまり「他者志向」が持てるか、によることが大きくなり、時代は変わりつつある。グラント氏によれば、成功している人びとに共通していることは、他者に何かを与えているということだ。

自分の利益を優先させたり、損得勘定にばかりとらわれているようでは、視野が狭くなってしまうともいえます。自分と関わりのあるものに関心を持ち、そのなかで成長していこうと思う時にこそ、成功の扉が見えてくるのかもしれません。

entrepreneur.comCouple working on laptop in office via Shutterstock(文/下野真緒)

下野真緒

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    2. 疲れる組織は忖度が多く、本音を言わない傾向? 『Google流 疲れない働き方』

    3. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    4. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    何度も失敗し、惜しみなく与える。現代の成功者に共通するマインド

    FBからも最新情報をお届けします。

    Buy

      • GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)
      • アダム グラント|三笠書房
      • by Amazon.co.jp
      • 成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)
      • レイ・A. クロック,ロバート アンダーソン,野地 秩嘉,孫 正義,柳井 正|プレジデント社
      • by Amazon.co.jp