日本人でも行っておきたい、世界のお金持ちを満足させる東京の遊び場10選

日本人でも行っておきたい、世界のお金持ちを満足させる東京の遊び場10選

20141006_tokyo1.jpg

Happy young glamorous couple enjoying champagne in limousine via Shutterstock

世界でも名高いお金持ちたちが多く住む、ニューヨーク、アップタウンのパークアヴェニューや五番街。

何気ないアパートの扉の向こうにはまるで美術館の様な眩いアートコレクションを持つ家や、映画の中で見た、ユニフォームを着たメイドや、お抱えのシェフ達が忙しそうに行き交う、別世界が広がっています。

自分が住む世界を超越していて、そんな知人を訪れた帰り道は街の喧噪にホッとするほどです。

究極のラグジュアリーを提案する旅行誌

20141006_tyoko2.jpg

撮影:神田朝子

そんなケタ外れの富裕層の人たちが持っているのが、アメリカンエクスプレスの幻のセンチュリオンカードやプレミアムカード。

そして、その世界のたった6万人と言われるカードホルダーだけに向けて発行している旅行誌が「DEPARTURES」です。「現代生活の中における究極のラグジュアリーとは何か」をコンセプトにしているという通り、扱うテーマも中に挟まれた広告もハイエンドなものばかり。

そんな選りすぐりのエクゼクティブ向け会員誌が「東京でしたいこと10」を特集していました。読んでみると、メジャーなスポットだけでなく、日本人でもまだ行ったことがなさそうな場所も。下記に紹介します。

世界のエグゼクティブを満足させる東京の遊び場

天に手が届くホテル:マンダリンオリエンタル

DEPARTURES」より翻訳引用

広めのお部屋についてのみならず、アメニティやスタッフの素晴らしさにも言及されているたのが「マンダリンオリエンタル東京」。また地下鉄三越前の駅に直結しているとの記載も。地下鉄の駅に直結した建物があるのは古い街から来た人にはちょっと珍しいのかもしれません。

ひねりの利いたラーメン:AFURI

DEPARTURES」より翻訳引用

ラーメンをズルズルっと食べる光景、ザ・アジアなイメージで1度はやってみたい事なのかもしれません。ただ、それは体形管理も教養のひとつである超エグゼクティブ。比較的カロリーが少ない「AFURI(アフリ)」の柚塩ラーメンに注目しています。

注目のアート:2つの美術館

DEPARTURES」より翻訳引用

森ビルの森稔氏をドナルド・トランプのライバルと呼び、森美術館を紹介、またワタリウム美術館も注目のアーティストを特集していると紹介されています。

本のエンポリウム:代官山蔦屋書店

DEPARTURES」より翻訳引用

旅行関係の書籍のコーナーには旅の手配をしてくれるコンシェルジュが居ると特筆されています。たしかにここまで実用的な書店は世界でも珍しいでしょう。

寿司の朝食:築地市場内 寿司大

DEPARTURES」より翻訳引用

超VIPのみならず外国人に人気の築地市場の人気店「寿司大」。意外と日本人は行かない場所かも知れません。2016年に豊洲へ引越すので急いで! と書かれているのを見ると、行かねば! と思わず焦ります。

歴史的な視点:ギャラリーエフ

DEPARTURES」より翻訳引用

浅草にある土蔵を改装したアートスペース「ギャラリーエフ」。決して派手ではないスポットですが、こういう場所を知っているというのも普通の旅行誌とは一線を画しています。

一流、そして熱狂:ニューヨークグリル

DEPARTURES」より翻訳引用

ソフィア・コッポラ監督の映画、『ロスト・イン・トランスレーション』の舞台になったパークハイアット東京のダイニング「ニューヨーク グリル&バー」。この場所は今でも東京ラバーのハートを掴んで離さないようです。

気ままなエスケープ:井の頭公園

DEPARTURES」より翻訳引用

春には花見客で人が溢れる井の頭公園。日本人なら誰しも何かしら桜に寄せる思いがあるのでは。そんな日本の心、桜についても世界を動かすVIP達は理解を示しています。

伝統的な天麩羅:大黒家

DEPARTURES」より翻訳引用

浅草の下町の裏通りにある天ぷら屋の老舗「大黒屋」。天ぷら以外にも刺身、漬物、一品料理など純和風のおしながきが並んでいます。

未来をチラ見:代々木VILLAGE

DEPARTURES」より翻訳引用

豊かなグリーンに囲まれ、オーガニック料理のお店や上質な音楽が楽しめるBARなどがある複合施設「代々木VILLAGE」。東京の新しい風を感じられるスポットのひとつです。

世界基準のラグジュアリー感がある場所だけでなく、東京の素顔や新しい流れを感じられる場所は、VIP誌ならではのチョイスでした。贅沢を知り尽くした、一筋縄では行かない読者の好奇心を満たす東京のスポット、訪れたことがない場所には1度行ってみる価値ありです。

DEPARTURES

(神田朝子)

日本人でも行っておきたい、世界のお金持ちを満足させる東京の遊び場10選

この記事を気に入ったら、
いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。