1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ついにここまで。AppleとFacebookが卵子凍結費用の負担へ

ついにここまで。AppleとFacebookが卵子凍結費用の負担へ

ついにここまで。AppleとFacebookが卵子凍結費用の負担へ

20141023_apple_facebook_pay_freeze_eggs.jpg

キャリアを持つ女性にとって、最も大事な決断のひとつと言える「出産のタイミング」。そんな女性たちに、会社が卵子凍結の費用を負担すると申し出たら、状況は変わるのでしょうか?

卵子凍結をサポートするAppleとFacebook

先日、AppleとFacebookが、女性社員の卵子凍結のサポートをすると発表。「NBCNews」によると2社とも最大で2万ドル(日本円で約210万円)まで負担するそうです。

一般的に出産適齢期とされる年齢は、やりがいのある仕事を任され、責任あるポジションにつくタイミングと重なることが多く、いつのまにか年月が過ぎていた......という女性も少なくありません。

また、仕事上で大事な時期に産休を取ったことで、キャリアチェンジが必要になったり、スローダウンしたと感じている女性もいるでしょう。

優秀な女性のリーダーを確保するために

FacebookのCOOである Sheryl Sandberg(シェリル・サンドバーグ)は、TED「何故女性のリーダーは少ないのか」のなかで、

女性は子どもを持つことを考えたその瞬間から、その子どものためにゆとりを確保することを考えはじめます。「その他のことと子どもを持つことを、どう両立すればいいの?」と。そしてその瞬間から、彼女たちは積極的に手を挙げて出世を望んだり、新しいプロジェクトに取りかかったり、「私にやらせて下さい」と言わなくなるのです

TED」より

と語っています。

近年シリコンバレーでは優秀な人員を確保するために、各社が躍起になってさまざまなベネフィットを提供しているそう。シリコンバレーでもトップに君臨するAppleとFacebookが先陣をきった、卵子凍結のサポート。才能豊かな女性たちへのアピールとして、今後他社が追随する可能性も高そうです。

キャリアと出産の選択肢

何歳で子どもを産みたいのか、そもそも子どもが欲しいのか、仕事と育児をどう両立するのか。女性にとってのキャリアと育児の捉え方は千差万別です。

過去に「卵子凍結した女性の声を聞く」で紹介したように、筆者の周囲でも、卵子凍結を考え始めたり、実際に凍結した女性が増えてきました。安定した仕事につき、早朝出勤や出張など多忙なスケジュールをこなし、転職を繰り返してキャリアアップするうちに、いつのまにかアラフォーになっていた......という女性たちです。

そして、出産適齢期という言葉が気になり始めた時、生涯を共にするパートナーがみつかるまでの保険として卵子凍結を考えるようです。

すべて計画どおりに進まないのが人生ですが、選択肢は多い方がいいというのは誰もが思うところ。日本でも認識が広まってきた卵子凍結制度を利用するか否かは、当然ひとりひとりの考え方次第。ですが、 女性たちに新たな選択肢を与え得る手段である、というのは歓迎すべき事実ではないでしょうか。

NBCNews, TEDphoto by Getty Images(白石里美)

白石 里美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    ついにここまで。AppleとFacebookが卵子凍結費用の負担へ

    FBからも最新情報をお届けします。

    Buy

      • 誰も教えてくれなかった卵子の話
      • 杉本 公平,鴨下 桂子|集英社
      • by Amazon.co.jp
      • [マーガレットハウエルアイディア] MARGARET HOWELL idea サイドゴアシューティ 2082 BS (ブラックスエード/230)
      • MARGARET HOWELL idea(マーガレットハウエルアイディア)
      • by Amazon.co.jp