1. Home
  2. キャリア
  3. ダイアン・フォン・ファステンバーグが今まで語ることのなかった人生

ダイアン・フォン・ファステンバーグが今まで語ることのなかった人生

ダイアン・フォン・ファステンバーグが今まで語ることのなかった人生

20141027_diane_von_furstenberg.jpg

ダイアン・フォン・ファステンバーグ(写真左)

ニューヨークを代表するブランド「Diane Von Furstenberg(ダイアン・フォン・ファステンバーグ)」のラップドレス。フロントを着物のように合わせてウエストで結ぶとできる、砂時計のようなシルエットは、女性の体型をより魅力的に見せてくれます。

ジャージー素材で着心地抜群なうえに、きちんと感もある1着は、オフィスで、またはディナーやちょっとしたパーティに......とまさにドレス界のオールラウンダー。誕生から40年を経た今も、現代の女性のライフスタイルに寄り添う、最高のドレスです。

ラップドレスは支払いのためのもの

最近出版されたダイアンの自伝、『The Woman I Wanted To Be』では、そんな名品をデザインした彼女が、今まで語ることのなかった人生を紹介しています。

ダイアンはブリュッセル出身。ユダヤ移民の家系に生まれ、パリとイタリアでテキスタイルを学びます。ニューヨークへ渡り、起業したのは1969年。同じ年に、由緒正しいドイツ系の家柄であるプリンスと結婚しました。

仕事も恋愛も桁違いに成功したかのようにみえる彼女。しかし、本人が自身のトレードマークであるラップドレスに抱く感情は、複雑なものでした。

とてもおかしいのですが、私は何年もの間、ラップドレスですべてをまかなってきました。請求書や子どもたちの教育費を支払い、自由や名声までもそれで得たのです。私は当然と思っていました。それなのに、「『ダイアン・フォン・ファステンバーグ』とはラップドレスのことである」と言われたりすると、腹を立てたりもしたんです。

The Wall Street Journal」より翻訳引用

大成功したニューヨーカーというイメージの彼女から、このような言葉を聞くとは思いませんでした。成功者である彼女も、私たちと同じように日常の些細なことに振り回され、生きるのに一生懸命だったのです。

ダイアンを支えた母からの教え

また、自伝のポイントは「彼女の母についてだ」とダイアンは語ります。ダイアンは、ホロコーストから死にものぐるいで生還した母から、目的を達成すること、そして自由を熱望することの大切さを叩き込まれたそう。そんな彼女だからこそ結婚生活に甘んじず、情熱に正直に、自立した成功者になる道を選んだのです。

私は早く起き、とても忙しいですが、とてもワクワクもしています。なぜなら、揺るぎない自信があるからです。長い間愛されるドレスをつくりました。そして、そんなドレスは他にないのです。

The Wall Street Journal」より翻訳引用

以前は彼女の生活を根本から支えていたラップドレス。時を経た現在、彼女にとってそれは人生の誇りになりました。

今を一生懸命生きて、ふと振り返ってみると、誇れる何かがある。そんな生き方ができたら素敵だなと思わされるダイアンの人生。ダイアンにとっての"ラップドレス"を、筆者も見つけにいきたいと思いました。

The Wall Street Journal, The Woman I Wanted To Bephoto by Getty Images(神田朝子)

神田朝子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    ダイアン・フォン・ファステンバーグが今まで語ることのなかった人生

    FBからも最新情報をお届けします。

    Buy

      • The Woman I Wanted to Be
      • Diane Von Furstenberg|Simon & Schuster
      • by Amazon.co.jp
      • DVF
      • Diane Von Furstenberg|Rizzoli
      • by Amazon.co.jp