1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「コスモポリタン」女性編集長の名言から学ぶ、自由に生きるための心得

「コスモポリタン」女性編集長の名言から学ぶ、自由に生きるための心得

「コスモポリタン」女性編集長の名言から学ぶ、自由に生きるための心得

「Sex and the City」のはるか以前から「女性には充実したキャリアとセックスライフが必要不可欠。そして女性も全てを手にいれることができる」と主張し、そんな生き方をまっとうした女性がいます。

それが、「コスモポリタン」誌で32年にもわたって編集長を務めたヘレン・ガーリー・ブラウンです。

女性は貞淑に家庭に入っているのが当たり前と思われていた時代のアメリカで、女性も男性と同様にキャリアを築き、恋愛やセックスを楽しむべきという信念のもと、同誌をその象徴として築き上げました。

そんなヘレンの、恋愛、キャリアの成功、セックスそしてお金に関するアドバイスをご紹介します。

何もないところから望むキャリアを手に入れる

脳みそに加えて魅力と努力、これに取って代わるものはないわ。

The Guardian」より翻訳引用

成功する人とそうでない人を隔てる唯一のことは、ひたすら一生懸命働く意志よ。

Self」より翻訳引用

私のために準備された人生を好きだったことはないわ。平凡で、田舎者で貧乏......。だから7歳の頃からそれを拒否してきたの。著書「Having it all」より

Self」より翻訳引用

美しさはあなたを楽しませることはできない、でも頭を使うことーー読むこと、書くこと、考える事ーーはできるの。

The daily beast」より翻訳引用

恵まれた生まれでもなく、美貌も飛び抜けた頭脳もなかったというヘレン。

自分の欲しいものはとにかく手に入るまで努力することで、雑誌の編集長という地位を得ました。自由に恋愛を楽しんだ彼女ですが、欲しいものは男性を使わず、自分の力で手に入れるという信念も持っていたようです。

そんな彼女だからこそ単に地位を手にするだけでなく、30年以上もにわたり影響力を持ち、成功を得ることができたのでしょう。

恋愛とセックスはこの世で最も素晴らしい

セックスはこの世で3つの最も素晴らしいことのひとつ、そして他の2つが何かは知らないわ。自分にこう言い聞かせるのよ。私はセクシャルな人間、人生にセックスが欲しい、私にはその価値がある、そしてセックスを消滅させたりはしないって。

The Guardian」より翻訳引用

魅力的で居続ける最も重要な理由のひとつは、一緒にベットに行ける誰かを持つことができるってこと。

The daily beast」より翻訳引用

あなたがひたすら喋っていたのでは誰かを退屈させるってことを絶対知っておくこと。

The daily beast」より翻訳引用

雑誌コスモポリタンを、キャリアとセックスにフォーカスする人気雑誌にしたのはヘレンです。

今でこそ女性誌が取り上げることは珍しくないトピックですが、当時は革新的で多くの女性たちに影響を与えました。同誌の方針は彼女の死後も引き継がれ、アメリカのみならず世界中で愛読されています。

雑誌の方向性のみにとどまらず、私生活でもヘレンは女性としてセクシャルであることを大事にしていました。キャリアでも経済的にも成功を納めていた彼女だからこそ、利害関係など気にせず、純粋に恋愛やセックスを楽しむことができたのでしょう。

女性だってお金と成功を

歳をとるとたぶん2つのこと、健康とお金、が他のことより重要になるわ。

The daily beast」より翻訳引用

みな自分を認識する肩書きが持てるの。私はお金とパワーをとるわ。

The daily beast」より翻訳引用

セックスと同様、女性がお金について話したり、自らの力で経済的自立を得ることが今よりも一般的でなかった時代から、オープンに語りその重要性を強調していたヘレン。

ヘレンが女性にとって大事だと主張し続けたキャリア、セックス、お金、そして経済的自立と成功は、現代女性たちとっても最も関心があるトピックです 。

自立し、成功を手にして自由に生きる。女性たちが欲しいものを自分の力で手に入れることが当たり前になった今、ヘレンの主張は多くの女性に受け継がれています。

The Guardian,Self,The daily beast

白石 里美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    10. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    「コスモポリタン」女性編集長の名言から学ぶ、自由に生きるための心得

    FBからも最新情報をお届けします。