20150127_pink_water_2.jpg

Woman in bathrobe looks at the mirror in bathroom via Shutterstock

なんとなく肌の調子が悪い、そんなときに手入れ方法を変えてみても改善されないことってありませんか。それは、もしかしたらケイ素不足かもしれません。

ケイ素は人体にも含まれるミネラルの一種で、コラーゲン、エラスチンなどの組織を束ねる接着剤のような働きをすると言われています。

ケイ素が不足すると美容のコンディションが乱れ、見た目も老けた印象になる可能性大。

でも、ケイ素のチャージってどうすれば? と思っていたら、なんと毎日飲むだけでケイ素をチャージできるケイ素水を発見しました。

欧米ではすでにブームのケイ素水

ケイ素水は、自然療法の先進国ドイツで認められ、欧米ではすでにブームになっています。海外セレブからも注目を浴びていて、肌に良いだけでなく、ダイエットやデトックスの効果が期待できる他、免疫力アップや抗酸化力に優れ、血流改善にも注目されているんです。

そんなケイ素を1リットル当たり世界最高水準の143mlも含んでいるのが、発売されたばかりのケイ素水「ピンククロス ビューティーウォーター」です。

20150127_pink_water_1.jpg

ピンククロス ビューティー ウォーター」500ml 200円(税抜)

最初に説明した通り、ケイ素は、コラーゲン、エラスチンなどの接着剤役。

コラーゲンなどと一緒に摂取することで、より効果的に肌の弾力アップを助けてくれます

美肌、髪、爪、さらに健康な骨の形成にも

ミネラルの一種であるケイ素(シリカ)が不足すると、肌の弾力がなくなるだけでなく、髪にハリがなくなったり、パサついたり、また、爪が割れたり、折れたりする症状があらわれるそうです。

さらに、ケイ素はカルシウムに作用し、骨の形成もサポートしてくれるので、美しさだけでなく、健康面でも、ケイ素は欠かせないことが分かります。

ただ、体内のケイ素の量は、赤ちゃんの頃から比べて30代~40代で半分以下になってしまいます。成人はケイ素を1日約10~40mg消耗するのですが、体内ではケイ素を生成することができないので、消耗した分だけでも毎日チャージしないと減少の一途をたどることになります。「ピンククロス ビューティーウォーター」は、毎日飲めるようにと、ケイ素を多く含んでいるにもかかわらず、手頃な価格なのもうれしいです

「美は1日にしてならず」。美しく健康でいられるための飲む美容液「ピンククロス ビューティーウォーター」なら、普段飲んでいるお水を変えるだけ。手軽なので、継続してケイ素がチャージできそうです。

ピンククロス

(林ゆり)