201502_twany_1.jpg

街を歩いていて、ある女性から目が離せなくなったことがあります。何気ない服装でメイクも自然。派手なところはひとつもないのに、そこだけ空気が澄んでいるかのよう。

何が違うの? と観察するうちに、その女性の佇まいから、えもいわれぬ「清潔感」が漂っていることに気がつきました。

人間は、清潔感があるものに引き寄せられる。これは、相手が人でもモノでも同じなのかもしれません。実はいまの時代、世の中で支持されているものに共通するのは「清潔感」なのかな、と思うようになりました。ミニマリスト的なAppleの製品、クリーンで居心地のよい北欧のインテリア、ノームコアに代表されるベーシックでシンプルなファッション、すっぴん風のメイク――数えればきりがないほどです。

春は、清潔感のある女性を目指したくなる

201502_twany.jpg

シンプルであればあるほど、清潔感を感じやすくなる。

Yellow Gerbera Daisy via Shutterstock

清潔感は、単なる「身ぎれい」とはちょっと違う。その人自身の存在感を際立たせるような、引き算の美に宿るような気がします。でもそれを演出するのは、忙しい大人の女性にはむずかしい課題です。

美容院に行く時間もなく、髪が伸び放題、なんてよくあること。「今日はきれいに見せたい」というときは、アラを隠したくてファンデーションを塗り重ねてしまい、不自然な老け顔に......。気がつけば、清潔感とはかけ離れた行為をしている自分がいます。

でもこの春こそは、なんとしても清潔感のある女性に近づきたい! そこで、まずは身近なところから、大人の清潔感を育てる方法を探してみました。

1.髪の毛はいつもサラサラに

風になびくサラサラの髪は、清潔感を感じさせる大きなポイント。年齢を重ねると、髪が細くコシがなくなる傾向に。ヘアカラーやブローの傷みも気になりやすくなります。失われがちなツヤを取り戻すには、テンション(髪を引っ張る力)をかけたブローで、キューティクルの向きをそろえることが大切です。

筆者は最近「使うほど髪のうるおいが増す」というヘアドライヤーとアイロンに出会い、その効果にびっくりしました。電化製品の進歩は目覚ましいので、小まめにウェブやショップで情報を集めて、新製品を試してみるのもおすすめです。

2.ネイルは、とことんシンプルに

一度ハマると、凝ったデザインがやめられなくなるネイル。清潔感を求めるなら、流行に左右されない定番を一色使いする方が効果的かもしれません。

たとえば肌の色にあったベージュや、落ち着いたピンク、白パール、オーソドックスなフレンチネイルなど。シンプルな白いシャツに、口紅とお揃いの赤いネイルというのも、変化球の清潔感を感じさせる組み合わせです。

3.整理されたバッグの中身と真っ白なハンカチ

201502_twany_3.jpg

メイクポーチの中をキレイに保つことも清潔感につながる。

どんなにクリーンに装っても、「あれ、名刺入れが......」なんてバッグをゴソゴソかき回していては一瞬で台無しに。落ち着きなく見えるよ、と指摘されて以来、筆者も「バッグの整理」は悩みのタネです。

整頓上手な友人が教えてくれたのは、毎日バッグの中身を出し入れするという方法。帰宅したら中身をトレイやカゴに出し、ゴミやレシートを片づけて整理整頓。何となく気分もすっきりします。

そして次にチャレンジしたいのが、丁寧にアイロンをかけた白いハンカチを持つこと。電車で上品な老婦人が、繊細なスワトウ刺繍のハンカチを使っているのを見て以来、憧れているしぐさのひとつです。

4.肌に涼やかな透明感を

201502_twany_2.jpg

シミも毛穴もカバーしてくれるうえに、透明感を感じる「TWANY(トワニー)」のファンデーション。

そして、「清潔感」の印象を大きく左右するのは、素肌のように何気ない透明感のある肌に見えるかどうか。

年齢を重ねるにつれ、悩みが増える女性の肌。あれもこれも隠したいのに、素肌っぽさなんて無理――とあきらめそうになりますが、確かな技術力で、トレンドの肌印象に近づけてくれるファンデーションがあります。

TWANY(トワニー)」のファンデーション、「フロスティ ホワイト」シリーズ。その特徴は「カバー力があるのに透明感がある」という、今までにない機能性です。

201502_twnany_4.jpg

左から「トワニー フロスティホワイト パクト」6色 各10g 5,000円(税抜)SPF29・PA++・ケース別売 1,200円(税抜)、「トワニー フロスティホワイト リクイド」6色 各30ml 5,000円(税抜)SPF30・PA++、「トワニー フロスティホワイト ベース」30ml 4,000円(税抜)SPF36・PA++。

シミやソバカスを自然にカバーしてくれるのに、ふんわりとやわらかいイメージに仕上がるリクイドファンデーション。さらっとした仕上がりで、不思議なほど厚塗り感がありません。

パウダーファンデーションはスベスベした感触で、桃のような優しい肌の質感に仕上がります。

水と星のパウダーで透明感がきらめく

フロスティ ホワイト」のほど良いカバー力の秘密は、粉体構造の中に水(結晶水)を含んだ、「スノークリスタライズパウダー」にあるのだそう。薄く均一にフィットして白浮きしないから、厚ぼったくならないのです。

そして肌の色が明るく感じられるのは、光を散乱させる「星型パウダー」の効果。広い範囲で光を反射するので、カバー効果がありながらも、澄んだ印象の肌に仕上がります。

パウダーとリクイド、どちらにも使えるUV効果の高い下地は、イエローベージュ系のカラー。くすみやシミ・そばかすが自然に隠れます。テカリも乾燥もひとつで防いでくれるので、肌の調子そのもののが良いかのようにみせてくれます。肌が不安定になりがちな春先にこそ使いたくなりました。

薄付きだから崩れにくくて、老けた印象にもならない

201502_twany_5.jpg

美しさを長時間キープできる。

ついついファンデーションやコンシーラーを重ねてカバーしていた今までは、夕方の崩れやくすみが気になっていました。「フロスティ ホワイト」を使って驚いたのは、化粧直しをしなくても気にならなかったこと。厚塗りしなくてもカバーできるので、なおさら崩れにくいのかもしれません。

女性は加齢とともに「若さ」を失うことを恐れるけれど、「若さ」の要素のひとつには、清潔感がある気がします。そして「若さ」そのものは無理だとしても、大人の知恵で清潔感を補うことはできるはず。

いま1番ほしい「清潔感がある肌」の印象を叶えてくれる、頼もしい「トワニー」のファンデーション。この清潔感のある肌印象を出発点に、春は自分なりのシンプルな美しさを探してみたいと思います。

photo by 田所瑞穂

(田邉愛里)