1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「最近やせた?」と言われたら、おっぱいが垂れてきたサインかも

「最近やせた?」と言われたら、おっぱいが垂れてきたサインかも

「最近やせた?」と言われたら、おっぱいが垂れてきたサインかも

20150415_biishiki_bra_top.jpgYoung businesswoman via Shutterstock

体重は落ちていないのに「やせた?」と聞かれる今日このごろ。

そういえば自分でも、デコルテラインが華奢になったように感じていました。ひそかに喜んでいたのですが、その謎が最近解けてびっくり! 実は、胸が垂れ始めたサインかもしれないというのです。垂れ下がったバストは、ひと目で老けた印象を与えてしまうもの。

胸の位置が垂れたり下がったりして老けて見える状態のことを「老け胸」と言うのだとか。これは対策を立てなければまずいと思い、老け胸の予防法について調べてみました。

「老け胸」を防ぐために大切なこと

_MG_1497.jpgパステルな色合いが女性らしい雰囲気。

老け胸」の原因を探っていくと、どうやら胸の揺れを抑えることと、大胸筋を鍛えることが、美しい胸を保つのに効果的であることがわかってきました。

とはいえ、忙しいと意識しながら生活するのは大変なこと。そんなときは、着けると「老け胸」ケアをしてくれる、賢いブラジャーを利用するのも手かもしれません。

シャルレセルフィアから発売された美意識ブラジャーは、美しいバストをキープしてくれる特別なブラジャー。なんと、2つの特許を取得しています。その驚きの機能は大きく3つ。

1.揺れを抑える

20140427_biishiki_last_1.jpgバストをしっかりと包み込むトライアングルパーツ

特許を取得している「美意識ブラジャー」の驚きの機能のひとつが、バストの揺れをおさえてくれること。トライアングルパーツと下カップでバストをしっかり包み込み、上下・外側への揺れを軽減してくれる安定感抜群のフルカップです。

これまでさほど意識していなかったけれど、階段の上り下りや、掃除をしているとき、遅刻しそうになって走ったときなど、胸が揺れているのに気付きました。「美意識ブラジャー」をつけてみると、そうした日常生活での揺れをほとんど感じなかったことにびっくり。「美意識ブラジャー」のホールド力を実感するとともに、これまでどれだけ無自覚に揺らしてきたのか......とひやっとしました。

20150422_biishiki_last_2.jpg身体にフィットして揺れを抑えるカバークッション

もうひとつ気に入ったのは、ボリュームダウンが気になるバストの上部にカバークッションが入っていること。おかげでフィット感が高まり、ブラがカパカパしにくく、前にかがんでも浮いた感じがしませんでした。守られているという安心感が違います。

2.大胸筋を鍛えるサポート

20150422_biishiki_last_3.jpg

腕を上げるたびに大胸筋を鍛えるサイドキープパネル

そして「美意識ブラジャー」の2つ目の機能が、着けて腕を動かすことで大胸筋を鍛えるサポートをしてくれること。大胸筋の筋線維が集まるカップ脇を、サイドキープパネルでホールド。さらに、前ストラップの付け根の部分の伸びをおさえて、腕を上げるたびに負荷をかけ、大胸筋を鍛えるサポートができるのだそう。

20150424_biishiki_14.jpg肩甲骨に適度な負荷をかける背中のバックキープパネル

また、背中側のバックキープパネルは、腕を上げるときに肩甲骨の動きに負荷をかけ、大胸筋を鍛えるサポートをしてくれます。ブラジャーを着けて腕を動かすことで大胸筋を鍛えるサポートができるなんて、忙しい女性にはありがたい機能です。

「美意識ブラジャー」を着けていれば、家事をしているときはもちろん、仕事中も棚から資料を取ったり、ちょっとした荷物を運んだりする動作で、大胸筋を鍛えるサポートができるということ。美胸づくりにひと役かっていると思えば、身体を動かすモチベーションも上がりそうです。忙しい毎日では、なかなかバストケアの時間が取れないだけに、「ながら」でできるのは本当に助かります。

3.圧迫感をおさえてフィット。ラクさがうれしい

20150424_biishiki_15.jpg左右のカップがそれぞれに動きやすいセンタークロス構造

これまで私が使ったことのある機能性下着というと、生地が分厚くて重く、着け心地が悪いところが苦手でした。「美意識ブラジャー」を使って驚いたのは、薄くしなやかな感触で、着けていても苦しくないこと。これが「美意識ブラジャー」の驚きの機能の3つ目です。

カップは左右がそれぞれに動きやすいようになっていて、背中部分は表裏の生地が別々に動くようになっているとか。だから、身体の動きにフィットして、アンダーの圧迫感を軽減したり、ズレ上がりを防いだりすることができるそうです。

20150424_biishiki_16.jpg表裏の生地が別々に動いて身体の動きに自然とフィットするバック部スライド構造

たしかに、これまで電車のつり革に手を伸ばしたり、高い所のものを取ろうとしたりするたびに、ブラジャーがズレ上がるのが気になっていました。でも「美意識ブラジャー」なら身体の動きにしっかりついてくるのでズレにくくて驚きです。仕方ないとあきらめていた不快感がぐんと減って、とても快適でした。

さらに「美意識ブラジャー」をよく見てみると、たくさんのパーツを複雑に組み合わせて、しなやかな動きを実現していることがわかります。上品な花柄のネット状のレースは、凹凸が控えめなので、服のシルエットを邪魔しないところも魅力です。

「ながら」ケアで老け胸対策

20代から40代の女性500名を対象にしたアンケート調査では、約62%の人が「胸が垂れてきた」と感じている(※)という結果もあるそう。

なんとなく「胸が垂れてきたかも......」と感じていても、毎日ケアをする余裕がないのが正直なところ。「ながら」で美しいバストをキープできたら、こんなにうれしいことはありません。

まずは手軽で便利な方法で「老け胸」対策を始めてみてはいかがでしょうか。

(この記事は個人の感想に基づいており、商品の効果を保証するものではありません)

トレンド総研「『胸の下垂』に関する意識・実態調査」より抜粋

シャルレセルフィア

(田邉愛理)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 時は金なり。貴重な時間をロストする落とし穴ってこんなにある!

    6. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 怒りのピークは6秒。アンガーマネジメント実践法

    9. 部屋の印象を決めるのはソファ。見ておきたい最高級店がオープン

    10. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    9. 夢をかなえる人に共通する、シンプルな心の持ち方

    10. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    6. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    9. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    10. ダイエットにカロリー制限はもう必要ない。米研究チームが発表 [The New York Times]

    「最近やせた?」と言われたら、おっぱいが垂れてきたサインかも

    FBからも最新情報をお届けします。