人の匂いを再現する技術でつくる、思い出の香水

人の匂いを再現する技術でつくる、思い出の香水

20150506_kosui_1.jpg

a round bottle of woman's fragrance via Shutterstock

嗅覚は、人の記憶と密接に結びついています。

誰でも、思いがけない瞬間に、ふとした匂いで、覚えていたことすら忘れていたようなこと、人、場面が鮮やかに心に蘇った経験があるのではないでしょうか。別れた恋人、亡くなった人、今はもう会えない人の匂いを、懐かしく思い返したことがある人も多いはず。

人の匂いを再現する技術

そういう「その人自身の匂い」を再現して香水にしてくれる会社が、もうすぐフランスに誕生します

この事業を思いついたのは、カティア・アパラトゥギさん。7年前、父親を亡くし、その匂いを懐かしく思い返すことの多かったある日、同じ理由で、亡くなった父親の枕カバーを洗う気がしないという母親の言葉を聞いたのが、アイディアの生まれるきっかけだったそうです。

すでに保険会社でビジネスウーマンとして活躍していたカティアさんは、この思いつきを形にすべく、孤軍奮闘。7年の月日を費やし、ようやく得られたのが、ル・アーヴル大学の専門部門の協力でした。

そうして、研究の結果、その人が身につけた布1枚があれば、そこからその人の匂いを再現できる技術が開発されました詳しくは"企業秘密"ということだそうですが、もう少し具体的に説明すると、布から約50以上の分子からなる「匂い」を分離させ、それをアルコールに溶かして香水として再現するものだそうで、全工程に約4日かかるそうです。

この技術を駆使する会社「Kalain(キャラン)」は、今年9月半ばに立ち上がります。

そばにいてほしい人の香りの効果

亡くなった人を思い出すよすがに、というのはもちろんのことですが、それ以外にも、両親と離れた乳幼児のタオルに、お母さんの匂いをつければ、安心させることができるでしょう。

大人だって、遠距離恋愛の彼の香りを枕につけておけば、熟睡できるかもしれません。

まだ詳細は決まっていませんが、ひとり分の匂いの再現にかかる費用は、約560ユーロと見積もられています。

これを高いと見るか、安いと見るかは、どのくらいその匂いに愛着があるかで変わってきそうです。

もしかしたら、近い将来、バレンタイン・デーには、恋人同士が自分の匂いをプレゼントし合うのが、スタンダードになるかもしれません。いずれにせよ、今後の展開が楽しみな分野です。

KalainLe Parisien 

(冠ゆき)

人の匂いを再現する技術でつくる、思い出の香水

この記事を気に入ったら、
いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。