1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 暑い夏、紫外線に負けずに美肌を保つために欠かせない食材

暑い夏、紫外線に負けずに美肌を保つために欠かせない食材

暑い夏、紫外線に負けずに美肌を保つために欠かせない食材

日増しに暑くなる毎日。夏は開放的な気分にさせてくれる一方、日差しが強く、お肌には厳しい季節です。夏の間、紫外線に負けず、美肌を保つには、どんな食品を口にすればいいのでしょうか。パリの栄養士フーコー氏がおすすめするポイント5つが「L'EXPRESS Style」で紹介されていましたので、まとめてみました。

1.ベータカロチン

例えば、よく知られているように、人参を食べると肌の色が健康的に色づきます。これは、人参に含まれるベータカロチンがメラニン合成に作用することと関係します。このように肌の色がほんのり濃くなっても、もちろん、日焼けしないわけではありませんが、紫外線から肌を守る助けにはなるのです。

今の季節の果物だと、アプリコット、メロン、黄桃、黄ネクタリン。また赤ピーマンのような、ベータカロチン豊富なものをたっぷり食べるのが、お肌のためにも正解です。

2.ビタミン各種

過剰な日光は、皮膚の細胞にダメージを与え、老化を促します。それを防ぐためには、抗酸化作用のある食品を口にするのが丸。抗酸化作用とは、一言でいえば、身体の錆びを呼ぶ活性酸素を抑える作用のことです。

ビタミンの多くはこの抗酸化作用を持っています。例えば、ビタミンC。野菜なら、パプリカ、パセリ、キャベツ。果物なら、カシス、キウィ、オレンジなどが一押しです。また、ビタミンCは熱に弱いので、生で食べたほうが、身体に取り込めます。

ビタミンEの抗酸化作用も忘れられません。幸い、この季節に食べたくなるサラダのドレッシングに使われる油などで摂ることができます。また、肌を良質に保つのに必要なビタミンB2とB6も積極的に摂りましょう。

3.抗酸化作用を持つビタミン以外の成分

セレニウム、亜鉛、ポリフェノールも、もちろん、細胞の老化を防いでくれます。最もおすすめなのは、マグロや肝、ニシン、ムール貝などに含まれるミネラル成分です。亜鉛はカキ、牛肉、卵黄にも含まれます。また季節のレッドベリーもポリフェノールを多く含む果物です。

4.オメガ3

視力、神経システム、心臓血管システムの正常な機能に必要不可欠な不飽和脂肪酸。その中でもオメガ3は、細胞構造自体にも作用する大切な成分です。肌の生まれ変わりには、マグロ、鮭、サバ、イワシなどの脂肪や、ナッツ類を食べるのがおすすめということですね。

5.水分

夏は特に水分補給が基本。果物や野菜、また飲料からの補給が大切です。水分が足りないと、細胞は変形し、しわができやすくなります。

こうして見てくると、季節の果物のフルーツサラダは、美味しい上に、肌にとても良いとわかります。白桃と黄桃で迷ったら、黄桃を選んだほうがいいように、ベータカロチンを摂るためにも、色の濃い果物を2、3加えるようにしたいものです。

また、夏欲しくなるサラダは、肌も欲しいと思っている成分がたっぷり。できれば、トッピング感覚で、砕いたクルミやアーモンドを加えると、オメガ3やビタミンB2, B6の補給にも役立ちます。

ここには出ていませんが、皮を剥いた麻の実は、鉄分、オメガ3、亜鉛などが豊富な食材。ゴマとクルミの間のような味で、ホウレンソウのお浸しなどにふりかけても、グリーンサラダにプラスしても、よく合います。また、細く切った赤ピーマンをスティックサラダで食べたり、グリーンサラダに加えたりするのもおすすめです。

私が最近気に入っているサラダは、スライサーで細く切った人参に、皮をむいてほぐしたオレンジと砕いたクルミを加え、少量のヴィネガーと亜麻仁油(オリーヴオイルでも可)で和えたもの。好みで干しぶどうを足してもグッドです。

夏バテ予防にもなりそうな、これらの食材。上手に取り入れて、夏の紫外線に負けない肌と体力作りをしたいものです。

L'EXPRESS Style

Image via Shutterstock
(冠ゆき)

冠ゆき

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    暑い夏、紫外線に負けずに美肌を保つために欠かせない食材

    FBからも最新情報をお届けします。

    Buy

      • 【FRANCHI社種子】【97/2】パプリカ・赤 QUADRATO D' ASTI ROSSO
      • FRANCHI社
      • by Amazon.co.jp
      • パセリ (みじん切り) (缶) 50g
      • ギャバン
      • by Amazon.co.jp