1. Home
  2. ライフスタイル
  3. アナウンサーが教える、見た目年齢を5歳巻き戻すヒント

アナウンサーが教える、見た目年齢を5歳巻き戻すヒント

アナウンサーが教える、見た目年齢を5歳巻き戻すヒント

「若々しくありたい」とは、誰もが抱く思い。そして大人の女性が目指したいのは、「年相応でありながら、透明感とフレッシュ感にあふれる女性」ではないでしょうか。

今回は、フリーアナウンサーとして活動する末吉里花さんに「若々しさ」についてお話をうかがいました。

「若さのキープも仕事のうち」を叶える5つのヒント

20150930_philips_2.jpg
『日立 世界ふしぎ発見!』のミステリーハンター時代に、サハラ砂漠を3,000km縦断したときの末吉さん。

仕事柄、常に「人に見られる」ということを意識してきた末吉さん。テレビに映る自分の姿を目の当たりにして、落ち込むことも少なくなかったと言います。

「仕事を始めてからは、歩く、食べる、話す、といった見慣れない自分の姿を見てへこんでは、それを直しての繰り返しでした」

「今は、若さのキープも仕事のうち! と肝に銘じています」と笑顔で話す末吉さんに、見た目年齢を5歳巻き戻すヒントを教えてもらいました。

1. 姿勢や手足の所作

20150930_philips_3.jpg

「立っているときも座っているときも、姿勢は常に意識しています。背中を伸ばして胸を張り、あごを引く。これだけでも、仕事中だけでなくレストランなどのリラックスしたシーンでも美しくいられますよ」

末吉さんが実践する座り方がこちら。椅子には浅めに座り、膝をつけます。脚は揃えて少し斜めに。つま先立ちのように甲を伸ばすと足長効果がアップします。

2. 話すときの声色やスピード

「甘えた声で若さを狙うのは、言語道断。おなかから低めの声を出す方が、落ち着いた大人の魅力を演出することができます。自然と緊張も解けますし、ゆっくり話せば説得力も増しますよ」

「シチュエーションにあわせて声を使い分ける」という末吉さん。会議やプレゼンでは説得力のある「大人の声色」を意識してみましょう。

3. 真冬でも徹底して日焼け止め

20150930_philips_4.jpg

透明感に満ちた末吉さんの肌は、メイクさんも絶賛するほど。

「紫外線は肌によくないと聞いてから、真冬でも徹底して日焼け止めを塗るようにしています。ベースメイクも素肌感を生かした自然な仕上がりが好きで、ポイントメイクに重きを置いています」

4. 一日60回のスクワットで体型キープ

20150930_philips_5_1.jpg
写真左:シベリアロケで着た、ヤクート族の男性が真冬に着るトナカイの毛皮の防寒着。写真右:バンジージャンプ発祥の地であるバヌアツ共和国を訪れたときの一枚。

『日立 世界ふしぎ発見!』のミステリーハンター時代は「秘境」担当だったと振り返る末吉さん。なんと6,000メートル級の山にも果敢に挑み、ハードなロケを何度も経験したといいます。

「意外にも体育系なのでしょうね。だから運動はヨガなどのまったり系ではなくて、もっぱらスクワット。一日60回は必ずやります。身体を支えるお尻と腿を鍛えると、姿勢も美しくなり疲れにくい身体になります」

自分にあったストレッチや筋トレを無理なく「続ける」ことは、若々しさのキープに欠かせません。

5. 笑顔からのぞく透明感あふれる白い歯

20150930_philips_5.jpg

そして、末吉さんがもっとも大切にしているのが「笑顔」。

「モットーはKeep on Smiling。いつも笑顔で口角を上げていれば、人や仕事のご縁も舞い込んでくるのではないでしょうか。そして口元からのぞく白い歯は、若々しさを保つ上で大切なポイントです」

歯科医のお墨付き、白い歯を手に入れる方法

歯科で定期クリーニングをしてもらっていた末吉さんが、ドクターにすすめられて始めたのが「電動歯ブラシ」によるケアでした。

「コーヒーや紅茶、赤ワインが大好きでステインの付着を気にしていたのですが、すすめられて使ってみたら、白さ透明感をもたらしてくれてすごくよかったんです。でも、その効果に一番びっくりしていたのは先生でした(笑)」

20150930_philips_7_1.jpg

末吉さんが歯科医にすすめられたのが「フィリップス」の電動歯ブラシ。以来、愛用者となって久しく、現在使用しているモデル「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン」は3代目。ちなみに、フィリップスのソニッケアーは歯科専門家の72%が推奨し(推奨率No.1)、61%が自身も使っている(※1)という信頼のおけるシリーズとして知られています。

「ツルツルになるだけでなく、ツルツルとさっぱり感が長続きするような気がするんです。5つのモードで磨き心地や効果も選べますし、ブラシもよく工夫されているなって感心します。今回ついていた舌磨きブラシは、舌を振動させながら掃除する使い心地がおもしろくて、歯磨きの時間がさらに楽しみになりました」

5つのモードとは、通常磨きの「クリーンモード」のほか、「ホワイトモード」「ポリッシュモード」「ガムケアモード」「センシティブモード」のこと。ニーズとコンディションに合わせてモードを選ぶことができます。また、「ソニッケアーテクノロジー」による音波水流が、歯のすき間の歯垢までとり除いてくれるのも魅力的です。

「専用ケースで持ち運べて、ケースのまま充電できるのもありがたいです。専用のコップに入れて充電できるのも洗面台がスッキリしていいですね」

口元が変われば、見た目年齢は15.8歳も若返る?

さらに、フィリップスのアンケート調査(※2)によると、「口元がきれいな人は実年齢よりマイナス15.8歳も若返ってみえる」という結果が出ているそう。「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン」なら、約1週間(※3)で歯本来の自然な白さに近づけてくれるという心強いアイテムなのです。

20150930_philips_6.jpg

ただ若いだけってつまらない。経験を積んだ自分の方が好きですし、大人になって見返りを求めずに打ち込めるものを見つけられたら幸せですよね。私自身、これからも好奇心をもって常にチャレンジしていきたいと思っています」

「若々しさのヒント」を意識しながら習慣にしていけば、もっと積極的に人生を楽しめそうな気がします。

※1 POHC 2014 Dental Professional Tracking Research 調べ(電動歯ブラシブランド内での比較)。

※2 株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパンによるユーザー調査より。調査期間:2012年7月27〜28日 調査方法:インターネット調査 有効サンプル数:520。

※3 ダイヤモンドクリーンブラシヘッド使用時。個人差があります。

20150930_philips_7.jpg末吉里花(すえよし・りか)

1976年、ニューヨーク生まれ。慶應義塾大学総合政策学部在学中にミス慶応に選ばれる。同大卒業後、アナウンサーとしてテレビやラジオでの活動のほか、TBS『日立 世界ふしぎ発見!』のミステリーハンターとして活躍。現在はシンポジウムなどでの講演活動のほか、2010年よりフェアトレード・コンシェルジュ講座を主宰し、「エシカル協会」を発足するなど活躍の幅を広げる。

フィリップス

撮影/moco.(Kili office)、ヘアメイク/土屋真由美

Sponsored by 大森りえ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. できれば避けたい「気分の浮き沈み」。原因と対策について編集部座談会で考えてみた

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    7. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    アナウンサーが教える、見た目年齢を5歳巻き戻すヒント

    FBからも最新情報をお届けします。