1. Home
  2. ライフスタイル
  3. シンプルはつまらない。93歳のファッショニスタの美学

シンプルはつまらない。93歳のファッショニスタの美学

1,328

シンプルはつまらない。93歳のファッショニスタの美学

今春、ケイト・スペードの広告とCMに登場し、話題となった93歳の女性がいます。彼女の名前は、アイリス・アプフェルさん。モデルのカーリー・クロスの隣で堂々たる演技を披露する彼女は、普段の型破りでド派手な装いから、ファッション界のアイコンとして全米で知られる存在です。

私たちの固定概念を壊してくれる彼女のファッション観に触れてみましょう。

ファッションの基本は、自分のために装うこと

アイリスさんは、1921年ニューヨーク生まれ。大学で美術を学んだのち、インテリアデザイナーとして活躍します。1948年には織物商のカール・アプフェルさんと結婚し、テキスタイル専門の会社「Old World Weavers」を立ち上げることに。2人の生みだすユニークな布地は一躍人気になり、ビジネスは成功します。

アイリスさんが変わった服や小物を集めはじめたのはこの頃。夫婦で世界中を旅し、そこでエスニックテイストの服やクラフト小物を見つけて収集し、身に着けるようになりました。

A photo posted by Iris Apfel (@iris.apfel) on

ド派手なファッションがしっくりと似合う彼女はこう言います。

着る服について誰かに悪口を言われても、傷ついたことはないわ。私は自分を喜ばせるために服を着ているだけ。私の服が嫌いな人がいたとしても、それは彼らの問題。私のじゃない。

AZ QUOTES」より翻訳引用

周りからどう見られるかを心配して、結局無難な服にしてしまうことってよくあります。ですが、「自分のために装う」のがファッションの楽しさのひとつ。この言葉は、そんなファッションの醍醐味を思い出させてくれます。

シンプルはつまらない

A photo posted by Iris Apfel (@iris.apfel) on

アイリスさんのトレードマークが、手首にじゃらじゃらとつけたブレスレット。ひとつひとつボリュームのある腕輪が幾重にも重なっていますが、ここにも彼女のファッションへのこだわりが。

多いほどいいのよ。シンプルはつまらない。

AZ QUOTES」より翻訳引用

彼女の装いの根底にあるのは、「足し算の美学」。たくさんのアイテムを使いながら全体として品よくまとまっているのは、やはり彼女のセンスがなせる業なのではないでしょうか。

センスを磨きたいなら、自分を知ること

A photo posted by Iris Apfel (@iris.apfel) on

アイリスさんは、ファッションセンスを磨く方法について、とても奥深いアドバイスをしています。

服は買えるけれど、センスは買えない。センスを磨く鍵は、自分を知ること。けれど、それって何年もかかるわよ。(中略)ファッションは自己表現だし、つまりは生き方に関わることだから。

AZ QUOTES」より翻訳引用

どう自分と向き合い、どう生きるのか。人生への姿勢がファッションに表れるという、彼女らしいメッセージ。これを聞いてしまったら、もう適当に服を選ぶことなんてできなくなりそうです。

今秋にはイギリスで、彼女の人生を記録したドキュメンタリー『Iris』が公開予定。着ることに真摯に向き合いつづけた女性の生き方に、いま世界が注目しています。

[Buisiness insider, AZ QUOTES, Iris]

photo by Getty images

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    シンプルはつまらない。93歳のファッショニスタの美学

    FBからも最新情報をお届けします。