1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 旅先での「イメージした部屋と違う......」を防ぐ、画期的システム

旅先での「イメージした部屋と違う......」を防ぐ、画期的システム

旅先での「イメージした部屋と違う......」を防ぐ、画期的システム

旅行前、予約サイトを駆使して選んだホテル。口コミや写真も見て、イメージ通りの部屋を完璧に選んだつもりでも、着いてみたら、サイトに載っていた内装の部屋とは違ってがっかり......という経験はないでしょうか。

特に海外のホテルでは、当然あると思っていた設備がそろっていなかった、なんてことも。

ホテルではなく、理想の部屋で宿を探す

最近できた「MyRoomIn」は、そんな「がっかり」を味わわずに済む予約サイト。「ホテル」から選ぶのではなく、「部屋」の条件からパリの宿泊先を選ぼうというのが、数ある他の予約サイトと一味違うところです。

例えば、部屋の条件としては、浴槽があるかどうかはもちろん、何階の部屋か、エレベータはあるか、床はカーペット敷きかフローリングか、二重窓か、ベッドのサイズはどれかなど、事細かな項目から希望の部屋を選べます。もちろん、コーヒーメーカーやミニバー、冷房、タブレット、バスローブの有無など部屋の備品も細かくチェックできます。

当然ながら、ホテルの設備やサービス(駐車場、プール、スパ、空港送迎、Wifiなど)もチェック可能。朝食の時間帯からも選べるので、朝早く出ないといけないときや、朝寝坊をしたいときでも、朝食を摂り損ねる心配がありません。

地名ではなく、地域の特徴とスタイルで分類

更に独自だと思ったのは、ホテルの地域別分類と、部屋のスタイル分類。

地域分類は、地域名ではなく、「エレガントなパリ」「アートなパリ」「歴史のパリ」「魅惑のパリ」「パノラミックなパリ」というようにその特徴で9つに分類したもの。

土地勘がない限り、場所の名前を聞いても、ピンとはこないはず。地域の特徴をこうして一言でまとめてもらうと、イメージも掴みやすいです。

部屋のスタイル分類も、バリエーションに富んでいて、「ボヘミアンスタイル」「クラシック・シック」「レトロ・ヴィンテージ」「工業デザイン」「見晴らし、テラス、庭」など8つの項目に分けられています。内装へのこだわりがある人は、スタイルから部屋を選ぶのもアリです。

MyRoomInに載っている部屋は、すべて写真付き。それも、サイトのスタッフがひと部屋ひと部屋訪れて撮ったもので、手間も時間もかかっていますが、その分信頼できます。現在パリの部屋の選択肢は、約300部屋。年末までには500700部屋に増える予定だそうです。お値段は一泊901200ユーロと、これも幅があります。

来年は、ロンドン、ニューヨーク、ローマ版もオープン予定だそうで、特別な人との特別な旅行の際は、ぜひとも活用したいところ。また、初めてパリを訪れる人にとっても、どんな部屋が待ち受けているのか、最初から分かっていれば、安心感はひとしおでしょう。

イメージ通りの旅の計画には、これから外せないサイトになりそうです。

Direct Matin , MyRoomIn Paris

冠ゆき

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. たったの3つで、ビジネス英語がようやく自分のモノに

    2. みんな、「転職」してよかった? #ホンネ調査

    3. 胸を張って言おう。「私は美しい」/奥田浩美さん

    4. 学校で教えてもらえなかった「文章の書き方」

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. ぷはっ。もしも、飲めば飲むほど綺麗になれるビールがあったなら

    8. 豊かで幸せな40代をおくるために必要なスキル

    9. フィンランドからやってきた、心を軽くする小さな絵本

    10. 純ジャパニーズに聞く! ビジネスで英語を使う時の3つのポイント

    1. 豊かで幸せな40代をおくるために必要なスキル

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 学校で教えてもらえなかった「文章の書き方」

    4. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    5. シンプル。77歳で英語が得意になれた3つの理由

    6. 自由になれた気がした、40の夜/お金にならない学び #4

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. たったの3つで、ビジネス英語がようやく自分のモノに

    9. フィンランドからやってきた、心を軽くする小さな絵本

    10. 高収入の人が毎朝やっていること

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

    3. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    4. 日本一になれた人は365日×10年こんなことを続けてる

    5. 高収入の人が毎朝やっていること

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. ナッツを冷凍してみてよ、もっとおいしくなるから

    8. グーグル面接の奇抜すぎる過去問題、解ける?

    9. メーガン妃に対するエリザベス女王の気遣い、ほっこりする

    10. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    旅先での「イメージした部屋と違う......」を防ぐ、画期的システム

    FBからも最新情報をお届けします。