1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ガイコツモチーフを楽しむ。「死者」と祝うメキシコ流ハロウィン

ガイコツモチーフを楽しむ。「死者」と祝うメキシコ流ハロウィン

ガイコツモチーフを楽しむ。「死者」と祝うメキシコ流ハロウィン

私の住むアメリカでは、ハロウィンのお菓子やデコレーションが店頭を賑わしています。そして、それは日本でも同様かと思います。

10月31日がハロウィン。11月1日と11月2日にメキシコで行われるのが、「死者の日(Dia de los Muertos)」です。ハロウィンとは別行事なのですが、時期が同じために、メキシコ系住民の多いテキサスや南カリフォルニアではこの2つが入り混じって行われることがあります。

「死者の日」はメキシコのお盆

「死者の日」は、亡くなった祖先の魂がこの世に戻ってくるのを迎える行事。日本のお盆と似ています1日には子供の魂が、2日には大人の魂が戻ってくるといわれています。

死者を迎える準備として、祭壇(オフレンダ)を作ります。マリーゴールドの花を飾り、ガイコツの形をした砂糖菓子やお酒などをお供えします。このあたりもお盆とちょっと似ていますよね。

飾り立てた祖先のお墓で一晩中過ごすこともあるそうで、個人的にはこれはちょっと......と思いますが、死を恐れるのではなく、あくまでもユーモラスに楽しく祝うのが本場メキシコ流です。

ガイコツのモチーフがユーモラス

「死者の日」のモチーフはなんといってもガイコツ。でも、ハロウィンのオドロオドロしいものとは、一線を画しています。

そのモチーフが流行るきっかけとなったのは、メキシコのイラストレーター、ホセ・グアダルーペ・ポサダの「La Calavera Catrina(貴婦人ガイコツ)」です。

普通、ガイコツは死を連想させて暗いイメージですが、こちらのガイコツはユーモラス。そして、「死者の日」の仮装やフェイスペインティングが生まれました

ティム・バートンのアートや世界観と通じるところがあるので、こちらのガイコツの方が好きな人も多いかもしれませんね。

今年のハロウィンには、「死者の日」のガイコツモチーフをデコレーションや仮装に取り入れてみると、従来とは一味違った楽しみ方を味わえるかもしれません。

Instagram Blog, Mexican Sug

photo by Getty images

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    2. 疲れる組織は忖度が多く、本音を言わない傾向? 『Google流 疲れない働き方』

    3. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    4. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    ガイコツモチーフを楽しむ。「死者」と祝うメキシコ流ハロウィン

    FBからも最新情報をお届けします。