1. Home
  2. ライフスタイル
  3. エクササイズ後の疲労回復に? ビールの知られざる健康効果

エクササイズ後の疲労回復に? ビールの知られざる健康効果

エクササイズ後の疲労回復に? ビールの知られざる健康効果

がんばって1日の仕事を終えた後に飲む、良く冷えた1杯のビール。苦みと爽やかさが広がり、喉だけでなく気持ちも潤してくれるようで「大人になってよかった!」と思う瞬間です。

アルコールの中では、ワインの健康効果がよく知られています。でも、実はビールにも知られざるうれしい効き目があるとのこと。海外サイト「POPSUGAR」の中から紹介します。

週に1、2杯で心臓まひのリスクが低下

"スウェーデンで最近発表された研究によると、週に1、2杯のビールを飲む女性は、大量に飲酒する人、もしくはまったく飲まない人よりも心臓まひになる確率が30パーセント低いことがわかりました。"

POPSUGAR」より翻訳引用

こちらの研究は、1,500人の女性を対象に50年間かけて行われました。ポイントは週に1、2杯と限定されていること。それ以上でも、それ以下でも効果はないようです。毎日飲むのではなく、週末の夜だけにしたり、おかわりはしないでグラスに1杯を大事に楽しむようにしたいものです。

骨密度の強化

"ビールは、骨を強くすることも明らかになっています。ただし、1日に2杯以上飲むと、逆効果であることに注意が必要です。"

POPSUGAR」より翻訳引用

女性が気をつけたい骨粗しょう症。カルシウムやビタミンDのサプリメント、エクササイズなどの対策がよく推奨されていますが、スペインで1,700人の女性を対象にした研究結果では、ビールを適量飲む女性は、まったく飲まない人よりも骨密度が高かったそう

ただしこちらも、上記と同じように1日に1杯程度の条件つき。もっと飲みたいな......。ぐらいで止めておくのが正解です。

抗酸化物質で免疫力アップ

"ギネスビールは、免疫力を高める抗酸化物質を含んでおり、記憶力も向上させます。色の濃いビールは、少量の鉄分も含んでいます。"

POPSUGAR」より翻訳引用

抗酸化物質=ワイン、と思っていましたが、ビールも同様だったのです。アンチエイジング効果が期待できるのは、女性にはうれしい限り。最近では色も味も濃い目のクラフトビールが人気ですが、抗酸化や貧血防止のためにも歓迎すべきトレンドといえるかもしれません。

エクササイズ後の疲労回復効果

"暑くて汗をかいたときのビールはクールダウンにぴったりな一方で、アルコールが身体の水分を奪ってしまいます。ところが、製造方法を変えることで、ビールはエクササイズ後の疲労回復にとても良い飲み物になりえます。"

POPSUGAR」より翻訳引用

そういえば、この間走ったハーフマラソンのゴール後に地元産のビールをふるまうビアガーデンが用意されていました。そのときは気づきませんでしたが、喉の渇きを癒すだけでなく、失われたエネルギーや栄養分を補給するスポーツドリンクとしての意味もあったようです。

アルコール分で身体から失われる水分を補給するため、エクササイズ後に普通のビールを飲むときはミネラルウォーターをセットで用意しておくと良さそうです。

飲み過ぎは禁物

「酒は百薬の長」というものの、ビールといえばカロリーが気になるし、楽しみではあっても身体にプラスであるとはなかなか思いませんでした。これからはごほうびの1杯がますます美味しく感じられそうです。

ただし、どの研究でも飲みすぎは禁物という結果であることに注意が必要です。体重増加を避ける意味でも「適量を楽しむ」ことをお忘れなく。

POPSUGAR

image via Shutterstcok

田上晶子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ちょっとしたコツで「不安な気持ち」は繰り返さなくなる

    2. 健康で働き続けるために知っておきたい3つのこと

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 人生に行き詰った時、抜け道を見つけるヒントは意外と身近にあります

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. 人間の尊厳を守る仕事をしたい/ソーシャルピーアール・パートナーズ 代表取締役 若林直子さん

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. ヤバイくらいにノイズキャンセリングする最高峰ヘッドフォン

    6. ちょっとしたコツで「不安な気持ち」は繰り返さなくなる

    7. 仕事の人間関係に疲れちゃったら? 孤独とうまく付き合おう

    8. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    9. 健康で働き続けるために知っておきたい3つのこと

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    8. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    9. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    10. 心の痛みは「現状は間違っている」ことを教えてくれる重要なシグナルです

    エクササイズ後の疲労回復に? ビールの知られざる健康効果

    FBからも最新情報をお届けします。