1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 何もしない時間が贅沢。ハンドドリップが楽しめる「ヨダか珈琲」

何もしない時間が贅沢。ハンドドリップが楽しめる「ヨダか珈琲」

何もしない時間が贅沢。ハンドドリップが楽しめる「ヨダか珈琲」

宮沢賢治が書いた短編小説『よだかの星』。

醜い容姿をもった「よだか」は、皆に疎まれ、鷹からは「鷹の名前を使うな」と改名を強要され、故郷を捨て、最後は星となり今も輝き続けている、というストーリーです。

子どもの頃に読んだこの話を思い出したのは、ある一杯の珈琲を飲んだからでした。原宿にオープンしたばかりの「ヨダか珈琲」の店名は、『よだかの星』が由来のひとつでもあります。

待ち時間を楽しめる店

20151008_yodaka_coffee_4.jpg

「ヨダか珈琲」の一番のこだわりはハンドドリップで淹れるコーヒーです。

注文をしてからドリップを開始。その間、店内の好きな席に座って、前面ガラス張りの店内から外の様子をぼーっと眺めるーー。ほんの数分間ですが、ハンドドリップを待っている時間は、とても貴重なものに感じられます。

20151008_yodaka_coffee_3.jpg

そして、出されたのが「ヨダか珈琲」。マグカップにはお店のモチーフになっているヨダかが描かれています。ひと口飲んでみると、苦みがは少なくすっきりとした印象。やさしい飲み口なので、さらっと飲めてしまいます。そして何より、「美味しい」と感じてしまうコーヒーです。

実は、ヨダか珈琲のコーヒーはすべて石川県珠洲市にある二三味珈琲で焙煎された豆を使用しています。能登半島の先っちょ、奥能登といわれる場所で焙煎されたコーヒーを東京で飲めるのは、とても貴重なこと。

20151008_yodaka_coffee_2.jpg

石川で味わった一杯がきっかけ

二三味珈琲の焙煎豆を使っているのは、オーナーが二三味珈琲を飲んで「なにこれ! 美味しい......」と素直に感じたのがきっかけでした。それまでコーヒーは好きだけれどこだわりのなかったオーナーが、二三味珈琲を飲んで感動し、とにかく「誰かに飲んでほしかった、飲める場所が欲しかった」というのがこのお店のオープンのきっかけです。

ユニークなみたらし団子

20151008_yodaka_coffee_5.jpg
「半吉団子」はみたらしとあんこの2種類。「半吉」の焼印にほっこりしました。

そんなオーナーの思いは、コーヒーだけでなくスイーツにも詰まっています。コーヒーショップには珍しい和菓子の半吉だんごもそのひとつ。みたらしとあんこの2種類の味付けは、子どもの頃に食べた素朴な和菓子を思い出させてくれました。

20151008_yodaka_coffee_6.jpg

「よだかの星」の世界のように少しのファンタジーと、生きていくつらさや苦みが入り交じった気持ちになる「ヨダか珈琲」。ひとりでふらっと入りたくなるやさしいお店です。

ヨダかコーヒー

住所:渋谷区神宮前6-14-11 1階電話:03-6712-6950営業時間:11:00〜20:00

text by 篠田慶子, photo by 玉木知哉

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    2. 疲れる組織は忖度が多く、本音を言わない傾向? 『Google流 疲れない働き方』

    3. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    4. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    何もしない時間が贅沢。ハンドドリップが楽しめる「ヨダか珈琲」

    FBからも最新情報をお届けします。