1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 疲労回復にも有効。ハイヒールを愛用しながら足の健康をキープする方法

疲労回復にも有効。ハイヒールを愛用しながら足の健康をキープする方法

1,015

疲労回復にも有効。ハイヒールを愛用しながら足の健康をキープする方法

足をきれいに見せてくれるハイヒールは女性にとってマストアイテム。

でも、1日中ヒールで過ごしたあとの足の疲れは相当なもの。いったいハイヒールは私たちの足にどのような影響を与えているのでしょう? 海外サイトの「BYRDIE」で、ハイヒールと足の筋肉について、興味深い研究結果を見つけたので紹介します。

実験は、マンチェスター・メトロポリタン大学の教授が80人の女性被験者に対して行ったもの。被験者を約5センチメートル以上のヒールを2年以上履いている女性と、歩きやすいフラットな靴をより好んで履いている女性のグループに分けて、ふくらはぎの筋肉の状態をMRIで撮影しました。その結果、

ヒール愛用者は、フラットシューズの愛用者よりも、筋繊維が短い。

BYRDIE」より翻訳引用

ことがわかりました。さらに、

ヒール愛用者のアキレス腱のほうが、より太くて硬い。

BYRDIE」より翻訳引用

というショッキングなデータが。これは、ヒールで歩き続けることで、足の筋肉がじゅうぶんにストレッチできていないことからだと推測されます。アキレス腱は歩く動作に直結する大切な部位。そこが硬いと、足全体の疲労や、足の形にも影響が出そうです。

でもやっぱりハイヒールは履きたいーー。そこで心がけると良いのが次の2つです。

足をストレッチする長時間に渡ってヒールを履くようなときは、休憩時間にふくらはぎのストレッチをして、こまめに足を休めるようにしましょう。家に帰ってヒールを脱いだら、まずは足のストレッチです。

フラットシューズと併用する通勤時はフラットシューズを履く、ハイヒールを履いた翌日はスニーカーにするなど、ヒールを履き続けないように工夫しましょう。

足の健康を損ねてしまっては、せっかくの美脚アイテムも台無しです。足への負担を考えて上手にハイヒールと付き合いたいものです。

BYRDIE

image via Shutterstock

メーテル徹子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    疲労回復にも有効。ハイヒールを愛用しながら足の健康をキープする方法

    FBからも最新情報をお届けします。