1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 疲労回復にも有効。ハイヒールを愛用しながら足の健康をキープする方法

疲労回復にも有効。ハイヒールを愛用しながら足の健康をキープする方法

疲労回復にも有効。ハイヒールを愛用しながら足の健康をキープする方法

足をきれいに見せてくれるハイヒールは女性にとってマストアイテム。

でも、1日中ヒールで過ごしたあとの足の疲れは相当なもの。いったいハイヒールは私たちの足にどのような影響を与えているのでしょう? 海外サイトの「BYRDIE」で、ハイヒールと足の筋肉について、興味深い研究結果を見つけたので紹介します。

実験は、マンチェスター・メトロポリタン大学の教授が80人の女性被験者に対して行ったもの。被験者を約5センチメートル以上のヒールを2年以上履いている女性と、歩きやすいフラットな靴をより好んで履いている女性のグループに分けて、ふくらはぎの筋肉の状態をMRIで撮影しました。その結果、

ヒール愛用者は、フラットシューズの愛用者よりも、筋繊維が短い。

BYRDIE」より翻訳引用

ことがわかりました。さらに、

ヒール愛用者のアキレス腱のほうが、より太くて硬い。

BYRDIE」より翻訳引用

というショッキングなデータが。これは、ヒールで歩き続けることで、足の筋肉がじゅうぶんにストレッチできていないことからだと推測されます。アキレス腱は歩く動作に直結する大切な部位。そこが硬いと、足全体の疲労や、足の形にも影響が出そうです。

でもやっぱりハイヒールは履きたいーー。そこで心がけると良いのが次の2つです。

足をストレッチする長時間に渡ってヒールを履くようなときは、休憩時間にふくらはぎのストレッチをして、こまめに足を休めるようにしましょう。家に帰ってヒールを脱いだら、まずは足のストレッチです。

フラットシューズと併用する通勤時はフラットシューズを履く、ハイヒールを履いた翌日はスニーカーにするなど、ヒールを履き続けないように工夫しましょう。

足の健康を損ねてしまっては、せっかくの美脚アイテムも台無しです。足への負担を考えて上手にハイヒールと付き合いたいものです。

BYRDIE

image via Shutterstock

メーテル徹子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 「最近急に太ってきた。さあどうする?」の正解は

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    6. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 「最近急に太ってきた。さあどうする?」の正解は

    9. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    10. 人生の宝物にはすべて、40歳を過ぎてから出会った/夏木マリさん[インタビュー後編]

    1. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    2. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    7. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    8. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    9. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    10. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    疲労回復にも有効。ハイヒールを愛用しながら足の健康をキープする方法

    FBからも最新情報をお届けします。