1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 目覚めスッキリ。眠りが浅いときにアラームが鳴る目覚まし

目覚めスッキリ。眠りが浅いときにアラームが鳴る目覚まし

目覚めスッキリ。眠りが浅いときにアラームが鳴る目覚まし

朝、起きるのがつらい季節がやってきました。やっとの思いでベッドを出ても、頭がスッキリしない――。私自身も、毎朝の目覚めの悪さに苦労していましたが、朝スッキリ起きられる画期的なアプリを見つけました。

睡眠サイクルを計測して起こしてくれる

20151101_sleep_2.jpg

スマホアプリの「Sleep Cycle」です。スマートフォンを枕の下に置いて眠ると、身体の動きから睡眠サイクルを計測し、最も眠りが浅いときを狙ってやさしく起こしてくれるのです。

よく知られているように、人間は寝ている間に、浅い眠りのレム睡眠と、大脳が休息した深い眠りのノンレム睡眠を繰り返しています。ノンレム睡眠時に無理やり起こされると、頭がぼーっとして、なかなかスッキリしません。

このアプリは、起きたい時間枠を設定し、そのなかで眠りが最も浅いときにアラームが鳴るという仕組み。起床時間だけを設定する普通の目覚まし機能とは違い、人の睡眠サイクルに基づいているので、身体に負担をかけず自然に起きられます。

睡眠の状態をグラフで知る

20151101_sleepapp_1.jpg

さらに優れているのは、目覚まし機能だけでなく、自分の睡眠の分析をグラフで見られること。

何時間眠ったかはもちろんのこと、睡眠の質や、自分が睡眠中にどういう状態でいるのかをビジュアルで見ることができます。

また、その日エクササイズをした、ストレスが多かった、お酒を飲んだ等の状況をインプットすることで、それぞれのファクターが自分の睡眠の質にどう関係するかもひと目でわかります。

スッキリ目覚めて、1日をスタート

ダウンロードの価格はわずか120円。運動量や睡眠サイクルを計測するウェアラブルが流行していますが、新しいガジェットを購入せずとも、すでに持っているスマホにこんな機能が追加できるのが便利です。

まだ使い始めたばかりですが、起きるタイミングによって随分と朝がラクになるということを教えてくれました。

1日のスタートがスッキリすると、仕事の能率も上がるし、何より機嫌よく過ごせます。朝がどうにも苦手、という人に使ってみてほしい、お役立ちアプリです。

Sleep Cycle

ダウンロードはこちらから(itunes store)>>

image via Shutterstock

田上晶子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    目覚めスッキリ。眠りが浅いときにアラームが鳴る目覚まし

    FBからも最新情報をお届けします。