1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 指先、足先、そして髪。先端に宿る美の磨き方

指先、足先、そして髪。先端に宿る美の磨き方

指先、足先、そして髪。先端に宿る美の磨き方

年齢を重ねても若々しい人と、年齢以上にくすんで見える人。その差をつくるのは「清潔感」かもしれません。

他人の目に触れやすい身体の「先端」は、清潔感を左右する場所。今回は指先・足先・髪の最重要ポイントを整えて、年齢に左右されない清潔感を手に入れる方法を紹介します。

指先美人は素爪から

何をするにも目につく「先端」といえば、指先。剥げたマニキュアはもってのほかですが、見落としがちなのが素爪の美しさです。

ネイリストに自宅ケアとしてすすめられたのは、

・お風呂に入ったときに、お湯で指先をふやかして、不要な甘皮を綿棒でそっと押し上げる

・爪の形だけでなく、爪の表面も磨いて整えることを習慣にする。ネイルオイルを塗ってからネイルバッファーで磨くと、オイルが浸透して爪にツヤが出る。

実際にやってみて驚いたのは、ネイルバッファーの威力です。加齢で目立ってくる爪の縦線が取れて、若々しい印象に。マニキュアを塗る時間がなくても自信が持てる指先になりました。

こまめなケアで足先美人

手の指と同じように、足先も大切な「先端」のひとつ。電車に乗ったとき、向かい側に座った人の靴をつい見てしまうことがあります。ペディキュアまで見せるシーンは限られますが、靴のつま先は意外と人から見られているポイントです。

とりわけポインテッドトゥは、つま先が当たって削れやすいのが難点。履いた後はこまめにチェックして、傷んだらリペアに出す、剥がれた色を補うなどのケアが必要です。

また、スニーカーやスリッポンは、ゴムのソールが汚れやすいもの。軽い汚れは消しゴムでこすると落ちます。頑固な汚れは、水で薄めた無水エタノールか、重曹を水で溶いたペーストで磨くのがおすすめ。靴の先がきれいになるだけで清潔感が上がります。

先端ケアの要は、髪

20151117_botanist_hair.jpg

「先端ケア」の最後の要は、やはり髪。服やメイクにお金をかけても、パサついたツヤのない髪では、一気に清潔感がダウンします。

40代になると気になる髪のボサつきやパサつきは、ダメージだけではなく、加齢によるところが大きいのだそう。白髪や薄毛だけでなく、うねった髪や切れ毛が増えることにより、光の反射が悪くなりツヤが失われて見えるのです。

若々しくツヤのある髪を取り戻すには、衰えた髪を補う質の高いシャンプーとトリートメントを使うことが大切。「最近、なんだか髪に清潔感がない――」と感じたら、シャンプー選びを見直す時期かもしれません。

90%以上が植物由来のボタニカルシャンプー

髪は女の命」と言われるくらい、「先端」としての髪の存在感は大きいもの。本気でケアを始めるなら、ぜひ試してほしいシャンプーがあります。

ボタニスト」は、原料の90%以上が植物由来の成分で構成された、人と地球にやさしいシャンプー。せっけん成分(弱酸性)やアミノ酸系活性剤、両性活性剤をバランスよく配合し、頭皮と髪に必要なうるおいを保ってくれる、大人のためのノンシリコンシャンプーです。さらに国内生産で信頼度も◎。

20151117_botanist_item.jpg
ボタニスト」 シャンプー490ml 1,400円(税抜)、トリートメント 490g 1,400円(税抜) うるおい感が強い「モイスト」と、サラッとする「スムース」、それぞれ2種類ずつがラインナップ。

国内の主要通販サイトで3ヶ月連続でランキング1位を獲得し、アメリカやフランスでも人気を博している「ボタニスト」。ライフスタイルに植物を取り入れる「ボタニカル」の理念を取り入れ、植物の恵みで髪の輝きを取り戻すことをコンセプトにしています。

特徴は、肌の皮脂と同じような脂肪酸でできている、植物由来のせっけん成分を使っていること。使ってみると、きめ細かな泡がふんわりとたって、さっぱり洗い上がるのに、しっとり感も抜群です。シャンプーにはセラミド2と大豆由来脂質(PRG-30 フィトステロール)、ナノヒアルロン酸(加水分解ヒアルロン酸)が配合されていて、地肌のうるおいを保ってくれるのだそう。

なお、現在LINE@友達追加で今だけ特別クーポンプレゼント中です>>

トップはふんわり、毛先はしっとり

香りがいいのも「ボタニスト」の魅力のひとつ。果物と花を組み合わせた香りなのですが、シャンプーとトリートメントで香りが違う「ダブルフレグランス」なのです。

ふわっと高く広がるシャンプーの香りと、落ち着きのあるトリートメントの香り。合わせて使うと、より奥行きのある香りになります。女性らしいのに甘すぎず、長く愛用できそうです。

トリートメント剤はうるおい効果が高いので、髪の中間から毛先になじませるだけで充分。ドライヤーで乾かすと、トップはふんわりとボリューム感が出るのに、毛先はしっとりとうるおい、理想のバランスになりました。

指先、足先、そして髪。清潔感あふれる「先端」の印象は、強く鮮明に残ります。まずはこの3か所だけ――と思えば、モチベーションも上がりそう。何よりも自分が心地よくあるために、これからも「先端ケア」を続けていけたらと思います。

ボタニスト

撮影(商品)/西田嘉彰, top image, hair image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. もしも部下が発達障害だったら?

    2. 「何をやっても痩せない」から卒業!

    3. 人を動かすことができるのは、他人の気持ちになれる人

    4. Facebookにサヨウナラ。しあわせな人間関係を呼ぶ4つの習慣

    5. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない。

    6. あなたの目は大丈夫? 働く女性の目元問題、ウソ、ホント。

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. 女は40歳からがもっとも美しい。フランス、イタリアに学ぶ結婚しない生き方

    9. わたしは何をがんばればいいの? 大人美肌の育て方

    10. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    1. 仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

    2. もしも部下が発達障害だったら?

    3. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    4. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない。

    5. ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ5

    6. 45歳過ぎの転職希望者が自信を持っていい、これだけの理由

    7. おしゃべりな人ほど若く見えるのには、ちゃんとした理由があった。

    8. あなたの目は大丈夫? 働く女性の目元問題、ウソ、ホント。

    9. Facebookにサヨウナラ。しあわせな人間関係を呼ぶ4つの習慣

    10. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    1. 性欲がないのは歳のせい? いいえ意外な理由があるんです

    2. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる8つのサイン

    3. 仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

    4. 「週一納豆」が身を助ける。納豆の驚くべきパワー

    5. もしも部下が発達障害だったら?

    6. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    7. 人生早めに身につけておくと得をする12のライフスキル

    8. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    9. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない。

    10. ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ5

    指先、足先、そして髪。先端に宿る美の磨き方

    FBからも最新情報をお届けします。