1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 風邪じゃないかも!? 「鼻」のコンディションが仕事のデキを左右する

風邪じゃないかも!? 「鼻」のコンディションが仕事のデキを左右する

風邪じゃないかも!? 「鼻」のコンディションが仕事のデキを左右する

仕事の"デキ"を左右する要素の大きなひとつに「コミュニケーション」があります。どんなにいいアイデアを思いついても、いくら企画書を上手につくれても、みんなに意図を伝えて共有しなければ始まりません。

人前で話すときに必要なこと

プレゼンや打ち合わせでコミュニケーション力を発揮するには、話す内容の良さはもちろんですが、相手に好印象を与える身だしなみや笑顔も重要。さらに話すスピードや声色も大切にしたいポイントです。

声だけを媒介とする電話ならなおさら。電話口の相手に「お疲れですね」「風邪ですか?」なんて言われないように、いつもクリアな声でいたいところ。声のコンディション管理も仕事のうちと心得たいものです。

「鼻」がコミュニケーションを左右する

声のコンディション管理を考えたとき、はじめに思いつくのは"喉のケア"ではないでしょうか。しかし、喉と同様に気を使いたいのが"鼻のケア"。

鼻声だったり、話している途中で鼻をハンカチで覆ってしまったりでは、せっかくのプレゼンも台無しです。鼻をかんでばかりではメイクも崩れてしまいます。

風邪を引いてしばらく経っているのに鼻づまりが治らない、鼻をかんでもかみきれないなどの不調が続く場合は、別の病気を疑ってみたほうがいいかもしれません。

たとえば「ちくのう症」。ちくのう症のきっかけは風邪が多く、誰でもかかり得る病気なのに、他人事と思っている人があまりに多いのだとか。気になる方は、ぜひセルフチェックをしてみてください。


【「ちくのう症」セルフチェックシート】

・年中鼻がつまって、息苦しい。・鼻をかんでも奥に残っている感じがする。・鼻や口から嫌なニオイがする。・鼻声になる。声がうまく出せない。・鼻がつまって夜眠れない。

詳細なCheckはこちら>>

悪化すると口臭や顔の痛みも伴う可能性が

ちくのう症は、小鼻の脇にある「副鼻腔」に膿がたまることで起こる病気です。症状は慢性的な鼻づまり、粘度のある鼻水など。風邪が長引いていると思い込み、気がついたときには悪化していることも多いため、注意が必要です。

悪化すると口臭の原因となったり、顔や歯、目の周りに痛みを伴ったりすることもあるそう。オフィスや電車などで、口臭のある人が近くにいると「あ......」と気づいてしまうもの。知らないうちに、まわりの人にそう思われていたら、嫌ですね......。

早めに講じたい、ちくのう症のケア

20151207_chikunain.jpg
顆粒と錠剤の2タイプ、好みに合わせて選べます。

そんな「ちくのう症」の早めのケアとして有効なのが「チクナイン(第2類医薬品)です。ちくのう症、副鼻腔炎、慢性鼻炎を改善する9種類の生薬を配合した漢方薬で、1日2回服用します。

そもそも、ちくのう症とは何か? を知らない人が多い中、テレビCMなどでチクナインについては知っていても、実際にどんな薬なのかあまり知られていないと思います。

ちくのう症は誰でもかかり得る身近な病気であること、仕事や日常生活に支障をきたすことを考えれば、チクナインはぜひ覚えておいてほしい薬です。

鼻の不調は、良いコミュニケーションの妨げになるだけでなく、集中力をも低下させる仕事の大敵。さらに、口臭にもつながることを考えれば、放っておくわけにはいきません。

セルフチェックで症状があてはまるな......と思ったら、早めのケアをおすすめします。

チクナイン

撮影(商品)/西田嘉彰, top image via Shutterstock

Sponsored by 大森りえ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ネイティブをムッとさせてない? その英語、実は失礼かもしれません

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「美人収納」で人生まで美しく! プロが教えるスッキリ収納のコツ

    7. 早く聞きたかった!お金を「安全」に増やす5つの質問

    8. 最高の指導法は、教えないこと? 部下の能力を最大限に発揮させるには

    9. 40代女性が目指す理想の女性は誰ですか?/AVIの「工夫美容」#11

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    3. 最高の指導法は、教えないこと? 部下の能力を最大限に発揮させるには

    4. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. ネイティブをムッとさせてない? その英語、実は失礼かもしれません

    7. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    8. 「美人収納」で人生まで美しく! プロが教えるスッキリ収納のコツ

    9. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    10. 早く聞きたかった!お金を「安全」に増やす5つの質問

    1. アボカドを一晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. はじめは魅力的な人に見える「ソシオパス」の10の兆候

    7. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    8. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    9. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    10. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    風邪じゃないかも!? 「鼻」のコンディションが仕事のデキを左右する

    FBからも最新情報をお届けします。