1. Home
  2. ライフスタイル
  3. あわただしい年末の日々にうるおいを。「落とすこと」の大切さ

あわただしい年末の日々にうるおいを。「落とすこと」の大切さ

あわただしい年末の日々にうるおいを。「落とすこと」の大切さ

いつものあわただしい毎日が、さらに忙しくなる年末。スケジュールは忘年会や会食などで詰まってきて、なんとなく気持ちが焦ってしまいます。

予定が詰まると、毛穴も詰まる!?

そんなある日、ふと気になった「小鼻の黒ずみ」。手で触ってもザラザラして、毛穴が詰まってる、という感じ。取り急ぎファンデーションの厚塗りでごまかしましたが、夕方になると毛穴落ちして、かえって目立つという哀しい結果に......。

そういえば最近、時間の余裕がなく、メイク落としが雑だったと大反省。あわてて洗顔ブラシを使ったり、思いあまってボディ用の絹タオルでこすってみたりしたのですが、一時的にツルっとしてもすぐ元に戻ってしまいます。

毛穴パックは刺激が強そうだし、このままではパーティ用のメイクも台無しです。予定が詰まってきたら、毛穴も詰まった――なんて、洒落になりません。

忙しい女性こそ「落とすこと」が大切

ちょっと高価なスキンケアや、カバー力のある化粧品。このところプラスのケアにばかりに目がいって、基本となる「落とすこと」の大切さを忘れていたような気がします

メイク汚れはきちんと落とさないと、スキンケアの成分がきちんと作用せず、肌のコンディションが悪くなる。結果、厚化粧でごまかす悪循環にはまってしまいます。

ハリが失われてくる年齢を重ねた大人の肌は、毛穴がたるみ、汚れや皮脂がたまりがち。若いころとは違う毛穴ケアに目を向ける、いいタイミングなのかもしれません。

ホットな「温感ジェル」でアプローチ

20151201_skinvill_item.jpg
skinvill ホットクレンジング ジェル 200g 1,886円(税抜)

私にとっての「理想のクレンジング」を考えてみると、まず思い浮かぶのは、短い時間でメイクや皮脂の汚れがしっかり落ちること。それでいて、肌にやさしいこと。

さらに欲を言えば、使う楽しさがあるとベストです。そんなわがままな希望に応えてくれたのが、「skinvill(スキンビル) ホットクレンジング ジェル」でした。

美容液成分が90%も配合された、こちらのクレンジング。手の平に出すと、ジワっとあたたかくなります。顔に伸ばすと、ぽっと上気するような感覚で、気持ちいい! この「温感毛穴洗浄」が、毛穴の汚れを浮かし、包み込むように落としてくれるのです。

忙しい女性にとってうれしい点は、ダブル洗顔がいらないこと。贅沢に配合された美容液成分と植物系エキスのおかげで、化粧水もいらないほどの吸いつくような肌に洗い上げてくれます。

パラベン、エタノール、合成香料、タール系色素、鉱物油、紫外線吸収剤、シリコンを使わない「7つのフリー」を実践し、敏感肌の人でも安心です。

なお、現在skinvillでは、LINE@の友だち追加で最大1,000円OFFクーポンのプレゼントキャンペーンを実施しています。

ダブル洗顔不要でしっとり肌に

使う前は「ダブル洗顔不要なんて本当?」と半信半疑でしたが、試してみて納得。使用中は吐く息も熱く感じるほどの「ホット感」が秀逸で、毛穴を開かせ、汚れをしっかり絡めとって落としてくれます。

1回で「落ちた」という実感があるから、ダブル洗顔をしなくても不安になりません。乾燥肌の私としては、洗い過ぎが防げて一石二鳥です。

おだやかな洗浄作用なので、メイク落としだけでなく、素肌の洗顔にもおすすめ。寒い朝でも苦がなく洗顔できて、血行が良くなるせいか、化粧ノリまでアップする気がします。

このところ、朝は水洗顔で済ませていたのも、毛穴詰まりの原因だったのかも。朝晩のホットクレンジングをしばらく続けたら、小鼻の黒ずみは目に見えてすっきりしてきました。

理想の肌に近づくには、何かをプラスする前に「落とすこと」が大切。この調子で毛穴詰まりを一掃できたら、なにかと人に会う機会の多い年末の日々を気分よく過ごせそうです。

skinvill ホットクレンジング ジェル

撮影(商品)/西田嘉彰, top image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    あわただしい年末の日々にうるおいを。「落とすこと」の大切さ

    FBからも最新情報をお届けします。