1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 老け印象の80%は紫外線が原因!? 肌が欲しがる意外なもの

老け印象の80%は紫外線が原因!? 肌が欲しがる意外なもの

老け印象の80%は紫外線が原因!? 肌が欲しがる意外なもの

年齢を重ねるほど、増えてきた肌のトラブル。乾燥、小ジワやシミ、たるみといった定番に加えて、最近は口元のブルドッグラインが悩みです。冬の乾燥のせい? と思っていたところ、意外な原因があることがわかりました。

肌が老けてみえる原因は、年齢よりも「紫外線」

冬に特に気になる乾燥は、加齢による角質のバリア機能の低下や、夜更かし・不規則な生活習慣のほかに、紫外線も原因であるといわれているのです。特に、冬でも比較的多く降り注ぐUV-Aには注意が必要。知らない間にダメージが蓄積されているかもしれないのです。

紫外線がもたらす影響は、乾燥だけにとどまりません。なんと「肌ダメージの80%の原因は紫外線加齢によるダメージは意外にもわずか20%」という研究結果があるほど。

肌は、紫外線と、紫外線を浴びることなどで体内に増えるフリーラジカル(活性酸素)によってダメージを受けます。その結果、乾燥・シミ・シワ・たるみ・くすみ・ザラつき肌・黒ニキビといったトラブルに。紫外線による肌ダメージは、まとめて「光老化」と呼ばれています。

「光老化」の救世主はビタミンA!

20151217_environ_2_1.jpg

実は「光老化」は、正しいケアをすれば、すでに受けてしまったダメージを補修できるというのです。そのカギを握るのがビタミンA。ビタミンAは、新しい健康な細胞を生み出す力をサポートするといわれています。

一方でビタミンAは、紫外線によって壊れやすい性質の持ち主。UVケアをしつつ、毎日しっかりビタミンAを補給することが大切になってくるのです。

「補給には内側からと外側からの2つの方法があります。内側からの補給法は、ビタミンAを豊富に含む食品、たとえばニンジン、ほうれん草などの緑黄色野菜やレバー、うなぎ、バターなどを毎日の食生活でしっかり摂取すること。もう一つは、スキンケアによって皮膚へビタミンAを補給する「塗るケア」です。」

Aケア協会」より引用

世界70か国の美容医療界で人気のドクターズコスメ

20151217_environ_3_1.jpg

肌にビタミンAを補給する。この発想から開発されたコスメが「エンビロン」です。「エンビロン」は、高濃度のビタミンAを配合することで、肌の自己再生力を引き出してくれるドクターズコスメ。その歴史は、1987年に南アフリカ共和国で始まりました。

紫外線大国といわれる南アフリカで、皮膚ガンを含めた皮膚トラブルについての研究をスタートさせたDr. デス・フェルナンデス。彼は、肌ダメージに対するビタミンAの有効性と、スキンケアでとり入れることの大切さを見出し「エンビロン」を生み出したのです。

現在では、世界70か国、国内1800か所以上のクリニックや美容サロンで採用されている「エンビロン」。日本では長い間、対面のカウンセリング販売に限られていましたが、数年前に待望のインターネット販売を解禁しました。

ステップアップ方式で、肌力をあげていく

ビタミンAの配合レベルを5段階にわけた、独自のステップアップシステムも「エンビロン」の特徴のひとつ。インターネット購入は「スタートセット」と「ステップ1」まで。ビタミンAの配合濃度が高い「ステップ2~4」は、プロのカウンセリングを受けながら購入していく仕組みです。

エンビロン」は、化粧水を使わずにジェルとクリームだけでお手入れが完了するシステム。水ではなくジェル状にすることで水分の蒸発を防ぎ、浸透も高まります。また、ビタミンAは脂溶性で水に溶けにくいことから、この方式が生まれたのだそうです。

「ニンジン色」が驚きのハリ感を届けてくれる

さっそく、今だけ特別にミニサイズのクレンジングジェルがついた「モイスチャースタートセット」(6,000円・税抜)を使ってみました。

ぷるんとしたジェルとクリームのニンジン色は、ベータカロテンなどの成分そのままの色。肌にのばすと、ほのかに甘い香りがします。あっという間に肌になじんで、手のひらがぴたっと吸い付くような密着感。忙しいときには、ジェルとクリームを手のひらで混ぜてから使っても大丈夫なのもうれしいところです。

20151217_environ_4.jpg

モイスチャースタート」に配合された「プロビタミンA」は、肌の内部でビタミンAに変化し、紫外線ダメージをケアしてくれる賜物。つけた翌朝の肌はつるつるで、昔に戻ったようなパンとしたハリ感が。使っていくうちに毛穴もしまってきた印象です。デリケートな肌にも使えるやさしい処方なのに、さすがはドクターズコスメ、と唸らせられました。

もちろん、防腐剤や着色料は不使用。成分の劣化を防ぐために、容器はチューブ型にし、開口部もごく小さくなっています。商品の裏側には、使用期限の刻印もしっかりと。開封後は12週間以内に使い切るのが理想です。

クレンジングジェルと合わせて、3ステップ(ジェルとクリームを混ぜて使えば2ステップ!)でお手入れ完了という手軽さは、忙しい毎日にぴったり。冬になると、クリーム、オイルとアイテムを追加していたけれど、肌そのものが元気になれば塗り重ねなくても十分なんだ! と実感。この冬は、ビタミンたっぷりのスキンケアで乗り切りたいと思います。

エンビロン, オンラインショップ

撮影(商品)/中山実華

top image, vitamin A, woman via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    老け印象の80%は紫外線が原因!? 肌が欲しがる意外なもの

    FBからも最新情報をお届けします。