1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 朝の選択が1日のパフォーマンスを決める。「最高の自分」であるための紅茶習慣

朝の選択が1日のパフォーマンスを決める。「最高の自分」であるための紅茶習慣

朝の選択が1日のパフォーマンスを決める。「最高の自分」であるための紅茶習慣

働く女性なら、時間のない朝は無駄を省き、効率良くスマートに支度を済ませたいもの。とはいえ、すっきり目覚められず気分の冴えない朝もありますよね。遅くまで残業した日や、楽しく過ごした夜の翌朝は、1分1秒でも長く寝ていたくて......。なんとかベッドから這い出ても、頭はぼんやり。

メイクは上手く乗らず、コーディネートも決まらず、イライラが募るばかり。いつもは一度で決まる簡単なまとめ髪まで、何度やっても美しくまとまらない!

朝の身支度の前に「一杯の紅茶」の習慣を

20160120_lipton_mid.jpg

そんな気持ちでは仕事にも影響が出て、パフォーマンスは最悪。たとえ細かいミスでも、続けば大きなミスにつながってしまうことも。

そこで、朝の身支度の前に「一杯の紅茶」を取り入れてみることに。ベッドから出たら、洗顔前に電気ケトルのスイッチをオン。手軽に淹れられるティーバッグ式の紅茶なら、準備も片付けもあっという間です。

さあ、身支度に入る前に、紅茶をいただきましょう。体がじんわり温まり、心も落ち着いてきて、いい感じ。紅茶に含まれる「テアニン」にはリラックス効果があると言われ、さらに集中力も高めてくれるのだとか。

カフェインとの相乗効果で頭もすっきりクリアに。服や靴、アイシャドウの選択も完ぺき。気分が上がってきた! これなら「最高の自分」で仕事に挑める。朝の紅茶習慣を続けていけば、イライラしがちだった毎日が一変して、人生そのものが変わりそう。

ちょっと余裕のある週末にはゆったりと紅茶で朝食を

20160120_lipton_mid2.jpg

とにかく時間をかけたくない平日に比べ、ちょっぴり時間に余裕のある週末。そうだ、平日よりちょっと手をかけて、紅茶に合いそうな朝食を用意してみよう!

カンパーニュにクリームチーズを塗るところまではいつも通りだけど、そこにスモークサーモンとアボカドをトッピングして上質なオリーブオイルを垂らせば、見た目も華やかなタルティーヌに。もう1枚にはイチゴのジャムをのせてスイートなタイプも。ポットにたっぷり用意した紅茶との相性も抜群です。ゆったりと流れる時間の中、忙しかった平日の疲れがほぐれ、リラックスしていくのを感じます。

せっかくだからと、朝の光の中でおしゃれな写真を撮ってインスタにアップしたら、いつもおしゃれな女友達からさっそくLike! 何だか充実した週末を過ごせそうな予感。

Instagramに「#リプトンひらめき朝食」で写真をUP!>>

忙しい女性の味方、「リプトン イエローラベル」

平日のオンタイムも週末のオフタイムも「最高の自分」でいられるようになった秘密は、紅茶にも含まれるテアニンとカフェインテアニンにはリラックス効果があると言われ、カフェインとの相乗効果で集中力も高めてくれるのがいいみたい。

さらに「リプトン イエローラベル」には、忙しく働く女性にうれしい特徴が。そのひとつが「ティーエッセンス」を配合するという独自の技術。自社茶園の摘みたての茶葉から、おいしさと香りのつまったエッセンスを絞りとり、発酵させた茶葉に足しているのだとか。短時間で淹れたとは思えない贅沢な味わいと香りが、リラックスとひらめきをもたらし、大人の女性の1日を豊かなものにしてくれるんですね。

また、もうひとつの特徴がピラミッド型のティーバッグ。お湯を注ぐと立体的なピラミッド型の中で茶葉がジャンピングするので、まるで茶葉からティーポットで淹れたようなおいしい紅茶が手軽に淹れられるんです。

20160120_lipton_item.jpg
「リプトン イエローラベル ティーバッグ」左から10袋、25袋、50袋

忙しい女性の味方、「リプトン イエローラベル」を飲んで、平日も週末もベストコンディションをキープしましょう。

Instagramで「リプトン ひらめき朝食」キャンペーンを実施中

朝の紅茶習慣についてもっと知るなら>>

朝食シーンにぴったりなリプトン オリジナルグッズが当たる! プレゼントキャンペーンはこちら>>

リプトン イエローラベル]写真/網中健太(SECESSION)

文/醍醐由貴子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. ポイントは1日2時間の空白をつくること。「超一流」の手帳術

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今度は、ほぼチワワ。でも、吸引力に自信あり!

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    7. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    8. 働くひとの幸福を考えると、おのずと企業や社会が成長する理由

    9. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    10. 思わずため息。時を忘れるパール展

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    6. ポイントは1日2時間の空白をつくること。「超一流」の手帳術

    7. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    10. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    5. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    9. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    10. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    朝の選択が1日のパフォーマンスを決める。「最高の自分」であるための紅茶習慣

    FBからも最新情報をお届けします。