1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「私、老眼かも」の一言が重い。自虐アラフォーにならないために

「私、老眼かも」の一言が重い。自虐アラフォーにならないために

「私、老眼かも」の一言が重い。自虐アラフォーにならないために

Sponsored by ジョンソン&ジョンソン

私たちは、「アラフォー」「40代」という響きに敏感になりすぎているのかもしれません。それはただの数字であり、いまどきの大人の女性たちはとてもアクティブ。年齢を超越した若々しさと美しさをキープしています。

それなのに、年齢を意識するあまり自信が持てなくなり、つい「私はもうおばさんだから」などと口走っていませんか?

年下への謙遜や遠慮のつもりかもしれないけれど、その自虐的な発言、実は周囲にかなり気を遣わせているようです。

若者を困らせる自虐アラフォーのセリフ集

アラフォー女性がつい発言しがちな自虐発言。あえて自分から口にして笑いに還元することで、「私は年齢をわきまえているから大丈夫!」と周りの心を軽くしているつもりかもしれませんが......。

20160205_oneday_mid.jpg

「若い人たちだけで飲みに行っておいでよ」

若手の部下たちから飲みに誘われたとき。「上司がいないほうが気兼ねなく楽しめるだろう」という、大人なりの配慮かもしれませんね。

気軽に誘った年下側からすると、かえってトーンダウン。「仕事が残っているから、また今度誘って」など断り方はいくらでもあるのに、あえて年齢の壁を強調してしまうのが、自虐アラフォーの悲しいサガ。

「白髪が目立つから明るく染めたの」

若者に「髪の色、明るくなりましたね」と声をかけられたとき。「気分転換で色を変えてみたの」とさらりと流せばいいのに、「白髪隠し」であることをみずから発言してしまう。

先輩のイメチェンに対して素直にすてきだと思って声を掛けた若者に、「墓穴を掘ってしまった......」と後悔させてしまいます。あなたが敏感になっているほんの数本の白髪のこと、周囲はほとんど気づいていません。発表しなくていいんです。

「これって四十肩かな」

ロッカールームで制服のファスナーを下ろすときや、棚の上の物を取るシーンで、肩に痛みを感じてついこのセリフを呟いてしまったこと、ありませんか?

確かに四十肩なのかもしれません。あるいは「ただの肩こり」の可能性のほうが高そうです。それなのに、いきなり「四十肩」という老化現象の重いボールを投げつけらたら、若者はうまくキャッチできません。

「私もウェディングドレス、着たいな」

後輩の結婚式の写真を眺めながら、思わず口を突いて出たこのセリフ。あまりの幸福そうなその姿に、あなたは「きれいだな、いいな」と心の底から思ったのでしょう。重ねて「私にはもう着るチャンスはないんだろうけど......」などと大砲を放ったら、さあ大変。「きっと似合いますよ〜」「先輩、きれいだから、これから出会いがありますって!」と、フォロー合戦の開始です。

そもそも結婚にもドレスを着ることにも年齢制限はありません。「もうチャンスはない」とあきらめて自虐キャラに走るから、婚期が遠のいてしまうのかも。

「そろそろ老眼みたい」

自虐アラフォーにありがちなのが、書類に目を通すときだけ眼鏡をかけ、「私もそろそろ老眼みたいで」と言うこと。否定できないアイテム(=老眼鏡)を装着した状態で自虐されたら、言われた側はどうすることもできません。

ほかにも、焦点を合わせようと目を細めることで睨んでいるように見えたり、顎を引いて老眼鏡の上から見つめたりする行為も、年下からするとヒヤヒヤ。

「老眼」を自虐せず前向きに捉えて

「老眼」を周囲に声高に伝える必要はないとはいえ、当事者だって加齢のサインにショックは隠せないですよね。確かに自虐でごまかしたくなるもの......。

でも、ネガティブになる必要はありません。老眼は誰しもが経験するからだの変化。原因のひとつに「目のピント調節の酷使」があります。つまり仕事で長時間、パソコンや書類と向き合ってきた女性にとって、老眼は「今まで頑張ってきた証(キャリア)」=「キャリアアイ」なのです。

周囲に老眼を悟らせずに自虐回避できるアイテムが、「遠近両用コンタクトレンズ」です。

老眼鏡と違って、周囲に気付かせることはありません。ファッションやメイクだってこれまで通り楽しめるし、老眼に煩わされず、活発に生活を送れます。まさに、「キャリアアイ」の兆候が出はじめたアラフォー女性の頼もしい味方。

20160205_acuvue_item.jpg

「ワンデー アキュビュー® モイスト®マルチフォーカル

1箱30枚入り(オープン価格)

今年で25周年を迎えるジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーから、満を持して登場した遠近両用コンタクトレンズ「ワンデー アキュビュー® モイスト®マルチフォーカル」。

年齢や屈折度数によって一人ひとり異なる「瞳孔(=黒目の大きさ)」に合うよう、171種類ものレンズ設計。セミカスタマイズ(※1)が可能です。そして涙を引き寄せる独自の保湿テクノロジー(※2)により、着け心地は快適(※3)。

さらには、有害な紫外線(※4)をカット。裸眼で紫外線を浴びてしまうと水晶体のタンパク質が変性して硬くなり、その蓄積がキャリアアイの進行につながると考えられているので、コンタクトレンズを選ぶ際には重要なポイント。

「ワンデー アキュビュー® モイスト®マルチフォーカル」の力を借りて、キャリアアイを誇りに堂々と胸を張っていきましょう。

※ 1 加齢や屈性度数によって異なる瞳孔径に合わせて、度数分布を最適化し、171種類の異なるレンズ設計を適用しました。

※ 2 ラクリオン® テクノロジー:ジョンソン・エンド・ジョンソン独自のテクノロジー名。レンズ素材であるetafilcon Aに、涙の成分に似た保湿成分を取り込みました。その保湿成分は持続的にレンズ内に閉じ込められ、装用時間中ずっと流出しません。

※ 3 装用感には個人差があります。

※ 4 Johnson & Johnson VISION CARE, INC. データより。UV吸収剤を配合したコンタクトレンズは、UV吸収サングラスなどの代わりにはなりません。本製品の使用と、紫外線に起因する眼障害リスク低減の関係については、臨床試験において認識されておりません。

ワンデー アキュビュー® モイスト®マルチフォーカル

◎コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず事前に眼科医にご相談のうえ、検査処方を受けてお求めください。

◎ご使用前に必ず添付文書をよく読み、取扱い方法を守り、正しく使用してください。

販売名:ワンデー アキュビュー モイスト

承認番号:21600BZY00408000

top,woman image via Shutterstock

撮影(商品)/中山実華 文/藤田佳奈美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    4. 『スター・ウォーズ/エピソード9』キャスト決定! 気になるレイア役は?

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 思わずため息。時を忘れるパール展

    7. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    8. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    9. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    10. 年相応の格好は逆に老けて見える? 大好きなものを着るのが一番なのです

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    9. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    10. 仕事で悔しい思いをしたときにおすすめのドラマ。元気出るよ〜

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    4. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    5. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    6. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    10. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    「私、老眼かも」の一言が重い。自虐アラフォーにならないために

    FBからも最新情報をお届けします。