1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 身体ってこんなにも美しい。「ヌード写真」だけのインスタグラムが教えてくれること

身体ってこんなにも美しい。「ヌード写真」だけのインスタグラムが教えてくれること

10,803

身体ってこんなにも美しい。「ヌード写真」だけのインスタグラムが教えてくれること

先日、カフェグローブでカラダについてのアンケートがありました。年を重ねると、若いときとは違った身体の悩みが増えてきます。

そんななか、人間の身体の美しさをシンプルに表現したインスタグラムを見つけました。

フォロワー28万人。ヌード写真だけのインスタグラム

インスタグラムを始めてわずか6か月で、28万を超えるファンにフォローされている「ヌード・ヨガ・ガール」さん。

その名の通り、インスタグラムにあるのは、裸でヨガをしている彼女の画像ばかりです。

わかっているのは、彼女が25歳の写真家・モデル・ヨギー(ヨガ実践者)ということだけ。

ヨガ歴2年の私にはとうていできないような難しいポーズが並んでいて、「すごい!」と思うのですが、それ以上にモノクロ画像の美しさに惹かれました。

写真は、ボーイフレンドの協力を得て自宅のスタジオで撮影し、一部は加工しているそうです。

載せる写真からは、不必要なものをすべて取り除きたかったのです。ソーシャルメディアでヌードはタブーだけれど、インスタグラムに載せた、生々しさをさらけだした画像は、私が伝えたいことを表現しています。

Instagram」より翻訳引用

インスピレーションが湧くコメントも人気

「ヌード・ヨガ・ガール」さんのインスタグラムが人気なのは、美しい画像だけが理由ではありません。彼女が添えるコメントも、とてもインスピレーショナルなのです。

ヨガは誰にでも向いていると思います。太っていても、身体が硬くても、スポーツ苦手でも......じっくりと座って、リラックスして、自分の呼吸に耳を傾けられなくても大丈夫。

バランスがとれなくっても、ヨガをやったことがなくても、全然かまわないのですよ。

だって、ヨガは、パーフェクトじゃない人にとってパーフェクトだから(皆そうだよね?)ヨガをやるととても気持ちがいいし、受け入れる気持ちがでてくるから、そう思うのです。

Instagram」より翻訳引用

ほかにも、勇気や心身の健康などについて、元気をもらえるコメントがたくさん。

身体の芸術性を教えてくれる

「ヌード・ヨガ・ガール」さんのポーズのラインの美しさや陰影を見ていると、身体の芸術性を感じてきます。彼女は背も高くてスタイルもいいけど、そうでなくたって、誰かしら何かしらの輝きがあるはず。

100パーセント完璧な人などいないのと同じように、100パーセント不完全な人もいないのです。

「こうだったらいいのに」と思う部分は横に置いておいて、自分がいいと思うところに目を向けてみましょう。

たとえば、爪がきれいだとか、セクシーなほくろがあるとか、自分で好きなところや恋人からほめられた部分はありませんか。外見ではなくても、手先が器用だとか、めったに風邪をひかないとか、何かしらプラス部分があるはず。

年を重ねてゆくとマイナス面ばかりに目が向いてしまうけど、ときにはカラダを見つめ直して、もっとほめてあげていいのかもしれません。「ヌード・ヨガ・ガール」さんのインスタグラムを見ながら、そんなことを感じました。

Self, NudeYogaGirl

image via Shutterstock

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    身体ってこんなにも美しい。「ヌード写真」だけのインスタグラムが教えてくれること

    FBからも最新情報をお届けします。