1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ホワイトデーがないアメリカ。3月14日は「パイの日」を祝う

ホワイトデーがないアメリカ。3月14日は「パイの日」を祝う

3,539

ホワイトデーがないアメリカ。3月14日は「パイの日」を祝う

3月14日はご存知、ホワイトデーです。でもこれは日本だけの習慣。海外ではこの日は「パイの日」なんです。「パイ」といっても食べるほうではなく、3.14......から始まるπ(円周率)のほう。

Π(pi)が英語の発音ではpieと同じことから、この日にパイを食べるのが広まってきています。なかには、ダーレン・アロノフスキー監督の1998年の映画『π』を鑑賞する人たちも。

2009年には、アメリカの下院でも「National Pi day」と定められてもいます。

おいしいパイを食べる口実に

近年には、このパイの日に特別なパイが各地でお目見えしています。

Would you like a Pi? The lame pun-bake continues with a chocolate and peanut butter tart.

Liz Hoさん(@3li2)が投稿した写真 -

このチョコレート&ピーナツバターのタルトには、πが美しく描かれています。なかなか芸術的。

#pi #pie #pumpkinpie #314 #smart #delicious #pietin #piedish #pipie

Q.D.B.さん(@qdb1994)が投稿した写真 -

これも力作。円周率が載ったパンプキンパイ。どうやって細かい数字を入れたのでしょう? インパクト大です。

シアトルのパイ屋さん「pie」では、先週「あと6日!」という店頭広告もお目見え。なかなか盛り上がっています。14日には、どんなπパイが食べられるのでしょうか。

πのオモシログッズで楽しむ

この「パイの日」の関連グッズもいろいろと出回っています。私のお気に入りのオンラインストア、「UncommonGoods」のラインナップはこんな感じです。

20160314_01.jpg
© uncommongoods.com

描いてある数記号を英語読みすると「i eight sum pi.」。つまり、「I ate some pie.(パイを食べた)」となる、言葉遊びのおもしろいプレートです。これでパイの日にパイを食べたらπの三乗?

20160314_02.jpg
© uncommongoods.com

円周率がデザインに組み込まれたのが、こちらのボウルシリーズ。遊びゴコロとデザインと機能がうまく融合して、美しいフォルムに仕上がっているのが気に入りました。

20160314_04.jpg
© uncommongoods.com

甘党でない人は、こちらのグラスでお酒を楽しむのもいいかも。テストに出るわけではないので、リラックスしてデザインが楽しめます。

3月14日は、「円周率の日」のほかにも、アインシュタインの誕生日でもあり、また日本では、1997年から数学の日ともされているそう。ホワイトデーは、おいしいパイでお祝いしてもいいですね。

Instagram,Pi Day

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 博学多才タイプ

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    ホワイトデーがないアメリカ。3月14日は「パイの日」を祝う

    FBからも最新情報をお届けします。