1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 【Vote】春のポイントメイク、何色を選ぶ?

【Vote】春のポイントメイク、何色を選ぶ?

【Vote】春のポイントメイク、何色を選ぶ?

桜の開花宣言が待ち遠しい、今日このごろ。

新しい出会いが待っている春だから。ワードローブを入れ替えるように、メイクもリニューアルして、明るく華やかにスタートを切りましょう。

こっくりしたモード系メイクがトレンドだった今冬から心機一転。

この春、リップやチークはどんなカラーを選びますか?

本当に自分が似合うカラーを知っている人は、どんな着こなしでも、ラフなヘアスタイルでも、粋にお洒落に見えるもの。重ためのグラデーションを脱ぎ捨てて、ほんのりナチュラルな旬メイクがオン/オフ両対応の好感度を引き出してくれます。

抜け感が大人にマッチするTHREEのルージュライン

国産のオーガニック原料を使用し、毎シーズン、女心をくすぐるコレクションを展開しているコスメブランド「THREE(スリー)」。

2016年春夏の新色グロスは、ふんわりした和の色彩とグラマラスなテクスチャが、愛らしく洗練された大人女性の口元を演出。

若々しい輝きはチークから。表情に立体感をプラス

濃淡カラーが混ざり合った粒子を、頬の上で円を描くようにオン。立体感のある華やかな顔立ちに仕上がります。発色の良さとキープ力は折り紙つき。

しっかりつくけど濃すぎない。人気のクリームチーク

近年、ベース&ポイントともに人気が復活しているウェットタイプ。専用スポンジでポンポンと頬にのせれば、しっとり明るい発色が実現。カサつきや粉浮きがないうえ、ベタつかず自然な仕上がりが得られます。

指でも塗れる、長時間キープのアイカラー

ブラシや指の腹でまぶたにのばすだけ。つややかな発色が目元を明るくしてくれます。ナチュラルに見えてカバー力あり、よれにくいので化粧直しの手間も減りそう。汗や皮脂に強いウォータープルーフは、気温が上昇するこれからの季節にピッタリです。

メイクを少し変えるだけで、驚くほど印象は変わるもの。クールな冬メイクから軽やか春メイクへと着替えたら、いち早くロマンスを見つけに行きませんか?

【Vote】ハワイ、台湾、NY...今、行きたい海外旅行先はどこ?

【Vote】走る、筋トレ、それとも水泳!? どんな運動してる

image via Shutterstock

(カフェグローブ編集部)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 子どもに幸せな人生を送ってもらうカギは、幸せの伝染?

    8. 戦略上手だねって言われたいなら、この3つを押さえよう

    9. 離婚や介護問題にユーモアを忘れず立ち向かうために

    10. ウィーンの料理と雰囲気を楽しめるお店は、ここに

    1. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    2. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    3. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    4. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    5. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    6. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    7. 若手社員に「仕事の断り方」を聞いてみたら回答が斜め上を行っていた

    8. 貯金が得意な人の特徴が、全然当てはまらなくてグサッとくる......

    9. 博学多才タイプ

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    8. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    9. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    10. 心の痛みは「現状は間違っている」ことを教えてくれる重要なシグナルです

    【Vote】春のポイントメイク、何色を選ぶ?

    FBからも最新情報をお届けします。