1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 【Vote】春のポイントメイク、何色を選ぶ?

【Vote】春のポイントメイク、何色を選ぶ?

【Vote】春のポイントメイク、何色を選ぶ?

桜の開花宣言が待ち遠しい、今日このごろ。

新しい出会いが待っている春だから。ワードローブを入れ替えるように、メイクもリニューアルして、明るく華やかにスタートを切りましょう。

こっくりしたモード系メイクがトレンドだった今冬から心機一転。

この春、リップやチークはどんなカラーを選びますか?

本当に自分が似合うカラーを知っている人は、どんな着こなしでも、ラフなヘアスタイルでも、粋にお洒落に見えるもの。重ためのグラデーションを脱ぎ捨てて、ほんのりナチュラルな旬メイクがオン/オフ両対応の好感度を引き出してくれます。

抜け感が大人にマッチするTHREEのルージュライン

国産のオーガニック原料を使用し、毎シーズン、女心をくすぐるコレクションを展開しているコスメブランド「THREE(スリー)」。

2016年春夏の新色グロスは、ふんわりした和の色彩とグラマラスなテクスチャが、愛らしく洗練された大人女性の口元を演出。

若々しい輝きはチークから。表情に立体感をプラス

濃淡カラーが混ざり合った粒子を、頬の上で円を描くようにオン。立体感のある華やかな顔立ちに仕上がります。発色の良さとキープ力は折り紙つき。

しっかりつくけど濃すぎない。人気のクリームチーク

近年、ベース&ポイントともに人気が復活しているウェットタイプ。専用スポンジでポンポンと頬にのせれば、しっとり明るい発色が実現。カサつきや粉浮きがないうえ、ベタつかず自然な仕上がりが得られます。

指でも塗れる、長時間キープのアイカラー

ブラシや指の腹でまぶたにのばすだけ。つややかな発色が目元を明るくしてくれます。ナチュラルに見えてカバー力あり、よれにくいので化粧直しの手間も減りそう。汗や皮脂に強いウォータープルーフは、気温が上昇するこれからの季節にピッタリです。

メイクを少し変えるだけで、驚くほど印象は変わるもの。クールな冬メイクから軽やか春メイクへと着替えたら、いち早くロマンスを見つけに行きませんか?

【Vote】ハワイ、台湾、NY...今、行きたい海外旅行先はどこ?

【Vote】走る、筋トレ、それとも水泳!? どんな運動してる

image via Shutterstock

(カフェグローブ編集部)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    【Vote】春のポイントメイク、何色を選ぶ?

    FBからも最新情報をお届けします。