1. Home
  2. ライフスタイル
  3. #6 アラフォーのパートナー探しはいばらの道【NYで生きていく】

#6 アラフォーのパートナー探しはいばらの道【NYで生きていく】

NYで生きていく

#6 アラフォーのパートナー探しはいばらの道【NYで生きていく】

たったの2人。

過去数年の間に、ニューヨークの私の周囲で結婚した35歳以上の女性の数です。

そのうち1人は38歳のアメリカ人の女性で、学生時代の友人とできちゃった婚。もう1人は、39歳の日本人女性で、4年間にわたるオンラインデートを経て、たどり着いた結婚でした。

アラフォー女性の婚活エピソード

周囲を見る限り、30代以上の女性が結婚する相手には、いくつかの共通点があります。

15~20歳年上

NYでは、30代以上の女性が年の離れた男性と結婚するケースが非常に多いのです。独自の考察では、 20〜30代前半までの女性は、同世代か10歳以内の年齢差におさまることが多いのですが、30代半ば以降になると男性との年齢差は広がります。アメリカ人で弁護士をしていた友人も35歳の時、55歳だった現在の投資家のご主人と結婚して、仕事を辞めました。男性は2度目、3度目の結婚であることも多く、元妻との間に子供がいる場合も少なくありません。50代といっても、NY男性は成功している人ほど外見に気を使って体を鍛えているので、歳が離れていてもさほど抵抗がないのでしょう。

外見で大きく妥協

先述のできちゃった婚した友人は身長が約170cmあるのですが、ご主人は160cmほどで後頭部も地肌が目立ちます。アメリカでは、日本以上に「背が低い男性が苦手」という女性が多いので、逆に身長にこだわらなければ、選択肢が広がります。

例外はオンラインデート

異色なのは、出会いサイト「match.com」で婚活していた日本人女性。第2の仕事ばりに4年間、毎週2~3人とデートをしていました。デーティングコーチまでつけて、指導を仰いでいた彼女がついにみつけたお相手は、10歳近く年下で、背も高く、ファイナンスに従事するエリート。唯一「清潔でない」という欠点があるのですが、何百人という数の男性と会った彼女は、妥協すべき点をはっきりさせていたことが、ゴールに繋がったのだと思います。

大多数の女性たちは...

NYのシングル女性の多くは、お相手の年齢も外見も妥協したくないし、オンラインデートに必死になるなんてルーザーがすること......なんて思っています。

だからこそ、実際に結婚する女性が少ないわけなのですが、彼女たちを見ていると、その気持ちもわかる気がします。

理想の王子探しを楽しめばいい

NYで生きていく パートナー探しこれまで必死にキャリアを築き、ひとりでアパートを購入し、401kへの積み立ても怠らず、ディナーや旅行を共にする友人にも事欠かない......。そんな彼女たちからしたら、いまさら無理やり結婚するよりも、明日出会うかもしれない王子様を探すほうが楽しいのでしょう。先日42 歳になったアメリカ人の友人も、「新しい出会いのためにDJスクールに通いはじめたの!」と楽しそうにしています。

実際そんなお相手に巡り会えるかは神のみぞ知るとしても、年齢に関わらず、そんなふうに生きられるのは、独立した女の特権と言えるでしょう。

image via Shutterstock

白石 里美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 成功する人は完璧主義者ではない? パタゴニア創始者は「80%の男」

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 「私やります」で疲れてない? 女性は男性より雑務を引き受けがち

    7. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    8. FIND YOUR PINK ! 出会いたいのは、こんなリップ&グロウ

    9. 寝ている間に肌をリセット。ロクシタンから初の夜用美容液

    10. みんなの悩みはこれだった。美容アンケート結果発表!

    1. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. レンズ越しに、人間本来の「美しさ」を見つめてきた/写真家・ヨシダナギさん

    5. 年相応の格好は逆に老けて見える? 大好きなものを着るのが一番なのです

    6. 身体のダメージは絶大。気をつけるべき脱水症状のサイン9つ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. FIND YOUR PINK ! 出会いたいのは、こんなリップ&グロウ

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. このサインが出たら、メンタルヘルスが崩れる5秒前

    3. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    4. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    5. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    6. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    9. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    10. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    #6 アラフォーのパートナー探しはいばらの道【NYで生きていく】

    FBからも最新情報をお届けします。