1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ドナルド・トランプの顔つき生理ショーツに注文殺到!

ドナルド・トランプの顔つき生理ショーツに注文殺到!

ドナルド・トランプの顔つき生理ショーツに注文殺到!

加熱するアメリカ大統領選。不動産王ドナルド・トランプ氏が人気を呼び、連日メディアを賑わせています。

過激な発言を繰りかえせば繰りかえすほど注目を浴びる彼ですが、多発する女性蔑視発言には、多くの人がうんざり気味。

そんななか、女性発のユニークなプロダクトが登場し、話題になっています。なんと、生理用ショーツのクロッチ部分が、トランプ氏の顔写真なのです。一体どうして、このようなショーツがアメリカで人気を博しているのでしょうか。

きっかけは、トランプ氏の暴言

20160410_trump_1.jpg

ビジュアル的にものすごくインパクトのある、こちらのショーツ。

ことの発端は、鋭い質問を浴びせたFOXニュースの女性司会者メーガン・ケリーさんに対し、逆ギレしたトランプ氏が「彼女はどこかから血を流してるんだろう(=彼女は生理中で機嫌が悪かったんだろう)」と放った暴言にあります。

悪趣味なうえにひどく女性を蔑視する発言に、当然、多くのアメリカ女性たちは不快感と怒りを覚えました。

発案者は、若き女性起業家

20160411_trump_4.jpg

そんな暴言を逆手にとった生理用ショーツが発売されたところ、女性たちの間で大人気に。注文が殺到し、数か月先まで手に入らない状態が起きているのです。

こちらのショーツを生み出したワシントン州在住のサラ・パラトニックさんは、じつはまだ大学生。卒業を間近に控え、自分でビジネスを立ちあげた若き起業家である彼女に、開発背景を聞いてみました。

女性差別や、女性の避妊や中絶への権利抑圧など、深刻な問題を伝えやすくするために、おかしくてちょっと変わった方法はないかと思ったんです。それに、ときどき政治家たちは、すごくブラックな方法で変なことをしでかすでしょう。このショーツみたいに。

と答えてくれた彼女。私の周囲のアメリカ女性たちは、このショーツをおもしろい!という人がほとんどでしたが、気味が悪い、とか、ちょっとやりすぎじゃない?という声も。

でも、トランプ氏の発言だって、サラさんの言うとおり、かなりブラックで普通じゃありません。

ユーモアでやり返す女性たちの強さ

アメリカのみならず、海外でも話題になっている生理用ショーツですが、サラさんのもとには驚くほどたくさんの人から応援メッセージが届き、注文が来ているそうです。それだけ、多くの女性たちが不満と怒りを覚えていたということでしょう。

20160410_trump_2.jpg

トランプ氏のほかにも、女性の権利を制限するような政策を支持する政治家たちがプリントされたこちらのショーツ。おなかの部分には、生理痛を緩和するためのカイロを入れるポケットがついていて、女性たちへの配慮を忘れてはいません。

1枚売れるたびに、3ドルを寄付するというサラさんは、立ち上げたばかりの会社を大きくするよりも、今後も女性たちをサポートしながらアイデアを形にしていきたいと言います。

いまだに女性差別が公然と存在する現実には嫌気がさしますが、泣き寝入りせず、こんな形でやりかえす女性たちのウィットと強さは、頼もしいかぎりです。

Bloody Mary Sundies

photo by Getty images

あわせて読みたい

米大統領にもっとも近いとされる男、ドナルド・トランプの娘は野心家だった

野心は自分の個性。大富豪の娘が自らキャリアを切り開いたワケ

短すぎる! 気になる女性実業家の睡眠時間

田上晶子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    2. 「最近急に太ってきた。さあどうする?」の正解は

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    6. 目標は持たない。失敗は失敗ではない/星野佳路さんの仕事術[前編]

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 食べ過ぎで太らないコツ、教えます。AVIのリラックスヨガ

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 「最近急に太ってきた。さあどうする?」の正解は

    7. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    5. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    8. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    9. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    ドナルド・トランプの顔つき生理ショーツに注文殺到!

    FBからも最新情報をお届けします。