1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 女、40歳。自分の横顔に誇りを持つためにできること

女、40歳。自分の横顔に誇りを持つためにできること

女、40歳。自分の横顔に誇りを持つためにできること

40歳にもなると、さまざまな変化が身に起こる。それは、心理的なものであったり、カラダのことであったり。「2度目の成人式」とはよく言ったもので、40代という新ステージで起こる変化に、目が回りそうなほど。

管理職に就き、部下が増える。任されるプロジェクトは大きくなり、責任の範囲も以前とは比べものにならないほど。夕方、楽しそうに退社していく20代の後輩女子たちを、「合コンかな......」と遠い目で見送る。自分にも、そんな時代があった。

女の変化は横顔からはじまる?

160513_pola_001.jpg

たとえば、疲れた心と髪をケアするためにヘアサロンへ行ったとき。カットを終えて、最後に「いかがでしょうか?」と差し出された三面鏡で、ひさしぶりに自分の横顔を見る。あれ、なんだか印象が変わったみたい......。

メイクをするとき、正面からは自分の顔を見るけれど、横顔までは気にしないもの。そこで意識してみると、フェイスラインのたるみにほうれい線。「疲れている」では言いわけにならないような変化のサインを見つけてしまう。

ひとたび自覚してしまうと、あれこれと気になるのが女心。バーカウンターに座っても、横から視線を感じて落ち着かない。「男の人に見られている」と鼻を高くした、かつての自分はどこに行ってしまったのか。

女の変化は「横顔」からはじまるのかもしれない、という思いが募る。

引け目は感じない。前を向くのが大人の女

160513_pola_01.jpg

とはいえ、ここまで生きてきた自分に引け目は感じない。仕事は順調! 人間関係も豊かになり、がぜん人生が楽しくなってきた。40代を迎えたことによるうれしい変化だってあるのだ。

だったら美容のこともポジティブにトライして、大人の女らしい美しさを模索したい。では何からはじめる? 仕事で培ったリサーチ力を発揮したところ、87年にわたって顔のお手入れの大切さを提唱、1,600万件以上の女性の肌を分析・研究し続けてきた「ポーラエステ」にたどりつく。さっそく取材だ!

大人の女の顔印象にまつわる悩みと向き合う方法。化粧品メーカー「ポーラ」でエステメニュー開発に携わっている佐藤瞳子さんが教えてくれました。

『ポーラ 顔エステ』で肌印象と向き合う

ーー最近、横顔の肌印象の変化が気になるんです。どうすればよいでしょう?

「肌印象の変化が気になるとは、美容意識の高い方ですね。肌のハリ感が失われているのではないかと考えられます。『ポーラ 顔エステ』なら、ほほも丁寧にケアできますよ」

ーーなんと! ぜひ『ポーラ 顔エステ』の特長を詳しく教えてください。

160513_pola_03.jpg

「新しい『ポーラ 顔エステ』では、"ほほ"を重点的にケアする業界初のFPクリアマッサージを開発しました。マシンによるリズミカルな空気圧、独自のマッサージ手技でタッピング。マッサージが終わると、その心地よい余韻で自然と美しいほほ笑みが浮かぶことを目指しています。心地よくエステを受けていただけるように、フェイシャルだけでなくヘッドからフットまでをケアする充実の9ステップによって、全身くまなく血流を促し、リラックスいただけるのも大きな特長です」

ーーコースがいくつかありますが、日々忙しく働く40代女性におすすめなのは、どちらのコースでしょうか?

リラックス感のある空間で、首肩まで丁寧にトリートメントするB.Aプレミアムエステを受けてみてはいかがですか? 肌にうるおいを与えて、ハリ感のある立体艶リフト肌(※)に仕上がりますよ。また、時間がない方には、アイメイクしたままで受けられる時短メニューもご用意しています」

※ うるおい効果によるツヤ感アップで、立体的に見せる

ーー1938年からフェイシャルマッサージを提唱し、分析してきた日本人女性の肌データは1,600万件とのこと。具体的にどのように活用されていますか?

「商品開発の企画コンセプトづくりはもちろんですが、「美肌予報」、「美肌県グランプリ」といったWEBコンテンツへも活用しております。日本列島は南北に長く、複雑な地形ですので、季節や地域に合わせた肌データやお手入れ方法を提案しております」

明日からは堂々とした横顔を目指す

160513_pola_05.jpg

「日々頑張っている女性こそ、リセット&チャージをするために美容のプロに"肌"をゆだねてみてはいかがでしょう」と佐藤さん。ビッグデータと技術力を兼ね備えた『ポーラ 顔エステ』なら、きっとカフェグローブ世代の女性たちのお眼鏡にもかなうはず。

ヘアサロンでふいに自分の横顔を突きつけられるのも、怖くない。バーカウンターにも余裕たっぷりに腰掛けよう。フェイスラインが隠れないからとあきらめていたショートボブ、夏に向けて挑戦してみては?

豊かな人生経験を積んできた大人の女性として、等身大の美しい横顔を誇っていきましょう。

[ポーラ 顔エステ]

top,washing a head,sitting on cozy bed, portrait image via Shutterstock

文/カフェグローブ編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. スマホはケースなしで使いたい。落としても割れにくくする秘策

    2. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 世界最高峰、ザ・リッツ・カールトン東京のチームを支える言葉

    7. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 仕事が恋人でいいの? 忙しい大人が理想の相手に出会うには [MASHING UP]

    10. 冒険家が教える「夢を叶えるのは、こんな言葉から」

    1. スマホはケースなしで使いたい。落としても割れにくくする秘策

    2. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    8. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    9. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    10. 部屋の印象を決めるのはソファ。見ておきたい最高級店がオープン

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. スマホはケースなしで使いたい。落としても割れにくくする秘策

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    7. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    8. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    9. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    10. ダイエットにカロリー制限はもう必要ない。米研究チームが発表 [The New York Times]

    女、40歳。自分の横顔に誇りを持つためにできること

    FBからも最新情報をお届けします。