1. Home
  2. キャリア
  3. 3度目の激震に怯えながら、恐怖の脱出劇【熊本大地震ルポ #12】

3度目の激震に怯えながら、恐怖の脱出劇【熊本大地震ルポ #12】

3度目の激震に怯えながら、恐怖の脱出劇【熊本大地震ルポ #12】

酒店の手伝い中、夕方の4時ごろだったと思う。Jから電話が入った。

「フクちゃんのマンション、損壊がひどいからもしかしたら赤紙が貼られるかもしれないよ。そうなったら立ち入り禁止になるかもよ。いまから荷物を運び出そう!」

赤紙とは、被災した住宅の状況を自治体が判断する「応急危険度判定」の張り紙のことで、赤色の紙は「立ち入り危険」、黄色は「要注意」、緑は「調査済み」で立ち入りに問題がないと判断されたものだ。

この時点では、張り紙の本当の意味を私もJも、他のみんなも把握しておらず、赤紙が貼られたら「立ち入り禁止」だと思っていた。本当は「立ち入り禁止」ではなく、「倒壊の恐れがあるので注意してください」という注意喚起のお知らせなのだ。とにかくいろんな情報が交錯し、混乱していた。

とりあえずの身の回りのものしか持ち出さなかった私は、もし「立ち入り禁止」になったら困る。手伝いにきていた20代の女の子に、「印鑑とか通帳とかパスポートって、やっぱり持ち出したほうがいいのかな」と聞いてしまい、「それこそ持ち出すものでしょ!」と失笑された。緊急時はなぜか「若さ」に頼ってしまうものなのだなと思った。私は、手伝いを途中から抜けて、新町へと戻った。

実はここからの作業が、地震の次に恐怖体験だった。

揺れにおびえ、進まない梱包

マンションの外壁には1階から最上階の12階まで縦ひびがまっすぐ入り、一階部分の柱はコンクリートが剥がれ、鉄骨がむき出しになっている。その鉄骨はあきらかに曲がっているのだ。エントランスの壁は崩壊し、管理人室とエレベーターホールは天井板が抜け、謎の水漏れ。まるで廃屋のようだった。

ただ、地震後から止まっていたエレベーターが、この日は復活していたことだけが幸いだった。Jは「エレベーターが動いているから、この際、家具家電以外は全部運び出そう」と言った。

10階の部屋に土足のままあがり、Jが用意してくれた段ボールに、仕分けもせずにとにかく荷物を詰めた。服類は畳まずに押し込めるだけ押し込んだ。いつ3度目の激震がきてもおかしくないのだ。時間との勝負。まるで映画の『夜逃げ屋本舗』のように緊張感が走った脱出劇だった。

1度目の地震のあと、本だけは梱包していたので「残りは2時間くらいで、梱包と搬出ができるだろう」と思っていたのだが、どこから沸いてくるのかと思うほど、荷物が出てくる。その間にも大きな揺れが何度も襲ってきた。緊急地震速報のあの不快な音が鳴るたびに私は慌てふためき、床に散乱していた衣類に足をとられて転んで、無駄に出血してしまった。

夕方5時から作業をスタートさせたが、4時間経ってもまだ半分くらいの荷物しか片づかない。心が何度も折れそうにな無口になりがちな私に、Jは「頑張れ、頑張れ」と声をかけた。

夜9時ごろ、Jの友人F氏が上天草から応援にきてくれた。男手がふたりになったところで、スピードががぜんあがった。

作業中に、F氏の奥さんから心配の電話がかかる。私の荷物のために、人さまの命、しかもふたりの命を危険に晒していることを、本当に申し訳なく思った。作業途中、前震・本震クラスの激震がきたら、エレベーターのなかにJやF氏が閉じ込められたり、大けがするかもしれないのだから。

F氏は天草でシーカヤックのガイドをされている。今回の地震では、同じ熊本県でも天草地方は被害がほとんどなく、いつもと変わらない生活を送れているらしい。しかし「熊本地震」ということでお客さんのキャンセルが相次いだようだ。「暇だし、全然気にしないで。それにこのくらいの揺れ(震度4くらいの余震がたびたび起った)、荒れた海に比べたらたいしたことないっすよ」とF氏。

梱包と搬出が終わって、マンション下に降り立ったときは心底ホッとした。自営業をしているJの事務所に荷物を運ぶために、二台の車を走らせた。14日の地震後よりも、あきらかに道路がさらに盛りあがっている。ダートレースのように車が何度もバウンドしては左右に揺れた。

無事に事務所に荷物を下ろしたあと、「お礼にごはんでも」と思ったのだが、時計を見ると午前0時に近い。F氏を心配して待っている、上天草の家族のもとへ早く戻さなくては。なにせ帰り着くまで1時間半もかかるのだ。F氏は「落ち着いたら天草に遊びにきてくださいね〜」と笑顔で帰っていった。

あれから三週間が経ったいまでも、まだF氏に(そしてJにも)このときのお返しをしていない。

撮影/福島はるみ(阿蘇・米塚。とても美しい山です)

2016年4月14日、女ひとりで被災した【熊本大地震ルポ #1】
母への電話、手の震えが止まらない【熊本大震災ルポ #2】
パンツ姿で外に出ることもできず【熊本大地震ルポ #3】
携帯充電、残りわずか。街にようやく明かりが【熊本大地震ルポ #4】
重量級の電子レンジが頭上を飛んだ?【熊本大地震ルポ #5】
余震に怯えながら夜中にセロリをむしり齧る【熊本大地震ルポ #6】
本震。あまりにも予想外で、残酷なほどの揺れ【熊本大地震ルポ #7】
2度目の激震で完全に思考が停止。避難所へ【熊本大地震ルポ #8】
「平穏な日々」は保証されていない【熊本大地震ルポ #9】
前震? 本震? 初めて聞いたよ!【熊本大地震ルポ #10】
傷ついた熊本に容赦なく暴風雨が襲う【熊本大地震ルポ #11】
3度目の激震に怯えながら、恐怖の脱出劇【熊本大地震ルポ #12】
視覚的からのショックがやわらいだ、柳川での一日【熊本大地震ルポ #13】
ひとり暮らし、不安に怯える友を訪ねる【熊本大地震ルポ #14】
怒りや喪失感。被災をして見えたもの【熊本大地震ルポ #15】

福島はるみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 利用者がライザップに支払うのは「ジムの利用料」ではない? 新しいアイデアのヒントが集結

    6. 博学多才タイプ

    7. スウェットまで洒落て見えるブランドは?

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    6. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    7. 貯金が得意な人の特徴が、全然当てはまらなくてグサッとくる......

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 博学多才タイプ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    8. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    9. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    10. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    3度目の激震に怯えながら、恐怖の脱出劇【熊本大地震ルポ #12】

    FBからも最新情報をお届けします。