1. Home
  2. キャリア
  3. 視覚的からのショックがやわらいだ、柳川での一日【熊本大地震ルポ #13】

視覚的からのショックがやわらいだ、柳川での一日【熊本大地震ルポ #13】

視覚的からのショックがやわらいだ、柳川での一日【熊本大地震ルポ #13】

4月20日(水)

昨日の長時間にわたる緊張作業のせいか、頭痛、肩こりがひどい。「今日はゆっくりしよう」というのがJと私の共通意見だった。もう、泥のように眠りこけたい。当然Jもそうだろうと思ったが、違った。

Jの「ゆっくりする」の認識は、「地震以外のことを楽しみたい」だった。柳川(福岡県)へ行って鰻を食べたいという。

「ええー、寝ていようよ。Jも、昨日、力仕事をして疲れてるでしょ。それにお母さんを残していくのも心配だし」と私。疲れているのもあったが、熊本を離れる不安も大きかったのだ。

「お母さんも誘って行こうよ。みんな、地震を少し忘れたほうがいいって」とJ。母を誘ってみたが、やはり母も「家を離れたくない」と行きたがらなかった。

でも確かに、少し気分を変えたい。ふたりで柳川に行くことにした。

道中、やはり熊本が気になって、たびたびiPhoneで地震速報をチェックした。いまこの瞬間にも3度目の揺れがきているかもしれないと気が気ではなかったのだ。

しかし、柳川の到着した途端、その気分は見事に変わった。北原白秋の生地として、また水郷のまちとして有名なこの地は平和そのもので、ゆったりと流れる水路、風に揺られる柳の緑に心から癒やされた。車を降り立った途端に思わず「気持ちいい!」と声を出してしまったほどだ。

建物が壊れてないってすてき。揺れていないってすてき。当たり前のようで当たり前でないことに感動した。

川下りを楽しむ人たちを見ていると、なにやら白くてフワフワしたものがあちこちに飛んでいることに気づいた。まるで淡雪のようだ。そのあと入った鰻屋の女将さんに聞いたところ、フワフワしたものは柳の種なのだという。

「2、3年前から突然、舞うようになったんですよ。それまで私たちも柳の種がこんな風に舞うとは知らなかったんです。雪みたいできれいでしょ」

なにやらいいタイミングで柳川を訪れたみたいだ。鰻のせいろ蒸しもうまい! がぜん気分が良くなった。気づけば頭痛も肩こりもなくなっている。これには驚いた。緊張と恐怖からしばし解放されたのと、視覚的ショックがないことが体と心を癒やしたのだろう。

鰻を食べながら「そういえば、今日揺れてないね」とJに話しかけた。

「だってここ、熊本じゃないもん」

「あ、そうだった」

思考だけはまだまだとっ散らかっていたけれど、この柳川へのプチ逃避旅行は、しばし地震のことを忘れさせ、確実に心身へよい影響をもたらした。強引でも誘ってくれたJに心から感謝した。

だが、帰路は熊本に近づくたびに心が重くなっていった。自衛隊の災害支援車や什器を積んだ大型トラックが続々と熊本へ向かっている。一瞬忘れかけたけれど、地震は熊本で起ったのだ。いまだ受け入れられない、だけど現実に起ったことに、再び向き合わなくてはいけないことを思うと、気持ちが沈んでいった。

撮影/福島はるみ(福岡・柳川の風景)

2016年4月14日、女ひとりで被災した【熊本大地震ルポ #1】
母への電話、手の震えが止まらない【熊本大震災ルポ #2】
パンツ姿で外に出ることもできず【熊本大地震ルポ #3】
携帯充電、残りわずか。街にようやく明かりが【熊本大地震ルポ #4】
重量級の電子レンジが頭上を飛んだ?【熊本大地震ルポ #5】
余震に怯えながら夜中にセロリをむしり齧る【熊本大地震ルポ #6】
本震。あまりにも予想外で、残酷なほどの揺れ【熊本大地震ルポ #7】
2度目の激震で完全に思考が停止。避難所へ【熊本大地震ルポ #8】
「平穏な日々」は保証されていない【熊本大地震ルポ #9】
前震? 本震? 初めて聞いたよ!【熊本大地震ルポ #10】
傷ついた熊本に容赦なく暴風雨が襲う【熊本大地震ルポ #11】
3度目の激震に怯えながら、恐怖の脱出劇【熊本大地震ルポ #12】
視覚的からのショックがやわらいだ、柳川での一日【熊本大地震ルポ #13】
ひとり暮らし、不安に怯える友を訪ねる【熊本大地震ルポ #14】
怒りや喪失感。被災をして見えたもの【熊本大地震ルポ #15】

福島はるみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 利用者がライザップに支払うのは「ジムの利用料」ではない? 新しいアイデアのヒントが集結

    6. 博学多才タイプ

    7. スウェットまで洒落て見えるブランドは?

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    5. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    6. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    7. 貯金が得意な人の特徴が、全然当てはまらなくてグサッとくる......

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 博学多才タイプ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    8. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    9. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    10. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    視覚的からのショックがやわらいだ、柳川での一日【熊本大地震ルポ #13】

    FBからも最新情報をお届けします。