1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 旅したい、けど忙しい。そんな女性たちがたどりついた結論は?

旅したい、けど忙しい。そんな女性たちがたどりついた結論は?

旅したい、けど忙しい。そんな女性たちがたどりついた結論は?

好奇心旺盛な女性たちの悩みは「やりたいことがたくさんあるのに、忙しくて時間がない」ということ。たとえば旅行は、忙しい日々をリフレッシュするのにおすすめですが、時間が取れずに諦めがち。そこで、簡単にトリップ気分が味わえて、日頃のストレスも解消する、旅をテーマにした"家飲み"はいかがでしょう?

おしゃべりとお酒、そしてスペイン料理で気分を上げる

いつもは簡単なデリを持ち寄る家飲みだけど、たとえば「スペイン」をテーマにしてみる。輝く太陽、美酒と美食で女心を虜にする国! 友達と「いつか旅してみたいね」と言いながら、仕事で忙しい身にはちょっと遠くて、先延ばしにしがち......。そこで、スペイン気分になれる料理やお酒を用意して、さぁ「自宅 de スペインフェス」のはじまりです。

料理に合わせるお酒はもちろん、スペインのスパークリングワイン「CAVA(カヴァ)」。BGMは、夏気分を高めるために、憧れでもあるスペインのリゾート地・イビザ島のクラブミュージックなんていいかも。

crysta001.jpg

メンバーが揃ったところでまずは乾杯!

カヴァと相性良し。スペインフェスの前菜は「簡単アヒージョ」

「自宅 de スペインフェス」のトップバッターは「アヒージョ」。シンプルな調理法ながら、素材の取り合わせによってバリエーションが広がる楽しいメニューです。

火をつければすぐにできる料理だから、最初のゲストが到着したのを合図に作り始めれば、全員が揃ったところで熱々を提供できるのがいいところ。見栄えもするので取り急ぎの一品にぴったり。

crysta02.jpg

にんにくの香ばしさにお酒も進みます。熱々のアヒージョを口に放り込んでは、よく冷えたカヴァを飲む......を繰り返して、早くも2本目のカヴァに突入しそう。

【タコとそら豆のアヒージョ】<材料>4人分・タコ(刺身用):120~130g・そら豆:4~5房分・塩:適量・オリーブオイル:大さじ4・鷹の爪:1本・にんにく:1片・ブラックペッパー:少々・タイム:適宜

<作り方> ①小鍋に湯を沸かす。そら豆のさやをむいて豆を取り出し2分塩ゆでし、豆の皮をむく。

②タコを食べやすい大きさに乱切りする。

③スキレット(鍋)もオリーブオイルも冷たい状態で、鷹の爪、にんにく(スライス)、ブラックペッパー、タイムの順に香辛料などを入れ火にかける。

crysta03.jpgじっくり火を入れることで、オイルに香りが移ります。

④そら豆とタコを同時に入れ4分程加熱する。

crysta04.jpgグツグツ煮るとタコが硬くなってしまうので、沸騰する直前に火を止めましょう。

宴の真打ちはスペイン料理の代表格「パエリア」

アヒージョにはじまり、ピンチョス、ハモン・セラーノなど、スペイン料理の数々を堪能し、いい感じに酔いも回ったところで、いよいよ真打ちの登場です。

見栄え最高、食べ応えも申し分なし。スペインフェスには欠かせない、主役級の存在感「パエリア」。事前に仕込んでおけば、あとは鍋にまかせてホストもテーブルにつき、ゲストとおしゃべりできます。そんなところもうれしい。

crysta07.jpg

【パエリア】4人分

・米:300g・有頭海老:4尾・あさり:8~12個・鶏もも肉:120g・玉ねぎ:1/4個・にんにく:1片・パプリカ:1/4個・ズッキーニ:1/4個・冷凍シーフードミックス:160g・片栗粉:適宜・白ワイン:大さじ2・カットトマト:150g・水:450ml・粉末ハーブコンソメ:適宜・ローリエ:1枚・オリーブオイル:大さじ3~4・塩:適量・ブラックペッパー:適量・イタリアンパセリ:適宜・レモン:適宜

<下ごしらえ> ・有頭海老は殻つきのまま長ヒゲを切り、背わたをとり片栗粉をまぶして水で洗い流す。 ・あさりは砂抜きする。 ・玉ねぎ、にんにくはみじん切り、パプリカは1.5cmの乱切り、ズッキーニは5mm厚の輪切りにする。

<作り方>①パエリアパンにオリーブオイル(大さじ1~2)を入れて弱火で熱し、海老の片面に焦げ目をつける。あいているスペースであさりを炒め、全体に白ワイン(大さじ1)、塩、ブラックペッパーを振り、あさりは口が少し開いたら、海老は裏返して軽く焼いたら取り出す。②パエリアパンにオリーブオイル(大さじ1)、にんにくを加えて香りが出るまで弱火で炒め、玉ねぎを加えてしんなりするまで炒める。③鶏肉を一口大に切り、塩、ブラックペッパーをふり、②に加えて炒める。パプリカ、冷凍シーフードミックス、白ワイン(大さじ1)を加える。④生米を加えて、色が透明になるまで弱火で3~4分炒める。

crysta05.jpg

生米を炒めるのがポイント。パエリアならではのパラパラっとしたおいしい状態に仕上がります⑤カットトマトを加えて全体を混ぜる。

crysta06.jpg

本来はサフランで米に色をつけますが、今回はカットトマトを使用。手に入りやすく値段も手ごろです。⑥水、粉末ハーブコンソメ、ローリエ、塩ひとつまみを加え、弱火で3〜4分かけて水分を飛ばす(目安はリゾットくらい)。 ⑦具材を平たくし、有頭海老、あさり、ズッキーニを並べ、ふたをして30分弱火で煮る。 ⑧ふたを開け、30秒〜1分ほど強火にかける。余分な水分を飛ばしたら、イタリアンパセリ、くし形に切ったレモンをトッピングする。 アヒージョでゲストの心を掴み、締めのパエリアで満足してもらう。その合間にはハムなどのおつまみも進んで、ワインを次々と空けてしまうほどの楽しいひと時。スペインフェスは最高の家飲みかもしれません。

スペインに限らず、他の国をテーマにするもよし。手軽にトリップ気分が味わえる "家飲み"は、忙しい日々を過ごす女性にはいいリフレッシュになるでしょう。

スペイン料理の手強い油汚れをスマートに"後片付け"

楽しい時間はあっという間に過ぎるもの。ゲストを見送ってほっとしたのも束の間、テーブルやシンクに視線を移すと、そこには汚れたお皿やグラスの数々が......。

スペイン料理は油汚れやこびりつくメニューが多いため、洗うのも大変! でも、ホストに与えられた面倒な「後片付け」を軽やかに解決してくれる頼もしい味方が、食洗機とライオンの食洗機専用洗剤「CHARMYクリスタ」です。

crysta08.jpg

パーティで使ったグラスをピカピカにするのは「CHARMYクリスタ クリアジェル」。グラスのくもりの原因「汚れの膜*」まではがしとり、食器も庫内もクリアに洗い上げてくれるジェルタイプの食洗機専用洗剤です。*水垢などのカルシウム汚れの上に油汚れが重なってできたものまた、「ニオイの膜*」まではがしとり、洗浄はもちろん、消臭までできる「CHARMYクリスタ 消臭ジェル」なら、ニンニクなどのニオイが気になる汚れもしっかり落としてくれます。*食べ物由来のニオイ成分を含んだ油汚れ食洗機のスタートボタンを押したら、あとは残ったワインとともに宴の余韻を楽しみながら、今日のうちにゲストへお礼メールを送ったりして。これぞ、大人の女の余裕。

crysta009.jpg

日常に疲れてどこかへ旅したくなったら、その土地に行った気分になれるパーティで、家にいながら海外気分を味わうのも一興。

ただし、どの国がテーマになろうとも、旅のおともに「CHARMYクリスタ」はお忘れなく。定期的な会の継続は、楽な後片付けを担保できてこそ。どんなに日々が忙しくても、息抜きを忘れずに楽しみたい女性の味方が「CHARMYクリスタ」というわけです。 [CHARMY クリスタ] 撮影/内山めぐみ フードスタイリスト/田村佳奈子 image via Shutterstock

大森りえ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    2. フィンランドからやってきた、心を軽くする小さな絵本

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 楽しく、挫折せず、身になる「学び方」って?/立教大学教授 中原 淳さん #02

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 35歳、人生が変わった/AVIの「工夫美容」 #01

    7. 起業家って、まるで旅人。一歩一歩で世界が変わる

    8. 自由になれた気がした、40の夜/お金にならない学び #4

    9. シンプル。77歳で英語が得意になれた3つの理由

    10. 仕事のパフォーマンスを上げる「食事のスキル」

    1. 高収入の人が毎朝やっていること

    2. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    3. 「知らなかった」じゃ遅すぎる、世界標準の仕事のルール

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. すごくいい!晴雨兼用の優秀レインパンプス/青木貴子の「仕事の洋服」#02

    6. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    7. シンプル。77歳で英語が得意になれた3つの理由

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 時間がとれないとき、睡眠or運動どちらを優先すべき? [The New York Times]

    10. 自由になれた気がした、40の夜/お金にならない学び #4

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

    3. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    4. 日本一になれた人は365日×10年こんなことを続けてる

    5. 高収入の人が毎朝やっていること

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. ナッツを冷凍してみてよ、もっとおいしくなるから

    8. グーグル面接の奇抜すぎる過去問題、解ける?

    9. メーガン妃に対するエリザベス女王の気遣い、ほっこりする

    10. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    旅したい、けど忙しい。そんな女性たちがたどりついた結論は?

    FBからも最新情報をお届けします。