1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 女性の活躍の舞台は世界へ。そんな時代にはダブルフェイスウオッチが主役

女性の活躍の舞台は世界へ。そんな時代にはダブルフェイスウオッチが主役

女性の活躍の舞台は世界へ。そんな時代にはダブルフェイスウオッチが主役

ライターという仕事柄、取材や打ち合わせなどの時間を常に意識する習慣が身についています。そんなわたしの頼もしい味方になりそうな、2つの時間が瞬時にわかる時計を見つけました。きっかけは海外取材のときの出来事。

海外で実際に感じた時計の必要性

citizen_xc_02.jpg

街ですれ違う人を見ると、ほとんどの人がスマートフォンを片手に歩いている日本。時間はスマホの画面で確認という人が多いようです。ところが、日本では見慣れたこの光景、海外ではとてもリスキーであることに気づきました。

高価なスマートフォン端末はスリや泥棒にとって格好の餌食。また、時間を見るつもりでも、ひとたびスマホを手にすると、ついメールやSNSをチェックしがち。その間、注意力が散漫になり、バッグの中身を狙ったスリ被害のリスクが高くなるというわけです。

事実、パリの地下鉄で目の前の日本人女性がスリの被害に遭う瞬間を目撃したことがあるわたし。あまりの手際の良さに一瞬言葉を失いかけましたが、わたしが「泥棒!」と叫び、スリは逃げて事なきを得ました。

とくに、時差が大きくなる欧米では、現地時間から瞬時に日本の時間を把握するには少々の混乱がつきまといます。同行の仕事仲間が、アプリで日本時間を調べるためにスマホを手にしたその瞬間、盗まれてしまったこともありました。あっという間の出来事に追いかけることもできなかったわたしたち......。

このような海外でのリスクになりうる行為は、避けるに越したことはありません。

旅を支えるビンテージライクなダブルフェイス

20160609_citizen_01.jpg

仕事やプライベートで海外へ出かけることが多いわたしにとって、腕時計は必須アイテム。飛行機をはじめ、慣れない土地での鉄道やバスの移動は、日本にいる以上に時間を意識しなければなりません。また、日本のクライアントとやり取りすることが多いため、2つの時間を頭に入れておく必要があるのです。

そこで出会ったのが、シチズン クロスシー「エコ・ドライブ デュアルタイムウオッチ」。どこか懐かしいダブルフェイス、華奢な手首を演出してくれるエレガントなバンド、知的な印象を与えるスクエアフォルム......。「洗練」という言葉がしっくりくる、ハンサムレディな腕時計は、優秀なアシスタントとの出会いのよう!

海外でも頼もしい、電池交換不要のエコ・ドライブ

2つの時間を示すダブルフェイスの文字盤は、瞬時に確認しやすいよう、上は秒針付きのオールアラビア、下はバーインデックスのデザインに。わたしが選んだのは、バンドがシックなカーフのもの。

また、定期的な電池交換不要の「光発電エコ・ドライブ」を搭載。これなら海外で電池切れになる心配もなく、長い年月を共に歩んでいけそうです。

20160609_citizen_02.jpg

シチズン クロスシー エコ・ドライブ ダブルフェイスウオッチ

左から、EW4002-09W、EW4000-55A、EW4000-55E

すべて45,000円(税別)

レディでタフなその仕様は、たくましく生きるカフェグローブ世代の女性のよう。出張が多いビジネスウーマンや、海外在住の友人にも教えてあげたい、シチズン クロスシー「エコ・ドライブ デュアルタイムウオッチ」

この時計を味方に、また世界を旅しに行こうと思います。

シチズン クロスシー

撮影/柳原久子

top,women image by pixta

Sponsored by ねこ りょうこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    女性の活躍の舞台は世界へ。そんな時代にはダブルフェイスウオッチが主役

    FBからも最新情報をお届けします。