1. Home
  2. コミュニケーション
  3. #7 大人の女は望むままセックスをすればいい【大人の恋愛リハビリ講座】

#7 大人の女は望むままセックスをすればいい【大人の恋愛リハビリ講座】

大人の恋愛リハビリ講座

9,459

#7 大人の女は望むままセックスをすればいい【大人の恋愛リハビリ講座】

恋愛に臆病になってしまっている大人の女性はとくに、セックスに対する意識もこじらせがち。しかし、大人の女性にとって恋愛とセックスは切り離せない問題です。今回は、大人の女性としてどうセックスと向き合えばいいか、考察してみました。

「彼氏以外の男性」とのセックスは苦い過去

アラフォーのあなたなら、過去1度や2度は「彼氏じゃない男性とのセックス」を経験したことがあるのではないでしょうか。

言葉だけで想像すると、まるで遊び(ゆきずり)かのように思いがちですが、その実態は意外とそうではなかったりします。

たとえばこんなケース。

・長年の男友達と、酔ったいきおいで......・友達以上恋人未満の男性と、関係を進展させたかったから・自分は本気だったが、相手にとっては「都合のいい女」・好きな男性から口説かれて(しかしその後、交際には発展せず)

「遊びじゃなかった」から、結ばれたのは嬉しかったけど。「遊びじゃなかった」から、それっきりになってしまったことを後悔した......。

そんな一夜の思い出は、できることなら封印したい過去かもしれません。

後悔したくないから「しない」それでいいの?

「安易に寝てしまったのが失敗だった」

あなたは「彼氏になれなかった」相手とのセックスを、そのように分析したのではないでしょうか。そして、同じ轍を踏まないために「付き合うと約束するまでは、しない」と自分に誓いを立てているとしたら......実に残念なことです。

もしも、あなたがまだ20代の若い(そして中身も幼い)女性ならば、上記の考えでもいいでしょう。筆者も相談相手が20代ならば、安売りしないようアドバイスします。

しかしあなたは大人の女。もう善悪の分別だってつくし、寝ることのリスク(妊娠や性病など)だってわかっているお年ごろです。

特定のパートナー(彼氏や夫)がいないならば、どんな相手と深い関係になろうと、誰もとがめることはありません。極端な話、スポーツみたいにセックスを楽しんだっていいのです。

深い意味を持たせすぎるから重くなる

セックスは、重いものでも軽いものでもありません。

「カラダを捧げるもの」のように捉えてしまうから、した後それっきりになってしまうことを恐れてしまうのです。

誰と寝ようと、あなたの価値は変わりません。何かが減ることもありません。逆に代償として何かを得る保証もありません。そもそもセックスを「肉体を何かと引き換えにする」と考えているならば、もはや愛の行為ですらありません。あなたがしたいのは、そんなセックスではないはず。

その先のことまであれこれ計算し、寝るかどうかジャッジするなんて愚の骨頂。あなたの打算で得られるものは、彼の愛情ではなく失望です。いくらカラダを開いても、心まで開いていないようなセックスをしたら、相手だって冷めてしまいます。

恋愛におけるセックスは、最上級のスキンシップ。大好きな人と、望んで結ばれたのならば、それはあなたにとって「最高に幸せだった想い出」のひとつになります。

経験人数が女性の価値を下げる......なんてのは昔の話。(そんなことにこだわる男性なんて、こっちから願い下げですよね)逆に、経験の多さを誇示するものでもありません。

ハッキリ言います。生涯「女」としては現役でも、性的な意味での現役(男性から「寝たい」と思われる)でいられる時間には限りがあります。

大人のあなたは、自分の中の「女」が望むままセックスを楽しめばいいのです。

「大人の恋愛リハビリ講座」一覧

#6 必要なのは女子力アップより女磨き【大人の恋愛リハビリ講座】

#4 既婚男との疑似デートは女になる時間【大人の恋愛リハビリ講座】

#1 「めんどくさい」と言う女に恋は訪れない【大人の恋愛リハビリ講座】

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。

島田佳奈

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 成功する人は完璧主義者ではない? パタゴニア創始者は「80%の男」

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 「私やります」で疲れてない? 女性は男性より雑務を引き受けがち

    7. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    8. FIND YOUR PINK ! 出会いたいのは、こんなリップ&グロウ

    9. 寝ている間に肌をリセット。ロクシタンから初の夜用美容液

    10. みんなの悩みはこれだった。美容アンケート結果発表!

    1. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. レンズ越しに、人間本来の「美しさ」を見つめてきた/写真家・ヨシダナギさん

    5. 年相応の格好は逆に老けて見える? 大好きなものを着るのが一番なのです

    6. 身体のダメージは絶大。気をつけるべき脱水症状のサイン9つ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. FIND YOUR PINK ! 出会いたいのは、こんなリップ&グロウ

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. このサインが出たら、メンタルヘルスが崩れる5秒前

    3. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    4. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    5. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    6. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    9. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    10. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    #7 大人の女は望むままセックスをすればいい【大人の恋愛リハビリ講座】

    FBからも最新情報をお届けします。