独身です。40代になって将来のことを真剣に考えると、老後にいくらぐらいお金があればひとりでもやっていけるのでしょうか? 現在の貯蓄は1,500万円ほどです。また、いまの会社を50代で退職して、好きなことで起業したいとも思ってます。(40歳・会社員・ひかり)

こんにちは、ひかりさん。税理士の木次谷智尚です。

老後の生活資金のご質問ですが、人が生活していくには衣食住が最低限必要であり、当然のことですが老後も衣食住に必要な資金が最低でも必要となります。

衣食住に必要な生活資金は個人の生活スタイルにもよりますが、例えばひかりさんが家賃20万円のマンションに住んでいた場合、家賃が10万円の人と比較した場合には、1年で120万円、10年で1,200万円、30年だと3,600万円の生活資金が多く必要となります。

自分の生活資金の内訳は

ひかりさんは会社員ですので、毎月の給与から毎月の貯蓄額を引いた金額がその月の生活費となります。その生活費を衣食住とそれ以外(娯楽、趣味など)の4種類にわけてみてください。現在の衣食住のそれぞれの金額が老後の生活資金の参考にはなりますが、一般的には少なくとも衣食にかかる生活費は老後のほうが少なくなります。

衣食住以外で老後に必要なお金

通常の生活費(衣食住)以外で老後に必要なお金があります。それは、医療費と介護費用です。

ひかりさんはまだ40歳ですので、いまは医療費がそれほどかからないかと思いますが、年をとるにつれて通院や入院が必要となりますし、場合によっては介護が必要になるかもしれません。なお、医療費は高額療養費制度が適用されることから、入院等により多額の医療費がかかった月は一定額以上は保険でカバーされます。

収入、貯蓄と支出のバランス

ひかりさんのご質問は「老後に必要なお金は?」とのことですが、老後の生活資金を試算し、その金額が現在の貯蓄1,500万円+会社退職時までの貯蓄プラス額+退職金+将来受取る年金より少なければ安心して老後の生活ができるかと思います。逆にその金額が多いときは老後に備えて現在の生活費を減らすなどして、貯蓄額を増やさなければなりません。

また、ひかりさんは50代で会社を退職して起業したいとのことですが、その起業が成功するかどうかはわかりません。そのため、起業資金も将来の老後資金には手をつけないほうがよいかと思います。

image via Shutterstock

あわせて読みたい

#4 老後の資金運用にNISAは使える?

大富豪に学ぶ、お金をたくさん稼ぐための心得

#9 老後資金は自分で準備するのが当然【NYで生きていく】

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。