1. Home
  2. ライフスタイル
  3. スマホのカメラも魅力的。24時間タフで頼もしい。これが私の選んだビジネスパートナー

スマホのカメラも魅力的。24時間タフで頼もしい。これが私の選んだビジネスパートナー

スマホのカメラも魅力的。24時間タフで頼もしい。これが私の選んだビジネスパートナー

朝、家を出てすぐ「あっ」と忘れ物に気づき立ち止まる。それがピアスや化粧ポーチだったら、迷わずそのまま駅へGO! でも忘れたのがスマホだったら? たとえ遅刻ギリギリになるとしても、慌てて取りに戻る人が大多数ではないでしょうか。通話さえできればよかった携帯電話は、"スマホ"としてさまざまな機能を備え、もはや「必需品」。自分の分身のような大切な存在。仕事をする女性ならなおさらです。今回は、スマホとともに今を生きる女性の1日をご紹介しましょう。

【8:00】通勤前の日課スマホのカメラとは思えない。美しい写真のおかげでSNSが楽しみに

samsung_01_a.jpgGalaxy S7 edgeで撮影した写真です

4月からはじめた朝活も定着し、英語の勉強をしてからゆっくりと朝食をとっている。朝活が習慣化した理由のひとつにSNSがある。スマホで撮影した朝食の写真を毎日アップしていたら、友人だけでなく海外からも"いいね!"がたくさん。それがうれしくて、デジタル一眼レフカメラ並みに、オートフォーカスが超高速でキレイに撮れる機能が噂の「Galaxy S7 edge」にスマホを買い換え、お皿を買い足し、テーブルに花を置くように。

【9:00】電車での移動中大容量バッテリーは"デキる女"の味方

samsung_006a.jpg以前はオフィスでパソコンを起動させることが1日のはじまりだったけど、現代のデキる女は通勤中も効率よく利用するもの。ディスプレイの両端と背面がカーブしているので、「Galaxy S7 edge」は大画面でも手にフィットしてとても持ちやすい。メールやニュースをチェックし、大きなデータもサクサク取り込む。自慢の大容量バッテリーで、電池の残量を気にすることもなし。「充電がもったいないからあとで見よう」では済まされない、今、今、の現実にもこのスマホがあれば安心。

【10:00】仕事の現場でうす暗い現場の写真もスマホのカメラとは思えないほど明るく撮れる

samsung_02.jpg仕事スタート。自社製品が並ぶショップへ偵察に。ディスプレイの写真をスマホのカメラにおさめて、午後に資料をまとめよう。「Galaxy S7 edge」のスマホとは思えない高性能カメラのおかげで、うす暗い場所でも明るく撮れるので大助かり。以前はデジカメを持参していたけれど、仕事とはいえ撮影していると目立ってしまうからコソコソとしていたのに、このスリムでスタイリッシュなスマホならむしろ優越感。

【12:00】ランチタイムに撮りたいときを逃さない起動の速さに驚き

samsung_a.jpgGalaxy S7 edgeで撮影した写真ですランチタイムは気になっていたレストランへ。ここでも「Galaxy S7 edge」が登場。"食事モード"への切り替えで、料理がおいしそうに撮れるから、スマホのカメラで撮影した写真を加工せずにSNSへアップ。スマホのカメラで写真を撮るようになったおかげで、一瞬一瞬の出来事をどう切り取るかをいつも考えているような気がする。空や道端の草花、通勤途中で見かけるネコも。このスマホカメラはホームボタンのダブルクリックで瞬時に(約0.7秒)起動してくれるので、撮りたい瞬間を逃すことなく撮れるのがうれしい。

【14:00】会議にも必携メモも資料もその場で共有、なくさない

samsung04.jpg午後の会議は議論が白熱。「あの資料はどこだ?」と急に突っ込まれることもざら。店頭ポップやディスプレイの写真をスマホからさっと見せて、さらに縦に長いHPでも1枚でキャプチャできるスマートキャプチャで参考HPも一括管理。これで上司も満足。さらに、重要なことはすぐにメモアプリに記入しながら、競合メーカーのサイトも同時に確認。これは、端末の画面を分割し、2つのアプリを起動させて操作することが可能なマルチウィンドウ機能を搭載しているからこそ。1画面で同時に2つのことができるのは、ありがたいビジネスハックだ。さらにピンチが続くときには続くもの。大事な話をしているところで、お得意先からの急な電話。でも、クイック返信をセットしてあるから安心。着信拒否メッセージを相手に送信できるので、会議終了後にコールバックしてみる。Galaxy S7 edge」という頼もしい相棒のおかげで会議を切り抜けられた。

【16:00】午後は万全を期して「あっ!こんな時間」でも間に合う充電

samsung_002.jpgあっという間に外回りの時間に。朝から大活躍だったスマホ、念のため充電しておこう。「Galaxy S7 edge」は急速充電が可能。大容量なのにフル充電でもたったの約110分(※1)、多少減っただけなら外出前の短時間でもじゅうぶんチャージできるのでありがたい。充電は"置くだけ"のワイヤレス充電なのでケーブルを探す必要もナシ。ささっと充電している間にリップを直して準備は万端。行ってきます!※1:別売りのACアダプター05(NTTドコモモデル)、共通ACアダプター(auモデル)を使った場合の充電時間。

【20:00】親友の誕生会照明はキャンドルだけ。でも自撮りしたい

samsung_05.jpg親友の誕生日を祝うため、花束をピックアップして西麻布のレストランへ。花を渡すシーンは大画面で4K動画がキレイに撮れるカメラ性能を持つ「Galaxy S7 edge」で親友の笑顔をキャッチ。そしてキャンドルの灯ったケーキと一緒に自撮り。このスマホのカメラは"自撮り"機能も充実。タップしなくても、ジェスチャーや声でシャッターが切れるように設定可能。今年の誕生日にもまたいい思い出ができた。今日の写真は保存版。

【23:00】1日の終わりに"今日"がつまったアルバムを振り返る

家に帰って、くつろぎながら今日を振り返る。防水機能を備えた「Galaxy S7 edge」は、メイク落としの最中も私の近くに。ときにはテレビやゲームにもつきあってくれる私の相棒。お風呂上がり、ソファでくつろぎながらスマホにたまった写真で1日を振り返る時間が好き。明日やるべきことをスマホと打ち合わせしたら、そろそろおやすみなさい。今日もありがとね、私のGalaxy......

samsung_008.jpg日々進化して、私たちに驚きを与えてくれるスマホ。新しい機種が出るたびにどれを換えたらいいか迷ってしまいます。頻繁に買い換えるものではないからこそ、じゅうぶん見極めたいもの。カメラ機能が充実して、バッテリーの心配も軽減、働く女性にうれしい機能が充実したスマホ「Galaxy S7 edge」を最有力候補にしてはいかがでしょうか。[Galaxy S7 edge

撮影/内山めぐみ スタイリング/宇田川雄一 モデル/牧野華奈(1枚目、7枚目)

1枚目|ディータのサングラス43,000円(税別)/オプティカルテーラークレイドル青山店 TEL0364180577)、シチズンの時計43,000円(税別)/シチズンお客様時計相談室 TEL0120-78-4807、ペッレモルビダのクラッチバッグ29,000円(税別)/ウエニ TEL03-5815-5720

image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    2. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    3. 不器用な人は必見? 伝えたいことを上手に伝えるには「想像力」がポイント

    4. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    5. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 皮膚科医が教える、チクチクしないニットの選び方

    1. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    2. はじめは魅力的な人に見える「ソシオパス」の10の兆候

    3. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    4. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    8. アボカドを一晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    9. 経済学の名著50冊を1冊でざっと学んで、経済的感性を身につけよう

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. アボカドを一晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. はじめは魅力的な人に見える「ソシオパス」の10の兆候

    6. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    9. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    10. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    スマホのカメラも魅力的。24時間タフで頼もしい。これが私の選んだビジネスパートナー

    FBからも最新情報をお届けします。