1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 意識できている? 「食べ方がエレガント」と言われる女性の所作

意識できている? 「食べ方がエレガント」と言われる女性の所作

意識できている? 「食べ方がエレガント」と言われる女性の所作

大人の女性に必須のマナーと言えば「美しい食べ方」。けれど、自力で完璧な作法をマスターするのはなかなか大変ですよね。

そこで、食メディア「FOODIE」では、食べ方をぐんと優雅に見せてくれる簡単なコツを、初級、中級、上級の3段階に分けてわかりやすく紹介してくれています。

テーブルマナー教室を主宰する小倉朋子さんが教えてくれたコツは、どれもすぐに実践できるものばかり。さっそく今日からトライしてみてはいかがでしょう?

3段階の食べ方ポイント

【初級編】姿勢とカトラリーの向きを意識する

FOODIE」より引用

姿勢のポイントは、背筋を伸ばしテーブルとお腹の間にこぶしひとつ分のスペースをつくることだそう。また、脇を締め肘を下げるように意識するのも優雅な印象をつくるのに重要。カトラリーの先を人や上に向けるのはマナー違反なので、自分か下に向けるようにしましょう。

【中級編】箸やカトラリーで食べにくいものの食べ方

FOODIE」より引用

薄い葉野菜がフォークに刺さらなくて困った、なんてことは誰しも一度は経験したことがあるはず。そんなときは、フォークで押さえながらナイフで折りたたむといいそう。厚みが出て簡単に運べるようになります。里芋や煮卵など箸で掴むのが難しい食べ物は、器の内側を壁にしながら切り、サイズを小さくすることがポイント。前半分をカットしてから残り半分を切ると、うまく割ることができるそうですよ。

【上級編】食べ姿だけでなく、器の中までも美しく

FOODIE」より引用

ソースを最後に残すことと、そのソースをパンで拭うことはNG行為。食材と一緒に食べきってしまうようにしましょう。また、芸術的な見た目を崩すことになるので、ミントやフルーツなどスイーツの飾りを最初に食べたりはしません。その部分までたどりついたときに食べると、最大限美しい状態をキープしながら食べ進めることができます。

少し意識や方法を変えるだけで、簡単に優雅な所作を手に入れることができそうですね。初級から順番に実践して、美しい食べ方をマスターしましょう。

[FOODIE

文/カフェグローブ編集部

あわせて読みたい

国によってこんなに違うの? 海外旅行で気をつけたい食事マナー

チップは多いほうがいい...わけでもない。海外で失敗しない大人のマナー

こんなときどうする? 元マダムに聞くレストランマナー

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    2. 疲れる組織は忖度が多く、本音を言わない傾向? 『Google流 疲れない働き方』

    3. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    4. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    意識できている? 「食べ方がエレガント」と言われる女性の所作

    FBからも最新情報をお届けします。