1. Home
  2. コミュニケーション
  3. 男を一気に萎えさせる「真っ黒くろすけ女」とは【スナック艶】

男を一気に萎えさせる「真っ黒くろすけ女」とは【スナック艶】

2,849

男を一気に萎えさせる「真っ黒くろすけ女」とは【スナック艶】

夜の帳が下りるころ、『スナック艶』に集まる女性たち。そこで繰り広げられるのは、熟したがゆえの狂おしくも哀しく、そしてちょっと笑えるエロス話。

前回「女も40を過ぎると、脱ぎっぷりが悪くなる」その理由を書いた。今回は、男性目線からのお話をご紹介したい。

若いころから修業を積んで、女性に関しては"百戦錬磨"の男友だち(40代)がいる。バツイチ独身の彼は、現在も「日々是、修業」とばかりに、恋愛には積極的......だが、結婚については「一度したし、いまは自由を楽しみたいから」と消極的だ。

彼に、脱ぎっぷりの悪い40代の女性について意見を求めてみた。

「いい雰囲気になったときに、『私、長い間そういうことしたことがないから......』とか『太ってしまって、体がブヨブヨなの。幻滅してしまうかもよ』と言う女性って、どう思う?」

すると彼は意外にも「うーん、まあ、最初は『恥ずかしがっちゃってかわいいな』って思うかな」と寛大なところを見せた。ところが。

「それも一瞬ね。だって、もうこっちはエネルギー満タンでギンギンになってる状態だもん。正直言ってそれどころじゃない」。これが男の本音だ。

「だから、『そんなことないよ、すてきだよ』と言いながらコトを進めるんだけど、その最中『とくにおなかがすごいから』『ね? ブヨブヨでしょ、恥ずかしい』とかしょっちゅう解説されたら......さすがに萎えるよね」

一回スイッチはいったら、さっさとセクシーモードに入ってほしい、と彼。

「でもね、女性としては『そんなことないよ。きれいだよ、魅力的だよ』といちいち言ってもらって、『ブヨブヨでもOK!』『胸のたるみも問題なしとのこと』と全身をクリアにしないと、なかなかエッチスイッチが入らないんだよ」と私が言うと彼は、

「それもわかるから、最初は女性の気持ちに寄り添っているよ。でもねー、毎回毎回エッチのたびにそれをやられると、さすがに『もういいよ。脱ぎたくないんでしょ、エッチしたくないんでしょ、めんどくせー!』と思ってしまう」

そこ! それ違うし! 決して「脱ぎたくない、エッチしたくないわけじゃない。いや、むしろエッチしたい」んです! だけど常にエクスキューズして安心しないと、脱げないんですよ、大人の女性は......。

「それよりも、ひどいのは......」と彼が続けたのは、

「『真っ暗にして......』と言う女性。それ言われたら『で、でた......。真っ黒くろすけ女!』と思って、二度と誘わない」

彼いわく、男性は女性と違って圧倒的に皮膚感度が低いため、視覚で快感を得るようにできているとのこと。まあ、これはよく耳にする話だ。

「40代の女性たちは、やはり体型に自信がないからか、結構な確率で、真っ黒くろすけ女になるよね。俺も相手の年齢わかってて、"大人の女性だからこそ"そういう関係になりたいと思ってギラギラしてるのに、ここにきてヤミ鍋みたいにされると、途端に『次はないな』と醒めちゃうね」

むむ。真っ暗にして......は、つい発しがちな言葉。私の場合は、体を見られたくないというよりも、暗いほうが集中できるような気がするからだ。なんというか、淫靡(いんび)な行為に。

そういえば、過去「俺、真っ暗だと燃えないんだよね」と言った人がいたな......とこの会話で思い出した。その彼とは人生最短の3か月で別れるはめになったっけ。あれは、私が真っ黒くろすけ女だったからか!

脱いだら脱いだで、いろいろと試練の多い40代。こうなったら「脱ぐと決めたら、あとは淫靡に集中」これしかあるまい。

イラスト/藤田佳奈美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    男を一気に萎えさせる「真っ黒くろすけ女」とは【スナック艶】

    FBからも最新情報をお届けします。