1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 【Vote】2016年、オワコンなファッションを決めよう

【Vote】2016年、オワコンなファッションを決めよう

【Vote】2016年、オワコンなファッションを決めよう

こう暑いと服を着ていること自体がストレス。いっそ街中をプールにしてしまって、水着ですごしたいくらいですね。

朝の身支度から汗だくになる季節は、気に入っていた服すら魅力が半減。「なんでこんなの買ったんだっけ」と憤りすら覚えたり。

全部暑さのせいかもしれませんが、その疑惑、本物だったとしたらどうでしょう? そう、トレンドは常に入れ替わるもの。

そこで、流行っていたから買ってみたけど「そろそろ終わったかな」と思うファッションアイテムをVote!

ガウチョ」ってそもそも名前からして妙だったわ。ワイドパンツはワイドすぎるでしょ! 裾がさばけない! オールインワンってよく考えたら幼すぎる感だし、トイレに行きにくい。スウェットパンツって部屋着だよ。

次から次へと湧いてくるその疑問や戸惑い、たぶん猛暑のせいです。涼しい秋になるとまた楽しく着ることができるかも。あるいは秋の新作を買いにいって、いまから万全の体制で挑むのも良いですね。

おしゃれは心の余裕から!

image via Shutterstock

文/カフェグローブ編集部

*こちらもおすすめ

【Vote】暑すぎるってば...。猛暑を乗り切る方法、考えよう

【Vote】部下のミスが発覚。そのとき、上司としてどうする?

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 博学多才タイプ

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    【Vote】2016年、オワコンなファッションを決めよう

    FBからも最新情報をお届けします。