1. Home
  2. マネー
  3. #11 女ひとりで起業したいけど、どうしたらいい?【40代からのマネー計画】

#11 女ひとりで起業したいけど、どうしたらいい?【40代からのマネー計画】

1,380

#11 女ひとりで起業したいけど、どうしたらいい?【40代からのマネー計画】

会社員として長年勤務してきて、なんとなく定年が見えてきました。かねてから、自分の店を経営したいという思いがあり、会社をやめて起業しようか、定年後にはじめようか迷っています。(45歳・会社員・かなこ)

こんにちは、かなこさん。税理士の木次谷智尚です。

かなこさんは現在会社員とのことですが、定年は何歳でしょうか? かなこさんの定年を60歳と仮定した場合、いま起業した場合と15年後に起業した場合とで何が違うのか考えてみましょう。15年も経てばいろいろな違いがあるのは当然ですが、そのなかでもマーケットバイタリティの違いについて考えてみたいと思います。

いまと15年後のマーケットの違いは?

マーケットとは一言でいうと「市場」を意味します。かなこさんはお店を経営したいということからそこには当然のことながらお客様がいます。かなこさんが想像するお客様とはどんなお客様ですか? 男性、女性、若者、高齢者、子供、外国人などさまざまなお客様が想像できますが、ここでいうマーケットとはお客様を意味します。

では、いまと15年後ではどんなマーケットの違いがあるのでしょうか。15年後のことは誰にも分かりませんが、確実に言えることは、15年後はいまよりも少子高齢化が進んでいることです。総務省の発表によりますと、現在の高齢化率(総人口に占める65歳以上の割合)は約27%ですが、15年後には高齢化率が約32%となる試算です。また、15年後には日本の総人口が現在よりも約1,000万人減少するとのことです。

かなこさんの想像しているお客様が高齢者であれば、15年後に起業してもお店の経営がうまくいくかもしれませんが、逆にかなこさんの想像しているお客様が高齢者以外の子供や若者であれば、15年後に起業してもお店の経営がうまくいかない可能性もあります。

15年後のバイタリティは?

かなこさんには、「会社員を続ける」「会社をやめて起業する」という2つの選択肢があります。いま会社をやめて起業するということは安定した給与収入を捨てるということですから、かなこさんにはかなりのバイタリティがあると思います。逆にそれなりのバイタリティがないと起業してもうまくいきません。

では、定年後の60歳に起業した場合はどうでしょうか? そのときには会社員を続けるという選択肢はないため、かなこさんは起業することにはなりますが、かなこさんが定年退職するときには退職金があったり、年金があったり、いまよりも生活費が必要ないなどの理由により、起業に対するバイタリティはいまよりもないかと思います。

そのため、起業するならバイタリティーのある、いまのほうがいいかもしれません。

最後に、体験談をふまえて

最後に私のお客様と私本人の体験談を話したいと思います。

以前、保育園を運営している会社から保育園のひとつの施設を誰かに譲りたいが誰かいないかというご相談を受けました。私は当時、会社をやめて起業したいという女性の相談を受けていたため、その保育園をその女性にお譲りするようにマッチングしました。

その女性は、会社を経営したこともなければ、保育園で働いたこともありませんが、いまは「大変だけど、やりがいがあって楽しい」と聞いています。

最後に、私は40代男性ですが、約3年前に起業しました。起業した時はお客様が2件のみでまわりからは心配されましたが、「なんとかなる」という気軽な気持ちでいままでやってきました。かなこさんも起業に対する不安をお持ちかもしれませんが、あまり後ろ向きの気持ちになると起業してもうまくいきません。

「なんとかなる」という前向きな気持ちを忘れずに頑張ってください。

image via Shutterstock

あわせて読みたい

#10 40代独身。このまま賃貸か、マイホーム購入か?【40代からのマネー計画】

いったんはあきらめた道。そこに起業の光が見えた【Zaim 閑歳孝子さん】

才能とか運だけじゃない。人生に必要なGrit(やりぬく力)を鍛える方法

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。

木次谷智尚

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    #11 女ひとりで起業したいけど、どうしたらいい?【40代からのマネー計画】

    FBからも最新情報をお届けします。